LALA文庫紹介:レポート作成の基本がわかる!入門書3選

20190806日(火)
こんにちは!LALAの小林です。
LALAのメンバーが日々紹介しているLALA文庫ですが、難易度や用途別にカテゴリー分けされているのはご存知ですか?
今回は「A. レポートや論文作成など、大学での学びに関するもの【入門】」の中から3冊ご紹介していきます。


A13『大学1年生のための伝わるレポートの書き方』都築学 [OPAC]
学術的な文章を書くために必要な勉強がわかる!
<こんな人にオススメ>
まだレポートを書いたことがない人、大学での勉強がどんなものか分からない人
●「調べる」「考える」「書いて伝える」の三部構成で、レポートを書くプロセスが語られています。
●具体的なテクニック紹介というよりは、レポート作成の流れを把握するガイダンス
身近な例え話が多く、文章も柔らかいため、学問の世界に初めて触れる人にも優しい。
【オススメコンテンツ】
第二章 批判的なまなざしを養う 審美眼を鍛える」(p.33-36)では、「前後読み」「パラパラ読み」「途中から読み」「積ん読」といった多読のアイディアが紹介されています。




A10『論文・レポートの基本:この1冊できちんと書ける!』石黒圭 [OPAC]
基本を押さえてレポート作成に必要な構成力と文章力を養う。
<こんな人にオススメ>
具体的に何をすればいいか知りたい人、文章が上手くかけなくて悩んでいる人
●第1部は、「問う」「調べる」「選ぶ」「確かめる」「裏付ける」「まとめる」の六部構成で論文作成の具体的な手順を紹介。
●第2部は、論文での文章表現を徹底解説。著者の専門が文章学なだけあり、初級者から上級者まで参考になる内容。
図解がとにかくわかりやすい!文献検索ツール比較表(p.35)をはじめ、出版物の学術レベル表(p.37)や論文の重要動詞一覧(p. 111)など、便利な表も満載。
【オススメコンテンツ】
「第2章 問うー目的」では問いを絞り込んでいくプロセスを具体例を用いながら詳しく解説。考えたいテーマが漠然としていて困っている人は必見です。




A9『資料検索入門:レポート・論文を書くために』市古みどり編著;上岡真紀子、保坂睦著[OPAC]
図書館での文献検索から、論文や新聞の検索方法までカバー!資料収集特化型の入門書。
<こんな人にオススメ>
欲しい資料がどこにあるかわからない人、文献検索ツールの使い方が知りたい人
●今回紹介した3冊の中で一番参考文献の書き方解説が丁寧(p.26-34)。
文献の種類と特徴を「何を調べるのに適しているか」という点から紹介。問いに合わせた文献検索のコツも掲載されています(p.66)。
●附録の「検索の手引き」では、フレーズ検索やワイルドカード検索といった検索規則のおさらいから、CiniiやGoogle Scholerなどツール別の使い方が丁寧に紹介されています。
【オススメコンテンツ】
「①ソーシャルメディアの中で最もよく使われているものは何か?(p.66)」という問いの答えを探すにはどんな文献を使えばいいかわかりますか?その答えは「6. 「?」と思うことを見つけるための情報収集(p.65-)」に。問いを深める文献探しの考え方が具体例と共に示されていますよ。



明日から本格的に夏休みが始まりますね。すでにレポート課題に取り組んでいる人も多いのではないでしょうか?
LALA文庫はどれも短く読みやすいものばかり。課題に困ったら是非読んでみてくださいね。
よい夏休みを!!

LALA文庫紹介『大学生の教科書 初年次からのスタディ・スキル』

20190730日(火)
火曜日担当の賀数です。
(顔)_page-0001
前期の授業もいよいよ終わりますね!
課題や試験等で忙しくされている方も多いことと思います。

今日は学部生の皆さんに向けた一冊を紹介します。

 今日の一冊 

『大学生の教科書 初年次からのスタディ・スキル』
 FD硏究プロジェクト編 関東学院大学出版会 (LALA文庫 No.A6)



大学での4年間での学びは長いようで、あっという間。
学期の振り返りも兼ねて、現在のあなたの学習度合いをチェックしてみませんか?

私は他大学出身ですが、お茶大生の自立した姿勢や、協同的な学び、
勉強熱心な風土に改めて感心させられることが多くあります

キャンパスライフをさらに謳歌するための、アイディアが見つかるかもしれません。

■各章タイトル
→おすすめポイント


■1章 大学ってどんなところ?
→「わたしの大学はこんな大学」を把握することで、今まで意識しなかった大学の魅力に気づくかも知れません。

■2章 授業を受ける
→授業の形式(講義、ゼミ、演習)に応じて、ねらいと学習スキルに違いがあります。履修計画や、シラバス閲覧の参考にしてはいかがでしょうか。

■3章 キャンパスライフを楽しもう
→4年間をデザインする:通常授業はもちろん、長期休暇をどのように活用するかも重要です。留学や旅行、サークル、ボランティアや資格取得など具体的な計画を立ててみましょう。

■4章 ノートをうまく書こう
→ノートのレイアウト事例が載っています。下線や囲みの効果や、概念図の活用、余白の使い方など参考になる部分があるかもしれません。

■5章 図書館に行ってみよう
→図書館の基本的な活用の仕方を振り返ることができます。また、コラム(p56)では、趣味の読書と勉強の読書の違いについて、読み方のコツも紹介されています。

■6章 レポートはこれで大丈夫
→迷わずスピーディーに進めるための、「資料の選別、読み込み、文献カード作成」「章立て」「出典の表示」等の基本を確認できます。

■7章 試験対策をしなくっちゃ
→大学で多い「論述型」の試験について、準備の仕方や本番の論述の構成のポイントも参考になるかも知れません。

■8章 ゼミ発表をする
→レジュメを用いたゼミ発表について、レジュメ作成の目的や段取りもわかりやすく示されています。

■9章 グループでプレゼンする
→プレゼンテーションが完成するまでの流れが、7段階に分け丁寧に説明されています。

■10章 ディベートで論理力を高める
→「論理的思考」「コミュニケーション能力」「表現力」を磨くための、視点、プロセスが示されています。

■11章 学生生活の目標をたてよう
→目標を頭の中だけではなくて、紙やデータで表現し、そして一定期間(ex.半年)過ぎたら目標が到達できたか振り返りをすることが重要です。目標シートが就職活動の際の「履歴書」「エントリーシート」につながっていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・

以上
皆さまの学生生活が、さらに充実したものになるよう応援してます( ^ o ^ )/

親切知的で面白い『映画で実践! アカデミック・ライティング』

20190712日(金)
こんにちは、月曜日11-13時と金曜日15-17時にLALAデスクにいます、ジェンダー社会科学専攻のジャニスです。

今回は2019年6月に新しくお茶大図書館に入りました、カレン・M・ゴックシク/デイブ・モナハン/リチャード・バーサム著,土屋武久訳『映画で実践! アカデミック・ライティング』 (2019、小鳥遊書房) のご紹介です。

LALA文庫では、B棚「レポートや論文作成など、大学での学びに関するもの【初級〜中級】」の最新追加分、B17の記号がついています。

大学の授業では、映画研究を専門としない授業でも、映画についてレポートを書くことを求められることがあります。しかし、あらすじでも、感想文でも、宣伝でもないものを書くとなるとどこから手をつければよいのか…これは、そんなときのお助け本です。

もちろん、今後映画を含めた映像メディアや舞台芸術や文学を研究していきたい人には、映画を題材にアカデミックな文章を書くうえで基本的な考え方が学べる一冊になっています。

本全体は3部構成です。

第1部は映画について書くことに特化するかたちで、何に着目して映画を「読む」のかを解説しています。第2章「映画を鑑賞する」に書かれているメモの取り方は、疑問を生み出すところから、プロットを分割し、ショット分析チャートを書く段階にいたるまで、大変詳しく親切に案内されています。メモ取りは職人技のようなところがあり、なかなか教わる機会がないので、こういう解説は貴重です。

第2部は書くプロセスについてです。アイディアの生み出し方から、主題の温め方、構造・構成の検討、推敲過程まで、映画研究に限らず、どの学問領域でも求められるアカデミック・ライティングの要素が詰まっています。長くないのですが (95-172) 、簡潔で的確なライティング・ガイドとして分野を問わず一読をおすすめします。

そのなかの第6章「映画を研究する」では資料の用い方が解説されています。なかに、こんな一節があります。

自分の議論をかすませることなく、資料が実際に自分のために働くようにするには、いくつかのステップがあります。第1に、テーマを自分自身でじっくり考えてみないうちに、図書館に行ったりネットで調べたりしないこと。研究を進めていくと、それが自分の考えに影響するのは間違いありません。ときには、自分の意見を取り下げることだってあるでしょう。しかし、テーマをある程度考えてみないうちに図書館に行くならば、たまたま最初に出くわした説得力ある議論に飛びついてしまうリスクがあります。(120)


これは意外と陥りやすい罠かもしれません。手元にスマホやパソコンがあったらネットで何でも調べられる時代です。映画の評価や分析もインターネットで見つけやすいものがあるからこそ、調べるまえにまずは考え、調べたあとにまた考える、というステップを意識してみることは大事なことだと思います。

最後の第3部は横書き、本の末尾から始まる充実の用語解説集。とくに映画研究を学び始めた人にとって、一度目を通しておいて損のないものでしょう。

お茶大図書館では、館内利用のみのLALA文庫 (B17) のほか、一般図書 (778/G54) の棚にもあります。ぜひ一度、手にとってみてください。

#LALA文庫 #ジャニス #レポート・論文

Excelとの上手なお付き合い♡

20190704日(木)
こんにちは、木曜LALAの菰田です。

Excel、初めて出会ったのはいつであろう・・・

企業につとめている間、パソコンに存在することは知っていたはずだ。
しかし、開いてみることはあっても、中途半端な形のマス目の集合体に縁はなかった。

そう、しっかりいじってみたのは、会社員ではなくなってからな気がする。
そう、確定申告が必要な身分になってからであって、まだ浅い付き合いなのかもしれない。

だから相思相愛、とまではいかない。

Excelという、なんだか馴染みのない言葉は、1回では覚えきれなかった。
しかし、その後知る。その近寄り難い名称が ’優れている’という英単語から生まれたことを。
なんだか気合いが入っている名前じゃないか・・・

そして、最近、私は日々、Excelと一緒にいる。
長い時間をかければ、この子は私に夢中になってくれるのか?

いや、違った。
アプローチを間違えた。

統計ソフトを用いようとしたら、縦軸と横軸を間違えていた。
痛恨のミス、、、というより、なんだろう、この初歩的な勘違いは。

そう、意外と質問紙調査の集計作業が楽しかった私は、「ふふふ〜ん」と作業を進めていた。
感覚で。(間違いがないよう、またデータの扱いには極めて細心の注意を払っているけど)

普段、マニュアルを見ずに、家電やOA機器を設置する人は要注意だ。

まずは、これを読んで、心を落ち着かせよう。

アンケート分析入門


そして、無数のデータ入力につかれたら、Excelとは別の付き合い方もしてみると良いかも

お茶猫

迷うより、慣れよ

#こもだ #LALA文庫

SPSSを使った統計解析をしたい方へ

20190624日(月)
こんにちは 月曜日午後を担当しています、中村です
梅雨ですね 傘をさしながら図書館の横を通る皆さんを眺めながら、
ブログを書いています

今日は、SPSSを使った統計解析についての本を紹介します。
卒論や修論で質問紙調査をやりたい!という方は、
まず「統計」という壁にぶち当たります。特に、文系は(笑)
数学が苦手な人が多いと思いますが、
実際に解析をする時はソフトが全部やってくれるので、
問題ありません
しかし、理論的なことを理解しようとした時、専門書では数式ばかりでよく分からない
途中で諦めた
という方は少なからずいるのではないでしょうか。。。

そこで、数学苦手な人でも分かりやすい統計の本をご紹介します!

LALA文庫I3
『すぐわかるSPSSによるアンケート調査・集計・解析』第5版 内田 治著
I3切り取り

この本の良いところは、
①アンケート調査の基本事項から解析方法までが一冊で分かる!
②例題が具体的で、実際の調査をイメージしやすい!
③SPSSの操作方法まで分かる!

一冊でここまで網羅してくれている本は、ありがたいですね。
「どんな方法」で調査をして、「どんなデータ」を取ると、何が分かるのか。
特に、「実際の質問項目にするとこんなカンジ」という具体例が載っているので、
数学が苦手な人もデータ収集から解析までの流れをスムーズに理解できます。
研究の調査設計に役立つ一冊です。

アンケート調査でどんなことが分かるのか、一冊で大体把握でき、
アンケート調査をしようかどうか、迷っている人へのオススメの一冊。



LALA文庫I4 
『SPSSによる統計処理の手順』第7版 石村貞夫・石村光資郎著
I4

アンケート調査をどんな人たちにするかは決めているけど、
どうやって質問紙を作ったらいいか、迷っている方へオススメの一冊。

質問紙を作る際、どうやって分析するかを先に考えることが重要です。
こういう分析をすれば、こういう結果を得ることができる
ということを先に知っておけば、
目的から分析までの流れをスムーズに考えることができます。

この本の良いところは、冒頭で、
こういうデータをとる → この統計処理を使うべき
何を知りたいのか → この統計処理を使うべき
ということが図示されていて、非常に分かりやすい!
自分のやりたいことに対して取るべき方法が整理されます。


最終的に、この方法で分析するというのを決めたら、
自分が使いたいと思っている統計手法の部分だけ、複数の書籍で確認するのがオススメです。
いくつかの事例を見ることで具体的なデータ収集から分析までのイメージがわきます。

統計処理を用いるには、勉強しなくてはならないことがたくさんあって、
大変だなぁと思われるかもしれませんが、
数字で明確に結果が出てきた時の爽快感はなんとも言えません。
最初から一人で解析するのは難しいので、
講義で知り合った先生や研究室の先輩に助けてもらうことも重要です。
諦めないで、是非チャレンジしてみてください!!