LALAセミナー報告 その2

20190520日(月)
こんにちは
LALAの中村です。

今日は、春のLALAセミナーの報告その2をさせていただきます!

春のLALAセミナー
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
報告その2
本日のテーマは、
「情報を活用せよ」
です!


皆さんは、学内の情報をどこから手に入れていますか?
ご存知の方には当たり前のお話かもしれませんが、
修士課程からお茶大へやってきた外部からの進学者にとって、
最初は分からないこと、慣れないことがたくさんありました。
以下、私がよくチェックする情報スポットです

①学内掲示板
サークルの情報なども多いのですが、
それにまぎれて集中講義、講演会、不定期開催のセミナー情報が掲示されます。
ちなみに、学生・キャリア支援課の掲示板ではアルバイト情報も掲示されています(余談ですが。)

②OchaMail
お茶大アカウントのメールアドレスに月2回配信されるOchaMail、
皆さん、チェックしていますか?
奨学金や公演の割引チケットの情報なんかも載っていたりするので、
意外と見逃せません・・・!

③HP、SNSなど
ちなみに、このLALA Tipsが更新されると、
「お茶大図書館Lisa」のTwitterにツイートされるので
是非チェックしてみてください。


さて、これ以外にもたくさん情報を得る手段はありますが、
私がもっともオススメしたいのは、


④他分野の知り合い、先輩からの情報
学内のつながりを有効活用するべし
ということです。
文系では皆独自の切り口と方法で研究を進めるので、
同分野の人であってもなかなか話しづらいことがあります。
他分野の人との会話には新しい発見があり、迷いが一気に解決する時もあります。
また、先輩から得られるオススメの講義情報や研究に関する情報も重要です。


ここでさらにポイントなのが、
1.どこで他分野の人と知り合うのか
2.どうやって情報を引き出すのか

この二点です。


私の場合、
1.どこで他分野の人と知り合うのか
  →共通の授業、学内アルバイト
2.どうやって情報を引き出すのか
  →常日頃から自分の興味関心を積極的に話す

という方法で、いろんな人から情報を得ることができ、
それが最終的には修士論文の執筆に大いに役立ちました。
自分だけで解決方法が見つからない時、
誰かに助言をもらうことで前に進める場合があります。
助言をもらえる関係性を作るためにも、
積極的に自分のこと(考え)を話す。
これがとても重要だと思います。


まずは、自分の考えを人に話すきっかけとして、
LALAデスクを気軽に活用してみてくださいね。

#中村

LALAセミナー報告 その1

20190506日(月)
こんにちは!
LALAの中村です。
GW最終日のはずですが、お茶大は今日から授業が再開されましたね。
大型連休、皆さまどのようにお過ごしだったのでしょうか。

今日は、連休前に開催した春のLALAセミナーの報告をさせていただきます。
当日、お越しいただけなかった皆様にもお伝えしたい内容を、
何回かに分けて投稿していきますね。


春のLALAセミナー
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
報告その1
本日のテーマは、
「ゼロからどうやって研究計画を立てたのか」
です!


私は学部卒業後、社会人になった後にもう一度勉強をしたくて
大学院の舞踊コースへ進学しました。
理系→文系
農学→舞踊
という畑違いの分野から来たため、
勉強の仕方も研究の仕方もゼロからのスタートでした。
修士一年目の前期は右も左も分からず、
研究も進まず、苦しい日々でした(;д;)

今から振り返ると、研究がスムーズに行き始めたのは
研究方法を決める
研究対象を決める
この二つをクリアした後でした。

セミナーではどうやって私が①研究方法②研究対象を決めたのかについて
お話しさせていただきましたが、
今日は簡潔にポイントだけお伝えします。

この二つを決めるときにポイントになったのは、
「大学院への志望動機」
でした。
なぜ、大学院へ進学したかったのか。
何を、研究したかったのか。
自分の問題意識の根っことなる「志望動機」まで振り返ることで、
自分の興味関心からぶれずに研究方法・対象を定めることができました。

実は、これ、LALA文庫C11『研究計画書デザイン』に同じことが書いてあります。
本書は過去にナターリアさんが紹介してくださっています。
研究計画書デザイン
問題関心からテーマを絞っていくことに対して、本書では以下のように説明しています。

”自分の個人的な体験や経験の中での、ぼんやり漠然とした関心を、自分の将来の専門性へ少しでも近づけるために、その研究テーマへ向けて、自分を自分を極端に自覚化させ、意識化させていくという作業”=問題意識化

テーマを一つに絞り込むために

動機(なぜ)…テーマを選んだ理由
具体例(だから)…それを説明するエピソード
当面の結論(と考える)…自分の考えのまとめ

という手順を踏むと良いと書かれています。
この具体例が研究のオリジナリティに繋がっていくそうです。

本書の後半では論文の書き方についての指南もありますが、
是非研究生、修士1年目で
これからどうやって研究をしていこうかと考えている方々にオススメしたい一冊
です!


LALA文庫の紹介にも派生しましたが。
今回の報告その1のまとめは、
「動機から研究方法・対象を決める!」です。
まずは、自分の考えの中に深く潜って自問自答する時間が必要かな、
と個人的には考えています。

自分の考えを整理するために、人に話を聞いてもらうことは有効です。
考えすぎてよく分からなくなった時は、
気軽にLALAを訪ねてきてください(´∀`*)
いつでもお待ちしてます

LALAブログ前期記事のまとめ

20180807日(火)
こんにちは!
予想外の暑さの中、どうにか前期の授業期間が終わろうとしています。
1日1日積み重ねていくうち、いつの間にか4ヶ月が過ぎていた…というのが正直な実感かと思いますが、LALAのメンバーもコツコツと記事を更新して参りました(^_^;)

そこで、前期に掲載された主要記事を一覧にてご紹介します。


⭐︎一記事完結もの⭐︎(投稿日付順)
投稿論文のために(カン)
学術雑誌への掲載を目指して執筆する論文を「投稿論文」と呼びます。投稿したら、審査を経て掲載の可否が決まります。修正を要求され、修正版をさらに審査されて可否が決まる場合もあります。
そんな「投稿論文」作成のプロセスを簡潔にまとめた内容となっています。
大学院生向けの内容ですが、基本的な流れやルール、心構えなどは、学部生のレポート作成手順にも通じるものがあります。

過去記事のご紹介(1年生向け)(マーヤ)
前年度に作成されたものを中心に、レポート作成や学習への取り組み方などの初歩的なアラカルト記事を紹介しています。リンクから各記事を参照することができます。

知っていると便利!外国語論文にみられる略号(後藤)
外国語の文献に触れる学生さんは必見の内容です。註や参考文献を参照できると、視界がぐっと広がりますが、外国語の文献の場合は本文を読み込むのがまず大変なので、ハードルが高いと思います。そんな時、少しでも略号の知識があれば、抵抗感も薄まり、理解のレベルも1段階アップできるのではないでしょうか。

発表準備について:不安を減らすためのポイント(ナターリア)
実際の経験に基づいて、発表への緊張感を積極的な方向に活かしていくためのアドバイスをまとめています。服装の決め方、下見について、発表前からのリラックスの仕方、発表中に気をつけることなど、体験の中から生まれた工夫がとても参考になります。


⭐︎シリーズもの⭐︎(初回記事投稿日付順)
①修論体験談(みあ)
「文系LALAによる修論体験談」・今昔
修論体験談①ー不可欠だったなあと思うこと&環境面
修論体験談②ー個人の動機を突き詰める
修論体験談③-1ーなぜ「必要」なのかを考える
修論体験談③-2ー文献で「歴史」を辿る
修論体験談④ー研究と生活のつながり一例

4月にグローバルラーニングコモンズにて行ったLALAセミナーでお話ししたことをもとに、加筆してまとめた体験記です。手探り状態で進めた過程をそのまま書き出していて、結構泥くさい内容です。

②調査について(ナターリア)
調査について(その①調査の形式)
調査について(その②面接の手順)
調査について(その③調査のポイント)

社会科学専攻の学部・大学院生向けの内容です。専攻外の学生が読んでも、自身の携わる分野の研究方法と比較できて興味深い内容と言えます。アンケート調査とインタビュー調査の調査の手順や、インタビューの注意点をわかりやすく説明しています。質的調査の文献に触れる前の導入編として、実際に調査をやってみた後の振り返りとして読むのにもおすすめの記事です。

③はじめましてのご挨拶と研究の紹介(木村)
はじめましてのご挨拶と研究の紹介⑴ ~「音楽学」について~
音楽を「研究」する学問「音楽学」とはどういうものなのか、歴史的背景から多様性まで、専門的な情報を入れつつまとめられています。「音楽学」をよく知らない読み手の疑問や理解の度合いに沿う形で、順を追って丁寧に説明が展開されていて、柔らかな語り口にも安心できる記事です。続きが楽しみ!

**10月17日追記**続きを書いてくださいました。
・初めましてのご挨拶と研究の紹介⑵〜これまでの研究と行き詰った時の打開策〜

以上、計14記事をご紹介しました。
後期もLALAデスク業務の傍ら、地道にブログも更新してまいりますので、応援よろしくお願いします。

それではみなさま、よい夏休みを!