LALATipsへようこそ!

20300401日(月)
このブログでは学習に役立つ情報や本を紹介しています! 相談予約やLALA文庫一覧など詳しくは この画像をクリックしてください

続きを読む

LALA文庫紹介『哲学の道具箱』

20191210日(火)
こんにちは、LALAの小林です!

先行研究を読む際には相手の足りない部分を発見する批判的な視点が必要ですが。
でも、どんなところに注目すればいいのかよくわからなかったり、的外れな批判をしてしまったりすることもありますよね。
そんな時は、論理学の力を借りて自分や他人の論を見直してみてはいかがでしょう!

写真 2019-12-10 14 09 57

『哲学の道具箱』
著者:ジュリアン・バッジーニ/ピーター・フォスル
訳者:長滝 祥司/廣瀬 覚
[LALA文庫|F8][OPAC検索結果はコチラ]


こちらは哲学で使われる重要な概念を簡単に説明した本です。
哲学の入門として利用できるほか、自分や他人の議論を検証する際にも役に立ちます。

おすすめポイント

●議論でよく聞く用語をしっかり理解できる
「循環」「トートロジー」「論点先取」などは議論でよく聞く用語ですが、ちゃんと理解できているか怪しい…なんてことありませんか?
この本ではそうした論理学の基本的な用語が解説されているので、意味をしっかり理解して議論を正確に進めるのに役立ちます。
また、上手くいっていない論証の例が論理学の用語に従って細かく分類されているので、自分や他人の論理が間違っている原因を見つけるヒントにもなります。

●気になる項目だけ確認できる辞書形式が使いやすい

目次を見ると小難しい用語が並んでいますが、解説はそれぞれ1p~2pほどとコンパクトにまとめられているので気軽に読むことができます。
辞書のように必要なところだけ引いてちょっと読むという使い方ができるので、気分転換のパラ読みにおすすめです!
解説では関連項目も紹介されているので、内容を広げていくこともできますよ。

●重要な事例紹介で理解が広まる
身近な具体例の豊富さもさることながら、哲学史的に有名な事例が紹介されているのも大きなポイント。
具体的な論争を元に「反例」や「両刀論法と角」などの論証方法が解説されているので、哲学の入門書として役に立つのはもちろん、専門外の人も用語と論争を結びつけながら理解することができます。

とくにおすすめ👉「第三章 論証評価のツール」



タイトルに「哲学の」とありますが、ここで紹介されている議論の方法は哲学の枠を超えて広く使えるものばかりです。
とくに、既存の論の反証方法が多数紹介されている第3章は、先行研究や文献に対してどう批判を加えたら効果的か考えるヒントになると思いますよ。


LALA文庫には続々新刊が追加されています。
紹介しおりも配布中ですので、是非チェックしてみてくださいね!

小林

TeaPot ( 教育・研究成果コレクション ) を使ってみよう

20191210日(火)
こんにちは 火曜日(11時〜13時)と金曜日(13時〜15時)の林です。
グッと寒さが強まってきましたね〜
図書館で勉強する人も多くなる季節です!風邪気味だな〜と思う方、風邪をひいてはいけない!という方、マスクを携帯してさっと着けられるようにしておきましょうね((((;´・ω・`)))

さて、今日は TeaPot お茶の水女子大学 教育・研究成果コレクション についてご紹介します!

名前の通り、お茶大で出している論文集、学位論文(博士)、紀要など膨大な数の資料を扱っています。
アクセスは、図書館ページのバナーから


Teapotgazou1.png



トップページには、「キーワード検索」と「インデックスツリー」からの検索機能があります。
自分の研究に合致した論文を探していたり、特定のテーマが頭にある場合は、「キーワード検索」が良いかもしれません。
一方で「インデックスツリー」は、そもそもどのような研究誌が収録されているのか知りたい人に良いでしょう。


Teapotgazou2.png



どのページにアクセスしても、常に左端に「インデックスツリー」が表示されているのも便利です。

Teapotでは、博論や学術論文だけではなく、海外短期研修や、国際学生フォーラムの報告書や、附属校の紀要も閲覧することができます。


Teapotgazou3.png



学部生はもちろん、大学院生にとって、身近に(大学に)どのような学術誌があり、どのような先輩が、いつ投稿しているのか?を自分の目で確認しておくことは、自分の研究活動のひとつの目安にもなり、モチベーションにもなると思います。もちろん、書式の勉強にもなります。
また、他のジャンルで近年どのような博士論文が出ているのか、題目に目を通すだけでも刺激になりますね!

課題が多く忙しい時期ですが、煮詰まったら先輩方の論文をちょこっと覗いてみましょう

#林 #情報検索

LALAしおりコーナーが出来ました!

20191209日(月)
こんにちは月曜午後の中村です。
枯葉が散り一気に冬がやってきましたね
インフルエンザが流行り始める季節なので、うがい手洗い、予防を心がけましょう!!

さて、皆さん。
お気付きでしょうか。
図書館1階カウンターの正面にあるLALA文庫・LALAデスクの手前、
展示スペースをお借りして新しいコーナーが出来ました

しおりスペースその2

なにやら、柱の展示スペースがカラフルに。
近づいてみると・・・

しおりスペース

LALA作成、学習に役立つしおりコーナーです
可愛いデザインのしおりにお役立ち情報が載っています!
どうぞ、ご自由にお持ちください!!

私たちLALA(Library Academic Learning Adviser)は
皆さんの学習のお手伝いができるように、
授業期間の平日11時〜17時まで図書館1階グローバルラーニングコモンズにいます。
皆さんからの学習相談がない時はただ座っているわけではなく、
皆さんの学習に役立つ情報を日々集めています。

そんなお役立ち情報を発信するために、
学習に役立つしおりを作成してみました!

しおりは2タイプあります
学習Q&Aタイプ      LALA文庫紹介タイプ
学習Q&ALALA文庫紹介
なんと、Q&Aタイプは中国語のしおりもあります
中国人留学生のLALAさんが翻訳してくださいました!
裏に答えが書いてあるので、裏返してみてくださいね


しおりコーナーは一時的に展示スペースをお借りしているので
今後移動するかもしれませんが、
これからどんどんしおりの種類を増やしていく予定です
皆さんの学習に寄り添うことができれば幸いです
どうぞお気軽にお持ち帰りください。

【セミナー報告】12/3「Mendeleyを使って文献を管理する!」

20191205日(木)
こんにちは、萌子(木曜13h-17h担当)です。
12月3日に行ったLALAセミナーの報告をします。

まずは、来てくださった方、ありがとうございました!
質問を出してくださったおかげで、私もとても勉強になりました。
私を含め、参加したみなさんで作っていったセミナー、という感じで楽しかったです。



【日時】12月3日(火)12:40~13:10(30分)
【場所】図書館1F、LALAデスク前
参加人数…4名(学部生2名:2年生、4年生/院生2名:M1、D3)


以下、セミナーで配布したレジュメを添付します。
当日は、あくまでプロジェクターでパソコンの画面を共有しながらの確認だったので、
これだけではあまり参考にならないかもしれませんが、、

もし当日は行けなかったけど詳しい話を聞いてみたいということでしたら、
ぜひ木曜日の13h~17hまでデスクに座っているので声をかけてください
Document-page-001.jpg
参加者のうち、3名の方が実際に自分のパソコンを見ながらの作業になりましたが
プロジェクターのおかげでパソコンを持っていないとついていけない、、、という心配はありませんでした。

すでにMendeleyを使っている・・・1人
すでにパソコンには入っている・・・1人
これから使うかどうか決める・・・2人

すでに使われている方は、指導教員の先生からおすすめされたとのことでした!
(おそらくこういう方が増えてくるのではないでしょうか?)
Mendeleyを始めようか悩んでいる方の中には、すでにエクセルで管理をしているという方もいました。


LALAセミナー_20191203 
写真:当日の様子


今回はMendeleyのアカウントをこれから作るんだ!という人から参加できるように用意しました。
セミナーにはでてこなかったような【応用編】もMendeleyにはあります。
私もこれから勉強してまたみなさんと共有できるように精進します!




セミナーでもお伝えしましたが、
Mendeleyを使っている側として、100%これに頼った文献管理はオススメしません。
例えば、日本語文献に弱いこと。これは分野によってはなかなか痛手になるのではないでしょうか。
ただ、文献探しや、PDFのクラウドとして、など使い方次第ではとても便利なツールです。
無料で使えるので、興味のある方はこちらから!


じゃあ他にどんな方法があるの?という方はこちらのブログ記事なども参考してみてください
文献管理プログラム (Citation Managers) を使ってみましょう
Excelで出来る!文献管理がしやすくなる2つのポイント
【スタディハック】クラウドメモを活用しよう!