講演会「過去30年の経験から日本の移民政策を徹底検証」のお知らせ

20190107日(月)
明けましておめでとうございます。
2019年、よろしくお願いいたします。

みなさん、七草がゆはもう食べましたか?

昨年の12月からLALAに新たに加わった、萌子です。現在ジェンダー社会科学専攻地理環境学コースM1で、主にセクシュアリティについて、移動というテーマと掛け合わせながら学んでいます。今学期も残るところ僅かではありますが、月曜日の13:00から17:00、LALAデスクでお待ちしています!気軽に声をかけていただけると嬉しいです、一緒に悩み、良い学びがしていければと思います。

さて、本日なのですが、一つ講演会(1/25 [金] 19:00から)の紹介をさせていただきます。「移民」「移民政策」「外国人労働者」....これらの単語を聞いて反応したそこのあなたは是非。ここ最近はこのような単語を聞く機会が日本でもぐっと増えていると思いますが、よく考えると流れは追えていないかも、、?ということで、今回のテーマはずばり「過去30年の経験から日本の移民政策を徹底検証」!当日は、ご自身も移民として外国人労働者支援に携わっている甄凱さんが講師でいらっしゃいます。場所も文京シビックホール(丸ノ内線後楽園駅)と、お茶大生にはありがたい会場です。

こちらの講演会を主催する、反貧困ネットワークは他にも、ホームレス子どもの貧困、セクシュアルマイノリティの貧困、など「貧困」をテーマに多分野で活動している団体です。すでにこの分野で学ばれている方はもちろんですが、漠然とした興味関心はあるけど、、う〜ん、、といった方、移民や外国人労働者のみならず貧困全般に関心がある方、卒業論文をこれらのテーマで書こうとしている方、、、良い機会になるのではないでしょうか??他の参加者もきっと同じような関心をお持ちの方達です。実際に当領域で活動されている方も当日いらしているかもしれません。期末試験間近の日程ではありますが、ご心配なく。LALAを利用しながら試験準備は早めに終わらせ(^-^)、講演会に行ってみると、良い出会いがあるかもですね!詳細は、チラシ(↓↓↓)をご覧ください!

この講演会を機に、こんなテーマで卒論を書いてみたいかも、、といった相談が来たら嬉しいです。それでは、あと一ヶ月ですが、頑張っていきましょう〜!

第四回反貧困ネットワーク連続講座



#萌子

LALA文庫の新刊

20181227日(木)
今年もあとわずかとなりましたが、どのような一年だったでしょうか?
LALAデスクも今日が今年の最終日となりました。

レポート・論文も自分の意見を書くことが肝要ですが、読み手にいかにわかりやすく内容を伝えるかも重要です。

LALA文庫の新刊
G13 『一番伝わる説明の順番』田中耕比古著
(この本の所蔵は学内ではLALA文庫のみです)
の紹介をします。

LALA文庫の紹介
日頃の生活や大学での授業で、何かを説明する場面はいろいろありますよね。
例えば、新しく知り合いになった人に自己紹介する時とか、授業の時に卒論でやりたいことを説明するとか、などなど。
どうすれば、本当に言いたいことが相手に伝わるのでしょうか?
まずは「自分の頭」を整理してから何を言いたいかを決めることが重要と考えがちですが、この本では「相手の頭」を整理しながら伝える技術を紹介しているところが斬新です。

この本では、わかりやすい説明とはあたかも「地図」を相手と一緒に広げて見るように説明をするイメージで解説しています。地図を広げて、どの地域(範囲)のどの地点について説明するかを最初に述べて、それから本題に入るようなイメージです。

説明はコミュニケーション(情報の共有と伝達)である」。「相手の情報レベルに立つ」こと。やはり「相手」ありきということでしょうか?

本書では重要な箇所には緑色のマーカーで印がつけてあり、そこだけを拾い読みをして、ポイントをおさえることも可能です。

レポートや論文にしても口頭発表にしても難しいことを簡単な言葉でわかりやすく伝える技術を取得したいですね!

さてLALAデスクの新年の仕事はじめは1月4日(金)となります。
レポート、卒業論文の構想、修士論文、研究計画書、情報検索などなどの学習相談をお待ちしております。

よいお年をお迎えください。

#後藤
#LALA文庫

Wordでできる!かんたん文献管理

20181226日(水)
はじめまして!
12月からLALAになった小林です。
さっそくですが、今回は参考文献管理の豆知識をご紹介します。

みなさん、参考文献はどの機能を使って「挿入」していますか?
おそらく、Wordをお使いの人のほとんどは、「注釈」機能を使っているのではないでしょうか。

注釈機能は使いやすいけど、文献情報をいちいちコピーしなきゃいけないし、参考文献リストは自分で整理しなきゃいけない。
論文が長くなって、引用する文献が増えると、ちょっと不便ですよね。
とはいえ、文献管理ソフトは難しそうで手を出しにくい…。

そんなあなたにご紹介したいのはこちら!
02.png
「引用文献の挿入」機能~!!
なんと、文献管理ソフトのような「参考文献管理」や「文献リストの作成」がWordの中だけでできちゃうんです!



【「引用文献の挿入」機能とは】
文献情報の管理や文中への挿入、参考文献リストの作成ができます。
文献情報はすべてのWordファイルで使用可能
01_20181226161549281.png
※画像はWord2016年版。

*こんな人におすすめ
・ 引用する文献が多い
・ 簡単に参考文献リストを作りたい
・ 同じ文献を別の論文で繰り返し使うことがある



【使い方】
*文献を登録しよう

①「引用文献の挿入」>「新しい資料文献の追加」を選択
03.png
②文献情報を入力→「OK」で完了
04.png



*文献情報を挿入しよう
①挿入したい場所をクリック
「引用文献の挿入」>挿入したい文献情報をクリック
※引用スタイルを変えたい場合は、「スタイル」のプルダウンリストからまとめて変更できます。
07.png



*文献情報を整理しよう
「資料文献の整理」を選択
②使うものだけ右側のリストに残す。
※マスターリストにはWordに登録されたすべての文献情報が表示されるので、昔論文に使った文献情報を引き出すこともできますよ。
05.png



*文献目録(参考文献リスト)を作成しよう
①挿入したい場所をクリック。
「文献目録」から見出しの種類を選択。
06.png



[おまけ]文献を探して登録しよう
08.png

「リサーチツール」を使うと、文献の検索と登録もWordの中でできちゃいます。
ただ細かい検索式には対応していないようなので、本格的に探したいなら別の文献検索ツールを使うのがおすすめです。



Wordって思っているよりいろんなことができるんですねえ。
「引用文献の挿入」機能、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。

#小林

論文が行き詰まった時にオススメLaLa文庫

20181221日(金)
こんにちは!
LALAの山岸です。
12月も後半に入り、
次の3月で卒業、修了予定の方の中には、論文に追われてどうにもこうにも・・・という人も多いのではないでしょうか・・・!?
はい、私もそんな一人です。

今日はLALA文庫にそんな状況にぴったりの本を見つけましたので、ご紹介いたします!

佐藤 雅昭
2016『なぜあなたは論文が書けないのか』大阪:メディカルレビュー社.
(LALA文庫F5)


著者の佐藤さんは東京大学医学部附属病院呼吸器外科講師の方であり、この本の中では、これまでのご自身の論文執筆経験、論文指導経験、そしてときには医学的見地にも基づいて、論文をより効率よく書き上げるためのポイントが検討されています。

中でも、特にこれは今すぐ実践しよう!と思ったことが次の2点です!

コマ切れ時間 →単純作業に使う
まとまった時間→知的作業に使う

論文の結論を1〜2行でいつも言えるようにしておくこと


佐藤さんは結論の存在について、とても素敵な書かれ方をされています

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「論文はあなたのイイタイコトを伝えるのが目的であり, イイタイコト(=結論)は, 砂漠を旅するときに常に進むべき方向を教えてくれる北極星のような存在です。」(p.63)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その他にも、はっとさせられる助言が満載で、論文のほか、日頃のレポート作成などにも大変おすすめの書籍ですので、少し行き詰まったら是非LALA文庫コーナーを覗いてみてください。

LALAデスクでは論文の各種相談・最終チェックなど随時承っております。
ぜひぜひ、息抜きがてら来てくださいね♪(/・ω・)/ ♪

【体験談付】学部1・2年生さん、LALAに来てみませんか?

20181126日(月)
こんにちは。みあです。
このところ、音楽の情報が盛りだくさんで、ブログが華やかになってきましたね☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今回は、いろいろな物事を柔軟に吸収し始める歩み出しの時期に、指導や指南書のクッションとしてLALAをお使いいただけますよ、というお話です。

私事ですが、習い事で「無鉄砲で無謀だが飛び出していくことはできてハッタリが利く」性格が出ていると度々指摘されます。
それがLALAを始めてから今に至るまで、ずっと感じ続けてきたことに重なるなあと思い、書き出してみる次第です。

「無鉄砲で無謀だが飛び出していくことはできてハッタリが利く」性格がレポートを書くとどうなるか?
マニュアルも見ずにいきなり書いて失敗しながら覚える。つまり、歩いてあちこち障害物にぶつかりながら、歩き方を覚えるやり方ですね。
出しました、手書き指定でもないのに手書きのレポートとか、表紙のないレポートとか、ホチキスの向きを間違えたレポート…。

学部の1・2年生の間は、Web上の「レポートの書き方」情報を見ながら書いていた感じで、あまり意識的ではありませんでした。

その後、3年に上がってから、授業内でレジュメやレポートの形式面について手厚く教えていただく機会に恵まれ、少しずつ「形」を意識しながら、課題が出るままに場数をこなしてきた…という流れです。
大学生として珍しくない歩みなのではないかな? と個人的には思っています。

LALA文庫に置かれている紙媒体のマニュアル本がありますね。
当時はLALA文庫も知らず、いろんなところでおすすめされている本を一瞬手に取っても、難しすぎるように感じてしまい、「ええいやっちゃえ!」と落ち着きなく取り掛かってしまっていました。

振り返ると、学部生って忙しいと思います。
生活を自律させること、大学のシステムに慣れることに加え、大学の勉強の仕方、本の探し方、情報の取捨選択の仕方、そして情報のまとめ方まで!同時並行で身に着けて単位も取らねばなりません。
毎日必死にやっていると意識しにくいですが、これって結構大変なことですよ。

LALAの活動に参加させていただくことになってから、初めて本格的に紙媒体の「マニュアル」本を読むようになりました。
ぶつかって覚えてきたことの答え合せをしていくようでした。

そこで感じました。

体当たりでも、基礎基本の大事な部分、絶対に外せない部分を覚えることはできます。
なんなら筋も通せるようになりますが、やはり、フォーマットや、読みやすい書き方などの体裁、質をよりよくしていく最終仕上げの要素は、一度理論(=マニュアル)を体系的に勉強しないと身につきません。
授業の中で手厚く指導して頂くことができても、自分で意識的にならなければ根本的な力はつきにくいと実感しています。

右も左もわからないうちは、とりあえずできることをやっていくしかありません。
ただし、物事には全て裏と表があります。
レポートや論文においても、体系的に書き方を学ぶこと(理論)と、場数をこなし試行錯誤して覚えていくこと(実践)の両面が揃って初めて一つの技術です。
そういう意味で、もう博士後期課程生になってしまいましたが、自分の学業について「根付いて」いないと感じることは多々あります(学業を根付かせるために教育機関に所属している、というところではあるのですが)。
でも、たぶんこういう悩みは多かれ少なかれ、意識的にかそうでないかは別として、何かを学ぶ人間が抱えているものだとも思います。学生の持つ共通した課題なのではないでしょうか。

習い事では「無鉄砲で無謀だが飛び出していくことはできてハッタリが利く」のは良いとして、細部に気を配る繊細さを身につけましょう、とご指導を頂戴しています。
体当たりで覚えたことを多少なりとも提供できるとしても、あと欠けているプラスアルファをどう身につけて、あるいは補っていけばいいのか、LALAだけでなく学業や生活全体の大きな課題です。

いろいろな物事を柔軟に吸収し始める歩み出しの時期に、当時敷居の高かった指導や指南書のクッションになってくれるようなものがあれば良かったなあ、と、思います(ここで冒頭に掲げたテーマとつながりました)。

LALAのひとりとしても学生としても、全く完成形ではありませんが、だからこそ、過去の自分の状況、今の自分にあるものとないものから引き比べて逆算してアドバイスを差し上げることはできますし、内容の練り上げ方や整え方を一緒に考えることは可能です。
現在のLALAデスクは院生の方によくご利用いただいていますが、学部の1・2年生さんにもぜひ使っていただきたいなあと思っています。

#みあ