LALA文庫の新刊 その1

20170525日(木)
今年度になってから「LALA文庫」に新しく入った本を紹介します。

『理系のための文章術入門 : 作文の初歩から、レポート、論文、プレゼン資料の書き方まで / 西出利一著』化学同人(2015/3)
LALA文庫の配架記号 A15
図書館の請求記号 407/N81

170516_122733.jpg


本の帯に「新入生から社会人までずっと役に立つオススメの1冊」「文章を書くのが苦手な人に!文書作成と困ったときに!」とあり、レポートや論文を書く時に、どんな書き出しで、どんな言葉を使って書けば自分の言いたいことがわかってもらえるかなあと頭を悩ませている人に是非手に取ってもらいたい本です。
本のタイトルに“理系のための”とありますが、文系の人でも参考になる内容です。

「準備編」、「基礎編」、「実践編」、「応用編」の4部構成になっています。

「準備編」では、何のために書くのか、よい文章とはどういうものかについて解説されています。実際の文章例も載っています。

「基礎編」には、具体的に言葉・表現の選び方、ウェブ上にある情報やコーパス*、統計データなどデジタルツールの効果的な活用法が書かれています。

「実践編」には、文書を書く時のポイントや図表・図解の作り方・入れ方、レポートを書く手順とコツ、卒業論文の書き方について説明されています。

「応用編」では、学会での口頭発表やポスター発表、投稿論文を執筆する際の注意点などが書かれています。「口頭発表をうまく行うには」というコラムは、演習授業で発表でも役に立つと思います。

巻末に「逆引き索引」があって便利です。例えば、自分なりに調べた内容はあるけど、そこからどんな結論が言えるだろうと考えた時に、この索引の中の“結果からどうやって結論を導き出すか”は、着想のヒントになります。

*コーパス (corpus):テキストや発話を大規模に集めてデータベース化した言語資料で、電子化されたものがウェブサイト上で公開されています。
例えば国立国語研究所で開発された
「少納言」http://www.kotonoha.gr.jp/shonagon/
「中納言」https://chunagon.ninjal.ac.jp
があります。詳しくは国立国語研究所のサイトをご覧ください。

#後藤

「自分の意見」って何…?

20170525日(木)
「自分の意見を書きましょう」
高校生までは、素直に「自分の意見」を書いておりました。
「そう考える理由も書きましょう」
どうしてそう考えたのか、頭の中の道筋を思い出しながら書きました。

しかし、大学生になると、文献を集めたり辞典を調べたり、集めた文献を読んだりした上で、「自分の意見」を組み立てなければいけなくなりました。「根拠」「論拠」と呼ばれる事柄は、自分の考えた道筋だけでなく、道筋を構築した様々な情報も含まれるようになり、そもそも最初にその情報の整理を行わないといけなくなってしまいました。

時には、参考文献の本文なども引用いたします。
本とディスプレイとを交互に見ながら打ち込んでいると、だんだん変な気持ちになってきます。

「私の言いたいこと、全部書いてある…」
「どうしよう、引用した後、どうやって文章を続ければいいの…このまま書き続けても、この著者と同じ結論になっちゃうんじゃないの?」
「…『自分の意見』って、何?」

うなり続けて7年目に突入しました。
現在もうなっていますが、少しずつ割り切れるようにもなってきたような気がしています。

読みながら、引用しながら、上記のように悩んでしまうような文献や文献の中の記述は、自分自身が気づいていない「自分の中にある意見・見解・主張・視点」に気づかせてくれる媒体なのだと思います。
媒体を通じて自分の中にあるものに気がついたら、それをもう一度自分でじっくりと観察して掘り下げてみることが必要です。
「自分の意見」は、自分の中にある様々な要素の重なり合い、とでも表現すれば良いでしょうか、簡単に言ってしまえば持っている知識と理解と関心etcと密に関わってきます。

図で表すとこんな感じです。
snap_ochadailala_20175411417.jpg

→今の専門分野に関心を持ったそもそもの動機、志向、「〜したい」という希望、現時点で大事にしている考え方など。

水色→専門分野&力を入れている分野&力を入れたい分野、自分に必要な学問分野・領域(その領域における自分の立場、考え方、ものの見方も含む)

緑色→趣味や好きなこと。

ピンク色→専門でもなく、絞り切れてもいないけれど、漠然と関心を持っている事柄。

青色→現時点で一番の自分の課題


上の図の形は人によって様々でしょう(今回は私個人を例にして作成しました)。

さて、「もう言うことがない。自分の意見など出てこない」と一度は思った文献・記述ですが、それをこの図の中に配置するとしたら、どうなるでしょうか?

オレンジ色で示してみます。



左上では、青色の円にほとんど丸かぶりですが、青色の円と重なっているピンクや水色や赤色の円とは重なっていない部分もあります。これら、重ならない部分からの再検討が期待できます。

右上は、赤色の円全体と重なっているので、「そうそうそうなの!」と共感してしまい、新しい視点が持ちにくいパターンだと思います(しかも好きなことともかなり被ってる!)。
このような場合は、オレンジ色の円でカバーし切れていなくて、他の色の円がカバーしている部分、つまりオレンジ色と重なっていない部分から、何か付け加えられることがないか考えてみると良いと思います。

また、ここではオレンジ色の円として示していますが、その文献には、その文献独自の赤色・水色・緑色・ピンク色・青色の円の重なり方があります。
自分自身の赤色の円がすっぽり重なっているからと言って、その文献の円の中の赤色部分とすっかり同じと言うわけでもありません。
文献そのものの円の重なり具合も考慮して、もう一度冷静に読み直してみるとより良いでしょう。

左下は、赤色の部分との重なりがまるでありません。また、自分の知識・関心だけではカバーし切れない要素があることが見受けられます。
こう言う場合も難しいです。「納得できるんだけど、何かしっくりこない気もする。でも知らないこともたくさん書いてあるし、どうしよう」とつい思ってしまうかもしれません。
時間があるのであれば、オレンジ色の円がカバーしている範囲を追いかけるように、勉強してカバーできればいいですが、難しい場合もたくさんあります。
この時は、最低でも、「なぜ赤色の円と被らないのか」「赤色の円と何が違うのか」の分析をしておけると良いのではないかと思います。
重なる部分が多いのに、赤色の円と全く重ならないと言うのも、考えてみれば不思議です。
「違い」を見つけようとする意識でもう一度文献に向き合ってみると、実は一番発見があるのがこのパターンかもしれません。

とても漠然とした内容になってしまいましたが、本当の「自分の意見」と言うのは、このように、自分の持っている要素と、その文献・記述の示している要素との比較を丁寧に行った上で、重なっていない部分(違う部分)を見つけ、その立場から何か言えないか考えることで、生まれるものなのだと思います。
そうして生まれた「自分の意見」は、当然、文献・記述の示している内容や考え方に重なる部分はありますが、さらに違う視点から眺め直され、再構成されたものになるのです。

もちろん、自分が何に、どこまで影響を受けているのか、はしっかり把握しておく必要がありますし、必要な場合には参考にした旨を明記するのは絶対です。

まとめると、しっかり考え直した上で、賛同するところは賛同し、参考になるところは参考にして、新しい視点を盛り込んだものが、「自分の意見」と言うところでしょうか。

以上、長くなりましたが、少しでも参考になるようでしたら嬉しいです。


#みあ

キーワードについて

20170522日(月)
こんにちは。

LALAのマーヤです。

皆さんはGoogleなどの検索エンジンを使ったことがあると思いますが、何かネットで探すとき、どのようなキーワードを入力しますか。キーワードについてよく考えますか。なかなか検索がうまくいかない時もありますね。
課題のための資料を探すとき、Googleだけでなく、OPACやCiNiiなどを使うことになると思いますが、ここでも検索がうまくいくように、キーワードについてよく考える必要があります。
いくつかの適切なキーワードで検索すれば、参考になりそうな資料にあたる可能性が高まります。また、調べたい資料によりますが、時にはすごく具体的なキーワード、時にはより一般化したキーワードで探すことも必要になります。キーワードの組み合わせも大事です。また、ヒットした資料に少し目を通すと、他のキーワードに行きあたることもあります。
選択方法はもっとあると思いますが、大体以下のようなことについて考えてみて、キーワードを選んでください:

    ☆関連語
    ☆類義語
    ☆反対語
    ☆上位概念・下位概念
    ☆一般化した用語・具体化した用語
    ☆表記の違い(漢字、ローマ字、略語など)
    ☆英語の用語(単数・複数)


具体例としてソーシャルメディアについてキーワードを考えてみました。:

関連語・類義語:ソーシャル・ネットワーキング・サービス
反対語:対面コミュニケーション、会話
上位概念・一般化した用語:メディア、非対面コミュニケーション、コンピュータを介して行うコミュニケーション
下位概念・具体化した用語:Facebook、Twitter、Instagram
表記の違いなど:ソーシャルメディア、social media、ソーシャル・ネットワーキング・サービス、social networking service、SNS、フェイスブック、Facebook…

などなど

今回は『資料検索入門』という図書を参考にしました。LALA文庫コーナーにも図書館にもありますので、もっと詳しく知りたい方は確認してくださいね。

資料検索入門


ではでは

#マーヤ

スケジューリングについて

20170519日(金)
こんにちは。

LALAのマーヤです。

ちょっと質問ですが、皆さんは毎週のスケジュールを立てますか?
皆さんは学生ですし、授業やバイトがありますので、スケジュールを立てると、時間の管理が少し楽になりますね。また、最近は、スタンプやシールを付けられる可愛いスケジュール帳や便利なスケジュールのアプリもありますね。

もう一つの質問です。スケジュールを立てるとき、どんなことをスケジュール帳やスケジュールアプリに記入しますか?授業、バイト、サークル、食事の約束などでしょうか。

まあ、スケジュールの立て方は色々あると思いますが、ここでLALAのマーヤのコツを紹介したいと思います。

☆一週ごとにスケジュールを立てる
その週にやるべきことをよく把握します。

☆タスクを入れる
授業やバイトなどだけでなく、その週の内にしなければならないタスクも記入します。
(例えば授業の課題、英語の勉強、課題のための資料検索などの時間)

☆リラックスの時間を入れてみる
映画鑑賞、読書などの時間


☆余裕の時間も入れる
スケジュールを詰めすぎず、毎日少し時間の余裕があるといいです。
(急に何かの用事が入った場合のために)

恥ずかしいですが、買い物・洗濯物・料理する時間も予め決めます、、( /ω)
自分でもやりすぎたなぁとしょっちゅう思いますが、色々な締切や会う約束を守ることができて、食べるものや着る服もいつも準備できているので、それはスケジューリングの効果かもしれません。だけど、LALAの小笠原さんが前書いたように、何もスケジュールを立てない時期も必要ですので、スケジュールを一つも立てず、思い切り休む時間も忘れないでくださいね!

手帳


ではでは〜

#マーヤ

「LALA文庫」の場所

20170518日(木)
「LALA文庫」について先日紹介しましたが、実はそれがどこにあるのか説明していませんでした。
すみません。(#^.^#)

「LALA文庫」の場所は、図書館2階閲覧カウンタの向かい側にあります。ちょっとわかりにくいところにありますが、どうぞご活用ください。
その近くにLALAデスクがあります。一人で本を読むのもいいですが、勇気を出して声をかければ、知りたいことの何かヒントを発見できるかもしれません。
LALA文庫の本棚


#後藤