LALA文庫のおすすめ本紹介『コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ』

20170720日(木)
山口裕之『コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ』
(新曜社、2013年7月)

LALA文庫No.A2
図書館の請求記号:816/Y24

コピペと言われないレポートの書き方教室


レポートの書き方の基本的なルールについて、どうしてそうなっているのかという「本質的な目的」(本文より)と併せて解説しています。
特に、学部1〜3年生にオススメです。

引用の仕方、引用するWebサイトの選び方(WikipediaやYahoo知恵袋、教えて!gooなどを参照することについても言及されています)、出典の示し方、レポートの標準的な書式、表紙をつけるかどうかなど、押さえておきたい基本中の基本がコンパクトにまとまっていて大変便利です。「脚注の挿入」など、Wordの操作の仕方も写真付きで解説してあり、その場ですぐに操作が試せます。
レポートを書き上げる時に使える「書き方チェックリスト」「できばえチェックリスト」もついています。
課題をこなす際、机の脇に置いていつでも読めるようにしておきたい一冊です。

私自身が、学部の1〜3年生ごろに、出された課題をなんとかこなしつつ、少しずつ身につけてきたこと、「う〜ん、これはこんな感じなのかな?」と経験を元に判断して対応してきたことが、100ページあまり(特に前半の50ページ)の中にぎゅっと詰まっていました!

後半部では、内容面にもメスが入れられます。
「ダメな結論」とは、具体的にどのようなものなのか、「思い」と「意見」とはどのように違うのか、「人それぞれ」と考えてしまうことの危うさってなんだろう…。

皆さんも、「ああ、今書いたレポートの結論、正直今ひとつだったな…」と思ったこと、
「これって、意見って言えるのかな…」と思ったこと、
「結局人それぞれなんだからそれでよくない!? みんなそれぞれ勝手に色々書いてるし、私がなんか言ったってそれが答えでもないんだし…」などと思ったこと、
大学に入ってからに限らず、あるのではないでしょうか。
(私は結構あります(^_^;))

著者の見解を、今の私が読むと、「ああ…」と納得できます。
もしかして数年前だったら、「でも〜」と思ったかもしれないし、「納得できるけど、無理」と思ったかもしれません。
(今でも、「難しいな」とは思います。)
しかし、それでもなんか心に引っかかり続けたのではないかな、と思います。
引っかかり続けたものを考え続けること、もこの本の著者が学生に求めていることの一つでしょう。

レポートの書式にしろ、「レポートを書く」ということの本質にしろ、
普段私たちがなんとなく、もやーっと頭の片隅で考えているようなことを、すうっと形にしてくれる本です。

すぐに読める小さな本ですので、ぜひお手にとってみてください。

#みあ

附属図書館活用ガイド③--図書の貸出延長・予約

20170718日(火)
図書館のオンラインサービスを使ったことがありますか?まだまだ知られていないようです。

図書館ホームページの左上にオンラインサービスにログインできる箇所があります。

図書館オンラインサービス

図書館のオンラインサービスでできることで、とっても便利なのが以下のことです。これは大学内にいなくてもネットがつながっていて、図書館のサイトが閲覧できれば、どこでも利用可能なサービスです。わざわざ図書館カウンタに出向かなくてもいいんです!

1. 貸出・予約の確認と延長
借りたい本の予約、現在借りている資料の確認や、貸出期間の延長がネットがつながっていればどこでもできる!

2. 図書購入申込(学内者のみ)
図書館で購入・所蔵してほしい資料のリクエストができる!

3. ILL(文献複写・貸借)(要事前申請→申請方法をご覧ください)
お茶大の図書館に所蔵していない雑誌の論文のコピーや、単行書(利用状況は所蔵館の規定による)を借りることができる!

2と3については、ゆ〜りさんの5/12付の附属図書館活用ガイド(1)文献取り寄せについて、5/16付附属図書館活用ガイド(2)図書購入希望についてに詳細が掲載されていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

その他のオンラインサービスについては、図書館ホームページのオンラインサービスガイドをご覧ください。

オンラインサービスを活用して、楽しい図書館ライフを過ごしてください!

#後藤

夏バテに気をつけてね〜

20170710日(月)
こんにちは!

あっつい日が続きますね〜((((;´・ω・`)))

LALAデスクでは、先週あたりから扇風機のセンちゃん(仮名)が大活躍です!



授業もラストスパートに差し掛かり、レポートなどの課題も出てきているところかと思います。

こんな暑い時に、頭まで沸騰してたら、たまりません(;_;)

程よくクールダウンしてくださいね〜。

LALAデスクも何かお力になれるかも。
センちゃんとお待ちしています(*^_^*)

一緒に7月を乗り切りましょう!

#みあ

課題に使える情報源

20170703日(月)
こんにちは。LALAのマーヤです。

課題テーマの選び方の記事にもすでに書きましたが、レポートなどの課題を書くとき、様々なところから情報を集めるのが一般的です。情報源となれるものはいろいろありますが、今回はLALA文庫A9の『資料検索入門』を参考しながら、簡単にいくつかのものを紹介します。
また、紹介に続くマーヤの評価はあくまでも私の主観的な基準です。同じ情報源の種類であっても、ものによって評価は大きく変わることがありますので、いつも批判的に読んで、自分で判断してください。

 ☆テレビ・ラジオ・ウェブサイト
最新情報を手に入れます。また、皆さんがご存知のように、面白い情報がいっぱい発表されています。インスピレーションが必要なとき使ってもいいですが、特にウェブサイトは誰でも作れますので、専門性や信頼性に欠けるものが多いです。ご注意ください。

 情報の早さ:早い 詳しくない 専門性が低い 信頼性が低い 分かりやすい

 ☆新聞
世界中の出来事、話題になっていること、時事問題について調べたいとき使うといいです。情報はだいたい一日経ったら、記載されます。

 情報の早さ:1日後 情報量がやや多い 信頼性が高い 分かりやすい

 ☆一般雑誌・週刊誌
新聞と同じく話題となっていることや注目を浴びていることについての情報が載せてあります。特に週刊誌では出来事について詳しく解説されます。また、そのテーマについて専門家が記事を書いていないが、記者は専門家の意見や研究の成果を引用することが多いです。

 情報の早さ:1週間〜1ヶ月間後 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い 分かりやすい

 ☆学術雑誌
学術雑誌に載せてある論文は、専門家が長い時間をかけて、あるテーマについて詳しく調べた結果です。学術雑誌のスタイルに慣れるまで少し分かりにくいかもしれません。

 情報の早さ:半年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い やや分かりにくい

 ☆図書
専門家があるテーマについて学術論文よりもっと時間をかけて、もっと幅広く、もっと詳しく調べた結果です。このテーマについてのすべての情報が載せてあると言っても過言ではありません。

 情報の早さ:1年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い

 ☆公的資料
統計資料、科研報告書、白書、年報、議会資料、法令、裁判所記録などの公的機関において作成された資料です。最近、インターネット上で公開されているものが増えています。

 情報の早さ:1年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い

 ☆辞書・事典類
辞書には様々な用語の意味や定義が載せてあります。事典にはあらゆる分野の事柄についての情報が集約されます。多くの専門家が何年間もかけ情報を集めて、議論・検証した結果です。
 
 情報の早さ:1年〜 簡潔 信頼性が高い

どの情報源を使うのか課題によって違います。例えば、作文でしたら、新聞や一般雑誌でインスピレーションを探し、自分の意見を整理するだけで十分です。レポートでしたら、やはり図書や学術雑誌を使うことになります。

今回はいくつかの情報源を紹介しましたが、このような情報源にどうやってアクセスできるかはまた別の記事で説明したいと思います。

ではでは〜

#マーヤ

論文を書く前の準備

20170629日(木)
みなさん〜こんにちは!
LALAのちゃちゃです^0^

みなさんは卒論、修論を書く前にどの時期からどのような準備をされていますか。
学部4年生や修士2年生になってから論文について色々調べたりする方は多いかもしれません。
しかし、就活と時期がかぶったり、テーマがなかなか決まらなかったりして、あまり余裕はありませんよね。
なので、これから論文を書く予定のある全ての方に余裕を持っていただきたいです。

私から勝手なご提案ですが、一年前よりできることから準備をしてみてはいかがでしょうか。
→卒論、修論は【一年前から下準備】をした方が焦らずにゆっくり考えたり、探したりする余裕が増えます。

【下準備】というのはテーマを決める前に自分は何に興味があるのか、何を書けばいいのかを考えたり、何となく文献を検索したり、読んでみたりすることです。

余裕を持って準備をすることによって、テーマについて悩む時間が増えたり、検索する時間も先行研究をじっくり、ゆっくり読む時間も増えます。時間があれば精神的な余裕もきっと出てきます。テーマについて悩む時間、先行研究を検索する時間、先行文献を読む時間、様々な時間が一年前に出来ます。事前に下準備をしておけば、学部4年生、修士2年生になった時に精神的な余裕が生まれます。

みなさんにぜひ余裕を持って論文を完成させていただきたいので、以上私からのご提案でした。

byちゃちゃ

#ちゃちゃ