夏休みに向けて:「今、ここ」の確認と軌道修正

20170807日(月)
こんにちは。
緑

夏休みです。
2017年も半分以上が過ぎてしまいました。
まだまだ先は長いですが、とりあえず、「お疲れさま」を言いましょう。
お疲れさまでした。

毎日を過ごすことに精一杯になっていると、あっという間に一週間が経ち、一ヶ月が経ち、三ヶ月、半年、一年…うっかりすると卒業して新しい場所に立ってしまっていたりします。

明日のことなんてわからなくても、とりあえず計画を立てたり締め切りを作ったり、何か区切っておかなければ先が見えないので、目の前にはたくさんの予定が積もっていることと思います。

その予定はいつ立てたものでしょうか?
あるいはどこからか、誰からか手渡された予定でしょうか?
どうしてその予定を自分の時間に組み込むことに決めたり、同意したりしたのでしたっけ?

夏休みに向けて、ここで一度、振り返っておきたいものです。

予定を立てたその時、ではなく、「今」の自分は何を考え、何をしたいと願い、どこに、どのように立っているでしょうか。

毎日毎日、変わらないようでいて、気がつけば少しずつ変わっています。
新しく立てたはずの予定や計画はどんどん古くなっていきます。

その予定は、「今、ここ」の自分に合っているのか。
合っていないとしたら、どうすればいいのか。
合っていないなりにたどり着くしかないとしたら、どうすればいいのか。

夏休みは、軌道修正のためのインターバルにぴったりの時間です。
あらゆる変化に振り回されて来た方は、少し休憩を取りつつ今後の準備をする時間に。
安定して取り組みを続けられている方は、変化に備えつつ、着実に積み重ねる時間に。
いずれにしても、水分補給を欠かさずしっかり休憩、休憩、休憩、で、涼しい秋を待ちましょう。

2017年前期、場所を図書館2階カウンター横に移動してのLALAデスク活動となりました。
学習相談に来てくださった皆様、ブログを読んでくださった皆様、存在を知ってくださった皆様、そしてサポートくださった図書館職員の皆様、本当にありがとうございました。

みなさま様々に忙しく過ごされることと思いますが、どうぞご自愛ください。
後期のLALAデスクは10月2日(月)からスタートします。
また10月にお会いしましょう!

#みあ

文献カードでの整理法

20170803日(木)
 いよいよ長い夏休みが近づいてきました。
普段、授業に追われて、なかなできない趣味の読書をしたり、読まなきゃならないのに”積ん読”になってしまっている本をぞんぶんに時間をかけて読んだりできる時です!

さて研究テーマが決まって、情報を検索して文献をそれなりに集めて、さてこれをどうしようとなる場合もあるのではないでしょうか?

以前、ちゃちゃさんが「先行文献の整理法」で文献カードについて紹介していましたが、具体的に「文献カード」ってどういうものなのでしょうか?と質問がありましたので、ここで私なりの「文献カード」を紹介したいと思います。

文献はレポートや論文を書くときに、注に文献タイトルとページを入れたり、論文末の参考文献リストに入れたりすることがあるでしょうから、書誌情報(著者名、本または雑誌のタイトル名、論文の場合は掲載されている本または雑誌名、雑誌の場合は巻号、出版社、出版年、ページ 等)は記録しておかないと、後でもう一度調べ直すことになります。書誌情報に加えて、内容、読んだ時の雑感をメモしておくと便利です。

■電子媒体のカード
(1)RefWorksなどのアプリを利用する方法
LALA文庫の本棚にRefWorksのマニュアルがありますので、ご覧ください。図書館のサイト(HOME > 学習・研究サポート > 文献管理ツール)からもRefWorksのサイトに行くことができます。

(2)Excelなどの表計算やデータベースのアプリを利用する方法

下で紹介する紙の文献カードの電子版をファイルにするようなことなのですが、電子ファイルの利点は、とりあえずで入力したデータを、あとから著者名順や出版年順、テーマ分類順にソートできるという点と、調べたい言葉で検索できるという点です。

■紙の文献カード
文具店でいろいろな大きさのカードが売られていますが、たくさん記入したいのならばA5のカード、最低限の書誌情報が入ればいいのならばA6でもいいかもしれません。カードの左側に書誌情報と内容、右側に自分なりのメモを書きます。
文献カード
著者名をカードの頭に出したのは、カードを著者名順に管理することを想定しているからです。場合によっては、先にテーマ分類で仕分けして、その中で著者名順に並べると、後で見やすくなると思います。またその文献の中で気になる言葉や文章があったら、カードの裏にメモ(掲載されているページも)しておいてもよいかもしれません。

紙のカードの長所は、パソコンやタブレットがなくても(例えば停電しても)利用できる点と、床にカードを並べてみて、あーでもないこーでもないと考えられる点でしょうか。

いろいろ試してみて、自分なりの文献カード整理法を開発してみてください。

では、楽しい夏休みをお過ごしください\(^o^)/。

#情報検索 #後藤

夏期休業中の PC ルームの開室時間等について

20170801日(火)

Point
1. PC ルームは平日 9:00 - 16:30 (or 17:30) の開室です
2. 8 月 14 日 - 8 月 16 日は “完全閉室” となります
3. PC サポータは夏期休業中は不在です



"初めての方は初めまして,そうじゃない方はお久しぶりです."
元 LALA,現 PC サポータの いちご です.
今回は,夏期休業中の PC ルームの開室時間等についてお伝えします.


本学は,8 月 8 日 (火) から 9月 30 日 (土) までが夏期休業となります.
PC ルーム及び IT ルームの開室時間も授業期間とは異なりますので,注意してください.
(通常の開室時間等については 学内共有スペースのパソコンについて (設置場所・設置内容等) - LALA Tips をご覧くださいませ.)


1. PC ルームは平日 9:00 - 16:30 (or 17:30) の開室です

夏期休業中,文教育学部 1 号館 103 室,生活科学部本館 2 号館 401 室は,ともに
平日 9:00 - 16:30 の開室 となります.
また,同期間中,IT ルーム 2 については
平日 9:00 - 17:30 の開室 となります.
授業期間よりも開室時間が短くなりますので,お気をつけくださいませ.


2. 8 月 14 日 - 8 月 16 日は “完全閉室” となります

本学では,教職員の心身の健康維持及び家庭生活の充実を図るとともに,省エネルギーの一層の推進に資するため,
8 月 14 日 - 8 月 16 日の間,一斉休業が実施されます.
それに伴い,上記期日は PC ルームも 完全閉室 となります.
皆さまのご理解とご協力をお願い致します.


3. PC サポータは夏期休業中は不在です

8 月 8 日 (火) から 9 月 30 日 (土) までの夏期休業に伴い,
各 PC ルームの PC サポータは不在となります.お含みおきくださいませ.

上記期間中,PC ルームの使用等に関しまして,わからないこと,困ったことがありましたら,
本学情報基盤センターの 教育用システム利用マニュアルのページ 等をご参照いただくか,
(マニュアルは学内専用です.学内でのネットワークの利用について - LALA Tips もあわせてどうぞ)
文教育学部 1 号館 103 室ではプリンタの右横に,
生活科学部本館 2 号館 401 室では入口脇の机上に,
内線電話と連絡先表がございますので,ご相談内容に該当する番号までお気軽にお電話くださいませ.


以上,夏期休業中の PC ルームの開室時間等について でした.
来週には夏休みも始まり,しばらくは暑い日が続きますが,皆さまご自愛くださいませ.
新学期開始の 10 月 2 日 (月) からは PC サポータも今まで通り在室しますので,引き続きどうぞよろしくお願い致します.

#PCサポータ #いちご

LALA文庫のおすすめ本紹介『「文化系」学生のレポート・卒論術』

20170731日(月)
渡辺潤+宮入恭平編著『「文化系」学生のレポート・卒論術』
(青弓社、2013年4月)

LALA文庫No.B4
図書館の請求記号:816/B89

「文化系」学生

なんだか可愛らしい表紙が目に入ります。

そして、むむむ…「文科系」ではなく、「文化系」!?

なんだろう(*゚Q゚*)

ひっくり返してみると、音楽やファッションや映画といった、身近な文化を取り上げる文科系学部の学生が増えていることに着目した文章・研究指南本だということが書いてあります。

文章指南のパートは、哲学者の書いた文章の書き方の本から引用されていたり、自分なりの特徴を持ったいい文章を書くためには、手本となる文章を見つけて、書き写す地道な努力が近道になる、と述べられていたり…私がこれまでご紹介してきた本とは、少しテイストが違います。

(過去記事参照)
『ぎりぎり合格への論文マニュアル』
『これから研究を書くひとのためのガイドブック』
『コピペと言われないためのレポートの書き方教室 3つのステップ』

どの本も、学生が手に取りやすく読みやすいように、ユーモア、語りかけるように学問の楽しさを伝える、コンパクトにぎゅっと伝える・基礎の基礎から丁寧に解説する、など、何かしらの「やわらかさ」を持っています。
この本の「やわらかさ」は、レポートや卒論を一つの「作品」のように捉える視点かもしれません。

文章は読み手に自分の考えをわかりやすく伝えるためのものですが、同時に文章そのものも書く人によって違う味わいを持つものになります。
この「味わい」を身につけることも含めて指南する目線は、やはり「文化系」ならではです。


後ろの方のページを見ると、分担執筆された研究者の方の略歴が載っています。

そう、この本は、たくさんの先生方が分担してお書きになっているのです。

「使えそうなコンセプト」(消費、アイデンティティ、ジェンダー、政治、コミュニティetc)
「役立ちそうなトピック」(音楽、ファッション、スポーツ、アニメ、アイドルetc)
「参照したいデータ」の各章では、項目ごとに専門の先生が執筆されています。
各項目では、解説の他に、その分野の入門書の紹介などもされています。

コラムをお書きになる先生もいらっしゃいます。
「卒論の進め方」「レポートを書くための技術」など、短いですが、立ち寄った研究室でふっと先生のお人柄を垣間見るような、印象的な文章です。

コミュニケーションやメディアに関する領域をご専攻されている方が多いですが、映画論、音楽社会史、余暇論・遊戯論、文化地理学、コンテンツ文化史、といった、初めて目にする、耳にするような学問領域の方もいらっしゃいます。
編著者の宮入先生は、ミュージシャンでもあるそうです。

各先生方の論文や著書の紹介もあります。
私は、「教育とコンクール」「学校空間の力学」という二つの論文と、『物語を旅するひとびと』『江戸の祈り』という二つの書籍に関心が湧いて、書籍はWebcat Plusで、論文はCiNiiで調べてみました!

こんな風に、興味のある研究者・学問領域・論文・書籍と出会えます。

また、本文中に登場した語を調べられる索引も付いていますが、みたところ、要点だけでなく、本文中に出てきた用語、流行語、人名、書名などが幅広く押さえられているようです。
図書館やインターネットを何年間かふらふらしているとどこかでふっと辿り着くような言葉がいっぱい、という印象を受けました。
日頃触れている「文化」に深く関わっている言葉を意識的に知っておくためにも便利な索引だと思います。

何かと出会い、つながることができる楽しい入門書です。

#みあ

オススメ本 「統計のきほん:理系脳をきたえる!Newtonライト データがわかる 数字に強くなる」

20170728日(金)
毎日暑いですね〜。家にいるとうだるように暑いので、時々お茶大にきて涼んでいるゆ〜りです。今日はLALAデスクで質問を待ちつつ、ブログを書いていま〜す。

先日何気なくふと入った本屋さんで、気になって購入したNewtonの9月増刊号の「統計のきほん:理系脳をきたえる!Newtonライト データがわかる 数字に強くなる」がとてもわかりやすく良かったのでオススメします。

文系の私にとっては、これまで統計学なんて苦手で必要なのはわかるのですが、どのように役立つのか明快に理解できていませんでした。正規分布や標準偏差、偏差値の意味を理解できても、それをどのように統計学で応用すれば良いのか解りませんでした。勉強しようと思ってこれまで様々な統計の本を読んできましたが、説明的な文章が多く、1冊の本を丸々読まないと理解できないため、研究の参考文献も読まないといけない中で、統計のために十分な時間が取れない状態でした。そのため、何度か挫折していました。

しかし、この本は各テーマごとにたった2ページで、イラストやグラフを入れながら、統計学の重要な語句の説明や、グラフの見方、統計学による未来予測の方法、仮説検定の仕方などが、ビジュアル的にもとてもわかりやすく説明しており、統計学の面白さに初めて目を開かれる思いでした。文系には文系のセンスがあるように、理系には理系のセンスがあります。そのセンスのポイントが、この本を読んでいると何となく掴めるような気がしてきます。

すでに統計学を一通り学んでいる人には、かなり初歩すぎて、こんなの当たり前のことと感じる方もおられるかもしれません。どちらかというと、統計学が苦手な方、数学が昔から嫌いでもう数字なんて見たくないという方にオススメです。この本を読んでいると、世間にあふれているグラフや統計を批判的に見る力もつきそうです。薄い本なのでぜひ一度目を通してみてください!

Newton関係の雑誌は、基本的には図書館1階の「雑誌コーナー」にあり、この本もそこにあります(1階自動貸出機そば)。また、図書館2階のLALA文庫にも近日中に配架予定です。

Newton第37巻12号が今回オススメした本です。附属図書館のOPAC検索から「Newton」という検索キーワードで「雑誌」で絞り込みをかけて検索してみてください。ただし、雑誌もLALA文庫も貸し出し不可なので、お茶大図書館内で閲覧してくださいね。でも薄い本だからすぐ読めますよ〜( ´∀`)

#ゆ〜り