修論体験談③-2ー文献で「歴史」を辿る

20180614日(木)
「なぜその動機が自分にとって動機となりえたのか(必要だったのか)」
「自分にそういうことを動機とさせる(必要とさせる)社会とはどのようなものなのか」
「社会では、そのことが、どうして、どのように必要なのか」

を探っていくことが必要、と前回お書きしました。

私個人の場合、上記の疑問点に辿り着いて初めて、当該テーマの歴史を押さえる重要性、あるいは、関連する歴史をテーマと絡めて考察する重要性に行き当たりました。
遅きに失した感はありますが、大事な発見だったので、今回取り上げたいと思います。

研究の過程として歴史を押さえることが必須ということは、卒業論文で学んでいました。
しかし、今から振り返ると、当時はただ必要だと教わっているからやっているに過ぎなかったと思います。

卒業論文の時と異なり、修士論文のテーマに選んだ事柄は、私の個人的な問題にとても近いものでした。
そのため、あらかじめ支持したい考え方や立場があり、その立場に沿って文献に目を通しているところがありました。

ある時点の著者の見解が活字になることで固定化され、保存されているものが「文献」であると私は考えています。
どんなものであれ、書かれたものは過去のもので、「歴史」の一部です。

しかし、読み手にとって、その本を読む契機となった体験や動機が、当人の心中であまりに生々しすぎると、読み手にとってはまさに今現在のリアルな問題であるために、「歴史」の一つとして検証する視点を失ってしまいます。
読み手にとっての答えを証明する部分だけを抜き出して読んでしまうことになりかねません。個人で読む分にはそれで問題ありませんが、研究という社会的な行為にはそぐわないものです。

一人の頭の中だけで組み立てられた認識は、いくら申し分ないように思えても、偏っている部分があると思います。なぜなら、その人があることを体験したり、体験を通して考えたりするようになった背景は、例外なく歴史の延長線上にあるからです。自分の考えを証明するためのものとしてではなく、考えの発生源を見直し、認識自体を更新するために、歴史を知ることは不可欠です。
したがって、過去に積み重ねられてきた先行研究も、「今」援用できるツールになりうるか、を見るに止まらず、どのようなものでも歴史的事実の一つとして捉える必要があります。歴史を扱った本だけではなく、新しい主張を提示しているようなものでもです。
当該テーマに関わる「歴史」を掴み、再考察することによって、

「なぜその動機が自分にとって動機となりえたのか(必要だったのか)」
「自分にそういうことを動機とさせる(必要とさせる)社会とはどのようなものなのか」
「社会では、そのことが、どうして、どのように必要なのか」


これらの疑問の答えを自分なりに定め、自分の中にあった問題を社会的なものとして再定義するために読むという姿勢が、「研究的に」テーマと向き合うための基本となります。

長々と当たり前のことを書きました。
私は気づくのがかなり遅かったのですが、気づいたことで、遅読なりにも文献に当たらなければ、と先行研究を追う目的意識がしっかりしたので、幸いでした。

あと2回ほどお付き合いください。

#みあ

初歩的なレポート課題を書く(3)―まとめ

20180130日(火)
前回は、主観的な文章と、論理的な文章の目的の違いについて考えました。
今まで比べてきた二つのタイプの文章には大きな違いがあります。
作業工程の初期段階で「相対化」を行わなければいけないかどうかが、特に大きく異なるところでしょう。

しかし、主観的な文章にしろ、論理的な文章にしろ、実は文章構想の起点となる部分は同じです。
それは、文章のテーマを「発想する」ということです。
主観的な感性で、今関心を抱いていることやどうしても注目したいことを掴みとり、次に、言葉にするのです。
文章の論理性が強くなればなるほど、「言葉にする」段階で、より一般的な概念にあてはめたり、他の事柄と比較したりすることで相対化を行う必要性が強くなるでしょう。

レポートを書くにあたっては、見聞きしたあらゆる事柄からテーマをキャッチする発想力と、既存の言葉を用いてある概念の中に組み込んだりして「発想」を相対化する力の両方が必要となると言えます。
そして、有意義な課題設定につながる「発想」を多様にできるか、様々な「発想」の中からその時に適切なものを絞り込むことができるのか。
これらは、次の段階である相対化したり論理的にまとめたりする作業がスムーズに進むかにも関わる大変重要なことです。


ですから、初歩的なレポート課題やコメントシートなどには、発想のトレーニングとして主観的な姿勢を大事にするものがあるのだと、私は考えています。
一般的には、初歩的な段階では、まず、論理的な文章の枠組みを身に着ける必要があると思われます。
しかし、その他に、発想の柔軟さが枠組みに制限されることのないようバランスを取りながら、自分なりの発想を持つこともできなければならないと考えます。

レポート課題の指定が変則的で、書き方のマニュアルにも当てはまらずに困る場合は、まず、その課題が、文章や思考トレーニングのどの地点に当たり、特に何の力を強化しようとしているものなのかを考えてみるとよいでしょう。
発想なのか、それとも発想の概念化なのか、立場の相対化なのか、調査の進め方なのか、結果や検証の整理の仕方なのかによって、課題への取り組み方は変わります。
一連の作業のデモンストレーションを試みよ、という場合もあるかもしれません。

考えた上で疑問に思ったことは、担当の先生にお聞きしてみるとよいと思います。
図書館の平日開館日には、LALAデスクでもご相談を受け付けています。

なお、これまで述べてきたこと以外に、レポート課題では、作業を通して「書き方のルール」を身に着けることが求められています。こういった「ルール」については、当ブログではマーヤさんが主にまとめてくださっている他、LALA文庫の本で解決する場合も多いです。
ぜひ参考になさってください。

#みあ