SPSSを使った統計解析をしたい方へ

20190624日(月)
こんにちは 月曜日午後を担当しています、中村です
梅雨ですね 傘をさしながら図書館の横を通る皆さんを眺めながら、
ブログを書いています

今日は、SPSSを使った統計解析についての本を紹介します。
卒論や修論で質問紙調査をやりたい!という方は、
まず「統計」という壁にぶち当たります。特に、文系は(笑)
数学が苦手な人が多いと思いますが、
実際に解析をする時はソフトが全部やってくれるので、
問題ありません
しかし、理論的なことを理解しようとした時、専門書では数式ばかりでよく分からない
途中で諦めた
という方は少なからずいるのではないでしょうか。。。

そこで、数学苦手な人でも分かりやすい統計の本をご紹介します!

LALA文庫I3
『すぐわかるSPSSによるアンケート調査・集計・解析』第5版 内田 治著
I3切り取り

この本の良いところは、
①アンケート調査の基本事項から解析方法までが一冊で分かる!
②例題が具体的で、実際の調査をイメージしやすい!
③SPSSの操作方法まで分かる!

一冊でここまで網羅してくれている本は、ありがたいですね。
「どんな方法」で調査をして、「どんなデータ」を取ると、何が分かるのか。
特に、「実際の質問項目にするとこんなカンジ」という具体例が載っているので、
数学が苦手な人もデータ収集から解析までの流れをスムーズに理解できます。
研究の調査設計に役立つ一冊です。

アンケート調査でどんなことが分かるのか、一冊で大体把握でき、
アンケート調査をしようかどうか、迷っている人へのオススメの一冊。



LALA文庫I4 
『SPSSによる統計処理の手順』第7版 石村貞夫・石村光資郎著
I4

アンケート調査をどんな人たちにするかは決めているけど、
どうやって質問紙を作ったらいいか、迷っている方へオススメの一冊。

質問紙を作る際、どうやって分析するかを先に考えることが重要です。
こういう分析をすれば、こういう結果を得ることができる
ということを先に知っておけば、
目的から分析までの流れをスムーズに考えることができます。

この本の良いところは、冒頭で、
こういうデータをとる → この統計処理を使うべき
何を知りたいのか → この統計処理を使うべき
ということが図示されていて、非常に分かりやすい!
自分のやりたいことに対して取るべき方法が整理されます。


最終的に、この方法で分析するというのを決めたら、
自分が使いたいと思っている統計手法の部分だけ、複数の書籍で確認するのがオススメです。
いくつかの事例を見ることで具体的なデータ収集から分析までのイメージがわきます。

統計処理を用いるには、勉強しなくてはならないことがたくさんあって、
大変だなぁと思われるかもしれませんが、
数字で明確に結果が出てきた時の爽快感はなんとも言えません。
最初から一人で解析するのは難しいので、
講義で知り合った先生や研究室の先輩に助けてもらうことも重要です。
諦めないで、是非チャレンジしてみてください!!

『プレゼンテーション・学会発表・授業発表」を控えたあなたへ』

20190613日(木)
こんにちは、木曜LALAの菰田です(゚∀゚)

きょうは、随分と知られた著書ではありますが、
LALA文庫から、こちらの本をご紹介します.゚+.(・∀・)゚+.

プレゼンテーションの技術

研究にとって、何が大切か、というと、そうプレゼン・・・

寡黙で実直で、内向的で、表現下手だけど、研究においては頭の切れる鋼の人。
というイメージのある研究者。

個人的にはそんなタイプの研究者は大好きです。
そして、そのタイプの方でも、研究を成り立たせていける世の中であるべきだと考えてもいます。

また、研究の短期間での’成果’を発表することが’社会的責務’のように一律に述べられることは、長期間を要する根源的な研究の存在意義を脅かすことへも繋がる••• 研究のあり方については、私の愛読書である永田和宏氏『知の体力』にも言及されています
この本についてはまたご紹介します!

しかし実際問題、研究を進めていくと必要になってくるのが、その研究の意義や成果について、周知をする能力。
そう、プレゼンテーション能力です

特に私の研究では、希少疾患を対象としているため、その疾患の理解を促進するためにも、
「研究を進めたら、それを世界に公表する」作業はいわば不可避。というより
それをしたいから、研究をしている側面もあります。

でもプレゼンテーション、というと、身構えます。
彼ら(マッキンゼー)のプレゼンテーションは基本的に「対価を得られるかどうか」がかかる異質なものでもありますし、マッキンゼーというと「1を100にもしてしまう、資本主義のてっぺん集団じゃないか!」なんて
思うかもしれません。

この本にさっと目を通して見ると・・・無駄がない情報の羅列で、
プレゼンに長けた人々がいかに「試行錯誤」をし「プレゼンに長けた状態へ」と自己構築していったのかが分かります。

実際のプレゼンテーションでまさにこうなんですよね・・・

「目的」「説得したい相手」「持ち時間」を明確にすることから、レクチャーは始まります。
あ、その前のイントロダクションでは、「プレゼンテーションの担当になってしまったことへの不幸」を受け入れることからスタートし、プレゼンの技術を’自転車に乗れるようになる’ことに例えていることも見逃せません。

そして、ここが肝要、リハーサルの重要性も説いています。「うまくやるため」ではなく「欠点をみつけるため」に。  
私がこの本で最も心くすぐられたセクションは「ユーモアを真面目に使う」。
建設的ではない ’ユーモアは不安の証’であることに気づいた筆者が自らの経験をもとに書いています。
とある学会に出席していた時に、まさに’よく分からないユーモアの乱用’にちょっぴりウンザリ感じてしまったことが…

真面目そうな雰囲気のドクターが(恐らく会場の笑いを取ろうと)本編とは関係のないギャグ?を数回言ったのですが、
ついつい・・・言いようのない気持ちになってしまった私。
確かに、人を惹きつけるには聞き手に楽しんでもらうことも重要だとは感じますが、「聞き手に受け入れられているか不安」から繰り出されるユーモアは、本末転倒感が否めなくなってしまいます。

ちょっと、視聴率が取れないと困るから、やたらとお笑いの方向に持っていこうとするドキュメンタリーを見てる感じ
(〃▽〃)

これは、気をつけなければいけませんね(って、そんな余裕すらないのですが)…(-∀-)

そして、最後にある
プレゼンテーション・チェックリスト
は、自分のプレゼンテーションをさらなるブラッシュアップへと導いてくれそうです

個人的にも、10月にメキシコの学会でミニプレゼンテーションを控えている身
今は他の作業に忙殺されていますが、8月(夏休みの準備期間)に入ったら、この本を再度読み直して
(その出来に悔いが残るのは仕方なし、としても)準備に悔いなきようにしていきたいと思います

自己紹介&Power Pointでの発表を控えたあなたへ!

20190523日(木)
はじめまして!この4月からLALAに新しく入った菰田です

現在、博士前期課程の2年生。発達臨床心理学を学んでいます

2年生になって、授業数は格段に少なくなりましたが、
私の在籍するコースでは、将来、臨床心理に携わるための準備として
(2018年に第1回目の試験が開催された国家試験「公認心理師」と「臨床心理士」の資格取得可能なコースのため)

学内に置かれている心理相談室に問い合わせのあった方へのカウンセリング(臨床実習)や、
医療・教育・産業労働・司法・福祉分野で実習(450時間)があります
さらに、今年度1月には修士論文の提出を控え、ぐわ〜っと交感神経が活発化する毎日が続いています!

まさに今、就職活動をしている人、公務員試験を受ける人、後期課程への進学を目指してより研究に本腰を入れる人など、それぞれが自分の可塑性を信じて切磋琢磨?している状態です。

私たち人間には危機的状況に立った際に生じる動物的本能「闘争・逃走反応」があるのをご存知ですか?
例えば、呼吸が荒くなったり、発汗したり、脈が早くなったり、という迫る危機に備えるための生体反応のことです。
私たち院生も、今まさに知能に加えて動物的本能をフル稼働して?それぞれの将来のために、局面に挑んでいる状況です

さてさてそんな状況の中で、先日「研究法」の授業の発表担当でした。臨床心理学は統計を活用した研究がベースとなりますが、この授業は、統計の基礎から応用、さらにその手法を使った研究論文を発表していくものです。

作りましたよ、発表資料のパワーポイントを。ゴールデンウィーク中に
さすがに院生活も2年目。「見る人にわかりやすい」「伝えたいことが数ミリ割増になるような」パワーポイントを心がけたつもり、です。

そして、発表が終わってすぐにこのLALAのバイトにきたんですが、見つけてしまいましたこの本を。
IMG_5773 20190523


発表の直後に

結論としては、見たかった、発表前に・・・
やはり、論理的に「どう見せる」かを学ぶことは、自前の「見えやすい分かりやすいであろう」理論を修正してくれます。
研究同様、発表資料やその内容には、客観的な視点が欠かせないですね。
そして、一度しっかりと基礎的知識を学んでおくと、発表への自信へと寄与してくれる気がしました。
ぜひ、手にとってみてくださいね!

他のLALAさん同様、実習に、研究に、授業に、学会発表に(プライベートに)と、スリリングな毎日の中で、様々な情報を発信していきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

#こもだ


LALA文庫紹介『学びを結果に変えるアウトプット大全』

20190515日(水)
こんにちは!LALAの小林です。

授業や読書や学会など、大学生活では新しいことを学ぶ機会がたくさんありますが、
「その割に学んだことが身についてないな〜」と感じることってありませんか?
本を読んでもすぐに内容を忘れちゃうとかよくありますよね?
私はあります。

というわけで、今回のテーマは「身になる勉強法」!
そのヒントになりそうな本をご紹介します。

IMG_8039.jpg

『学びを結果に変えるアウトプット大全』
樺沢紫苑 サンクチュアリ出版 [LALA文庫 F7]
※LALA文庫は館内利用のみです。



📖オススメポイント📖
●アウトプット→フィードバックで自己成長
本書はアウトプットのメリットを丁寧に説明していますが(第1章)、中でも重要なのは
・学んだことが記憶に残る
・フィードバックがもらえる

の二点でしょう。大学はフィードバックが貰いやすい環境
これはもうアウトプットするしかない!

●自分に合わせた勉強法を選ぶためのヒントが充実
「話す」「説明する」「書き出す」「構想をまとめる」などなど
今すぐ実践できるアウトプットのヒントが盛りだくさん。
特に、第3章には考えていることを書き出すときのアイディアがつまっているので、
論文やレポートがなかなかまとまらないという人は必見です!

●ツール別メリット・デメリット表が便利
デジタル作業とアナログ作業のメリットデメリット(p.154)や、
ホワイトボードとスライドのそれぞれの特徴(p.160)が表になっているのが便利!
私は常々「ノートをデジタルとアナログどっちでまとめるのがいいのかな〜」と悩んでいたのですが、
「全体を大雑把に捉えるアナログ。詳密、精密につめていくデジタル」(p.155)という感じで
ツールの使い分け方が説明されていてとっても参考になりました!




LALAではみなさんの学習に関するご相談を受付中!
考えていることや悩んでいることを「話す」のも大事なアウトプットのひとつです。
日々勉強をより充実させるアウトプットの場として、LALAデスクを是非ご活用ください!

#小林 #LALA文庫

LALA文庫紹介!『音楽の文章術 Writing about Music』

20190510日(金)
こんにちは🌺 新人LALA(金曜日担当)の、林いのりと申します(^∇^)
専攻は比較社会文化学(領域は表彰芸術論)で、博士後期課程1年生です。お茶大には修士課程からやってきましたので、今年で3年目です。お茶大について私も日々勉強中ですので、どうぞ宜しくお願いしますp(*^-^*)q

さて、今日は自己紹介代わりに?、私の専門である音楽学に関連した1冊をご紹介したいと思います。
特に、音楽分野で文章を書く方にお薦めですが、どの分野の方でも参考になる1冊だと思います。

LALA文庫 C-14
音楽の文章術 Writing about Music : An Introductory Guide
リチャード・J・ウィンジェル 著
宮澤淳一、小倉眞理 訳

Amazonリンク

一般図書にもあります (760.7/W76)

この本の凄いところは、

とにかく具体的!痒いところに手が届く。
本文よりさらに具体的!これさえあれば大丈夫、な巻末付録
英文での執筆作法についての知識がつく

です! 順番にご説明しますと・・・

①とにかく具体的!痒いところに手が届く。

音楽のような芸術分野は特に、受容するにしても発信するにしても、個人の感覚で判断するという性質が強いため、なかなか多くの「他人」に向かった、説得力のある文章を書くことは難しいです。
この本は、アメリカの音楽大学や普通大学の、音楽に関する授業での、論文やレポートの執筆方法について、非常に具体的に解説してくれています。例えば・・・

☆テーマの絞り方(どこまでリサーチすればいいの?)
☆情報収集の仕方(JSTORのような電子媒体にも対応した解説)
☆書式(良い例、悪い例)
☆言葉づかい(良い例、悪い例)
☆参考文献、資料の書き方

「テーマ設定」から「参考文献一覧表」まで、これに沿って書いていけばレポートが書けてしまう気がしてきませんか?(((o(*゚▽゚*)o)))


②本文よりさらに具体的!これさえあれば大丈夫、な巻末付録
本文だけでも素晴らしいのに、一見の価値あり!なのは巻末の3つに分かれた付録です。

付録A :レポートの実例
付録B :参考文献一覧の実例
付録C :レポート執筆に参考になるサイトや文献の紹介

実際の模範的な執筆例を、横に解説を加えながら示してくれています。
書式で混乱しがちな「参考文献一覧」は、アメリカを中心に広く採用されている、シカゴ・マニュアルに則っています。


③英文での執筆作法についての知識がつく
著者はアメリカ人ですので、「英語での執筆例」の添削が豊富にのっているところも、本書の大きな魅力です!そしてさらには!翻訳者による、「日本語の場合ではここに気を付けて」という注釈までついているのです。1例をご紹介します♪

☆ アドバイス「装飾語に依存してはいけない」
  ➡ 副詞(somewhat, virtually, literally, perhaps、等)を減らすと引き締まった文章になる。
!日本語の場合
  ➡ 強調の修飾語は不要。非常に、極めて、決して~ではない、等は削った方が、主張の説得力が増す。

このように、英語と日本語両方の執筆作業を助けてくれるのです!


長くなりましたが、出会いが早ければ早いほどお得な、それでいて私のような博士後期課程の学生にも大変参考になる1冊です
ぜひ、気になるところを少しだけでも、LALA文庫に立ち寄って読んでみて下さいね。

#林 #LALA文庫