理解すること,伝えること(3)―「型」と「型抜き」のミスマッチ

20171114日(火)
「理解される側」の私(=伝える私)は、考え方や価値観の塊である「型」を持っていると同時に「型抜き」も持っています。
こういう形だとします。
snap_ochadailala_2017102121253.jpg
仮に私が書くなり話すなりして、自分の「型」を示したとします。
その文章や話への感想や意見として、様々な「型」型抜きの中を通って行きます。
snap_ochadailala_2017102121755.jpg
こういう型だったり、→①
snap_ochadailala_2017102122250.jpg
こういう型だったり、→②
snap_ochadailala_2017102122436.jpg
はたまたこんな型だったりするかもしれません。→③

 理解する側に視点を移してみましょう。

私が「理解できた!」と思っている時、実は、

①みたいに微妙に大きさや範囲が違っていたり、
②みたいに形は結構違うけどたまたまスルッと抜けられているだけだったり、
③みたいに大体の範囲をカバーしているけどそもそもの基本が決定的に違っていたり、

と言うことが起こっているのかもしれない、いや、大体がそんなところだと思います。
理解する側とされる側がぴったりはまる、などと言うことはなく、
「型抜きに大体はまるくらいは形が似ている」(=形の違いは許容範囲内)と言うのがいいところでしょう。

つまり、読んだり聞いたりして理解しようとするとしても、書いたり話したりして何かを発信するとしても、「完全に理解すること、伝わることはない」と言うこともできるでしょう。

さて、ここで、とても当たり前のことを改めて考えてみたいと思います。
自分の持っているが伝わりきることはなく、相手の持っているを再現しきることもないとしたら、そもそも、なぜ私たちは、わざわざ自分から何かを発信したり、他者から何かを受信したりするのでしょうか。

(つづく)

#みあ

理解すること,伝えること(2)-「型」って信用できるの?

20171109日(木)
前回は、書かれていること(話されていること)に対応する「型」を持っているかどうかで、理解できるかどうかが決まってくると書きました。

もししっかりと持っていない場合は、すでに持っているバラバラのパーツをぎゅーっと集結させて、組み合わせて「型」を作ることを試みる…と、併せて述べました。

「型」の作り方(=理解の仕方)は一通りではないということですね。

何かの理論で説明されていることについて、専門的なことは何も知らなくても、理論にぴったり当てはまるような経験をしたことがあるから「実感として」わかる!!!ということはありませんか?
(病気の症状など、からだに関わる事は、特に実感から医学的知識の理解へ入っていく場合も多いかもしれません)
このように、「実感」から辿っていくと理論の理解が深まる場合もあります。
体験と、体験からくる実感が、一つの「型」となっているパターンと言えそうです。

…ところで、その「型」って、本当に信用できるものなのでしょうか?





「型」(=理解の仕方)は一通りだけではない、けれどその「型」って信用できるのだろうか…?”





「型」って信用できるの?
という疑問がなぜここで起こってくるのかと言うと、私たちは「理解する側」でもありつつ、何かを自分で伝えている時は、「理解される側」でもあるからです。

理解する側の中にある「型」は、果たして伝えて理解される側の「型」と同じでしょうか?
どう同じで、どう違って、どうかかわりあうのでしょうか?

次回は、「理解される側」であるときの私たちが何をしているのかについて、「型」のたとえから考えてみたいと思います。

(つづく)

#みあ

理解すること,伝えること(1)-「理解」することは「型」をつくること

20171102日(木)
こんにちは。みあです。
今回は、「理解すること,伝えること」というテーマで何回かに分けて書く予定です。
論理的に、というよりは、日ごろなんとなく思っていることを言葉にしてみたいなーと思っております。
長くなりますが、ご笑覧いただけましたら嬉しいです♪

突然ですが、誰かが話していることだとか、読んでいる本の内容だとかを「理解できた!」と思えるかどうかは、伝えられている概念、あるいはその内容を伝えるに至る話者(筆者)の動機、動機に繋がる話者(筆者)の視点や価値観、あるいはその複合体について、「もともと知っている」と思えるかどうかに依るのではないでしょうか。

 外の世界を切り取り、結びつけ、積み上げてできた「型」を、頭の中で伝える側とある程度共有できれば、文章そのものが難しくても、断片的に読み取れる部分を結びつけて大枠の理解が可能でしょう。
 大枠の理解によって細かい部分の類推もできるかもしれません。
 これが「もともと知っている」という感覚を生み出します。

 普段意識しなくても、共感・共鳴する人の話やスラスラ読める本の内容はそのように受け取っているのだと思います。

 反対に、伝えられている「型」が自分の頭の中にない場合、受け取る方は混乱します。
 自分の頭の中に散らばっている、「話者(筆者)の言っていることに近そうな事柄」を必死に探して拾い集め、なんとか結びつけたり組み合わせたりして、相手の「型」に合わせようと努力します。

「あ、ぴったり合った!」

 と思っても、次の瞬間バラバラになってしまうこともしばしばで、相手の「型」に、うまくはめ込めるようになるまでには、結構訓練が必要です。

 知らないジャンルの内容に触れる時など、初めはこんな感じですよね。結構詳しいつもりのジャンルでも、情報量の多いお話や本の場合は、やっぱりこういう体験をします。

 こうしてたくさんの「型」を知っていくこと、「型」形成体験を増やしていくことで養われるのが「思考力」なのではないかなーと考えています。

(つづく)

#みあ

研究の「オリジナリティ」って何?

20171027日(金)
前回のゆ〜りのブログ記事:論文における「主張」とは何か、という記事の続きを書きたいと思います。以下の記事を読みながら皆さんも考えてみてくださいね。

研究とは、つまるところ、より良い目的を持って自分らしく生きるために、世の中で障害や障壁となっている課題を一つ一つクリアしていく作業なのだと感じています。自分らしく生きるために、社会の仕組みや制度はどうあるべきなのか、法律はどう制定されるべきなのかを考え、新しい考え方や概念を見出し、これまでの考えを刷新していく作業なのではないかと考えています。

そのためにも、やはり自分の問題意識やちょっとした気づきが大切なのです。それを頭の中だけに留めておかないで、まずは自分のノートに書き出してみることが大切です。文字にすることで客観的に見ることができ、新たな気づきや新しいキーワードを思いついたりします。そして、これらのキーワードに関連する著書や論文を探してみてください(探し方がわからない方は、図書館2階にLALAがおりますので相談してみてください)。

著書や論文を読んでいると、これはどうなっているのだろう、なんかこれは違うのではないか、実際はどうなっているのだろう、といくつかの疑問や思いが湧いてくることがあります。こういった疑問や思いを一つひとつ大切にしてみてください。そうすることで、自分がすべき研究や自分がやろうとする研究のオリジナリティが見えてきます。

ここまで書いていて思うのは、大切にすべきは自分自身の考えや思いなのだということです。先人が自分のやろうとしていたことをすでにやっているからもう自分はしなくていいではないのです。その分野で十分議論が尽くされていたのであれば話は別ですが、先人がやっていたことをちょっと視点を変えて、自分なりの観点でやってみるから研究は進歩するのです。先行研究ではここまでわかっている、でも問題解決に至っていないのはなぜだろうか。他にも課題があるのではないか、自分はこういう風にすれば解決するんじゃないかと考えている、などといったことを大切にするのです。その上で、自分なりの観点を支える先行研究を探すことも大切です。

こういったことを踏まえ、ぜひ自分独自の思いを大切に研究を進めていってくださいね!

今回はここまで書いて記事を終わりにしたいと思います。
また思いついたことがあれば次回以降に書いていきますね!

#ゆ〜り
                                        

11 月の LALA デスク・PC サポータの稼働予定について (カレンダー通りではありません)

20171027日(金)

Point
1. 11 月 3 日 (金・祝) と 11 月 23 日 (木・祝) は稼働予定です
2. 11 月 10 日 (金) と 11 月 21 日 (火) は不在です
3. 11 月 20 日 (月) は普段と担当者が変わります



"初めての方は初めまして,そうじゃない方はお久しぶりです."
元 LALA,現 PC サポータの いちご です.
今回は,11 月の LALA デスク・PC サポータの稼働予定についてお伝えします.


11 月は,大学の時間割がカレンダー通りでなく,少々イレギュラーになっています.
LALA デスク・PC サポータの稼働予定も通常とは異なりますのでご注意ください.


1. 11 月 3 日 (金・祝) と 11 月 23 日 (木・祝) は稼働予定です

11 月 3 日 (金) は文化の日であり,祝日ですが,通常授業日であるため,
同様に,11 月 23 日 (木) は勤労感謝の日であり,祝日ですが,通常授業日であるため,
LALA デスク・PC サポータともに稼働している予定です.
ご相談事のある方は,どうぞお立ち寄りくださいませ.


2. 11 月 10 日 (金) と 11 月 21 日 (火) は不在です

11 月 10 日 (金) は翌日からの徽音祭の準備のため休講となっており,
また,11 月 21 日 (火) は土曜授業に時間割が変更となっているため,
それぞれ LALA デスク・PC サポータはどちらも不在です.お含みおきくださいませ.


3. 11 月 20 日 (月) は普段と担当者が変わります

11 月 20 日 (月) は月曜授業ではなく金曜授業に時間割が変更となっているため,
LALA デスクは 13:00 - 17:00 の担当が カン から ゆ〜り へと変更になる予定です.
(11:00 - 13:00 は マーヤ のままです.)
PC サポータに関しても担当者は変更になりますが,通常通り在室の予定です.


以上,11 月の LALA デスク・PC サポータの稼働予定について でした.
一見わかりづらいですが,LALA デスク・PC サポータともに授業時間割にあわせた稼働となっています.
皆さまご理解のほど何卒よろしくお願い致します.

#PCサポータ #いちご