LALA文庫紹介 A14『 学生による学生のためのダメレポート脱出法』

20191203日(火)

こんにちは!
火曜日担当の賀数です。


(顔)_page-0001


現在は修士2年で修論執筆に邁進しております。

地元沖縄県での調査を伴うため、なんと先月まで移動とデータまとめに
追われており、ふと本来の研究目的を見失いそうになっていました。

お茶大で研究する意味は、これまで素朴に抱いていた自分の疑問を、
客観的に捉え、社会の課題とリンクさせて、学術的に論じていくことにあると考えています。

実際、研究指導会で先生方からご助言をいただき足りない部分に気づくことができました。
指導教員にも励まされ、いよいよラストスパートです。何とか頑張ります(^^)


さて
本日ご紹介するLALA文庫は


 今日の一冊 

『学生による学生のための ダメレポート脱出法』
 慶應義塾大学教養研究センター 監修 慶應義塾大学日吉キャンパス学習相談員 著 慶應義塾大学出版会 
(LALA文庫 No.A14)



おすすめポイント


①個別具体的でわかりやすい
基本的な体裁や、情報収集の仕方はもちろん、問いの深め方も対話形式で紹介されています。特におすすめの章「3ダメレポートを改稿する」(P131-148)では、2件の事例のビフォア・アフターが示されていて、完成形のレポートがイメージでき、改善点を把握しておけば効率よく書き進めることにつながると思います。


②大学の学習相談員の方の実際のお悩み相談をもとに作られている
例えば、資料検索の仕方に悩む学生は多いと思います。客観性・信頼性のある資料として新聞記事を活用する方法や、ウェブサイトの中でもPDFファイルに絞って検索するなどのアイディアも参考になります。


③レポート執筆までのスケジュール管理のノウハウも紹介
学部生は、多くの科目を履修しながら、サークルやアルバイトもこなし、レポート課題に取り組んでいるというのも少なくありません。複数あるレポートやテストの準備をどうやりくりするか時間割ウィークリースケジュールを示しながら見通しの立て方も紹介しています。



。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*+:。.。。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。

私たちLALAデスクでは、定期的にミーティングを設け、より多くの学生さんのサポートをするためにはどうしたらよいか、アイディアを出し合っています。


また、LALA同士も連携をとっており、より求める相談に対応できるよう、場合によっては専門性に応じたLALAを紹介することもあります。その点もどうぞ、お気軽にお声がけくださいね


この本は慶應義塾大学の学生支援の実体験をもとに執筆されており、私としては、学生さんのニーズを知るきっかけになりました


自分の求めているトピックをつまみ読みするだけでも、ヒントがもらえること間違いなしです


それでは年末年始も健やかにお過ごしください

#LALA文庫 #賀数

英語のプレゼンテーション

20191125日(月)
こんにちは月曜午後を担当しております中村です
秋も次第に深まってきましたね

早いもので、2019年も残すところあと1ヶ月です。
元号が平成から令和に変わり、消費税も改まり、大きな社会変化が感じられる一年でした。
皆さまにとって今年はどんな1年だったのでしょうか?
私は初の海外での研究発表を終え、ほっとしているところです

「英語でプレゼンってどうすればいいの?!」
というところから、下記のLALA文庫を講読いたしました
自身の体験も交えて紹介させていただきます。

LALA文庫 E8
「英語のプレゼンテーション スキルアップ術」田中 真紀子


オススメポイント
人前で話すことが苦手な人への良いアドバイスがある!
0からプレゼンテーションを組み立てる時のアプローチ方法が分かる!!
よく使う英語の言い回しがたくさん載っている!!!   
良いプレゼン(スピーチ)の事例がたくさん載っている!!!!


人前で話すことが苦手だと意識している人は結構いらっしゃると思います。
そんな方へ、大変具体的なアドバイスが記載されていました。
「なぜプレゼンテーションをするのか?」という本質を突き詰めれば、緊張はしない
ということだそうです
詳しくは本書7〜11ページをご覧ください。
ポイントは、「自分を中心に考えない」ことです

私たち学生にとってはアカデミックなプレゼンテーションを行うことが多いでしょうが、
0からプレゼンテーションを考える際のテーマの選び方、構成の考え方等、
具体的にどんな準備が必要かということも丁寧に書かれています。

そして、何と言っても
豊富な事例の多さ
がこの本の魅力でしょう!

場面ごとに使える英文表現が記載されていて、一般的な使い回しを知ることができます。
あいさつの表現、自己紹介、トピックの紹介、全体の流れをどのように説明するか、
といったプレゼンテーションの冒頭でよく使われる表現や、
結論、質疑応答の答え方まで大変参考になりました。
そのまま使える言い回しが盛りだくさんです

また、著名なスピーチ・プレゼンテーションの事例が何度も引用されており、
それに対する筆者の分析から「プレゼンテーションに必要なスキル」を考えることができます。
キング牧師の演説や、スティーブ・ジョブズ氏のビジネス・プレゼンテーションを
英語本文と和訳のセットに加えてどこが秀でているのかという解説付きで読むことができます!
学びの第一歩は「真似」から。
素晴らしいと称されるもののどこが素晴らしいのかを分析し、
自分の表現に活かすことができればこの上ないですね!


全体を通して、適宜英文の例示がある中で「プレゼンテーションとは何か」を考えられる構成になっていました。


プレゼンテーションをコミュニケーションだと捉えること、
「リポート・トーク」と「ラポール・トーク」を使い分けること、
プレゼンテーションとスピーチの違いを考えることなど
英語に限らず「プレゼンテーションをする上で大事なこと」がたくさん載っていますが、

英語でのプレゼンテーションと日本語でのプレゼンテーションの違い

を知っていることも重要です!
英語圏では不必要な謙遜は通じませんし、謙虚さと自信のなさは違います。
頭を「英語脳」に切り替え、別の人格になったつもりで堂々と発表しましょう。


実際に英語での発表を終えてみて感じたことは、
余裕をもってゆっくりと話せば、大体通じているようだ
たくさん練習しておいて良かった(緊張しなかった!)
固有名詞はできるだけ使わない
情熱は言語や国、人種を越えて伝わる
ということです。

プレゼン資料を用意するときに、
「共通の文化を共有していないということは用語が理解できないことがあるかもしれない」
ということに気を付け、できるだけ一般的で分かりやすい単語を用いるようにしました。
これは専門外の人の前でプレゼンをするときにも気をつけなくてはならないことですね。

そして、研究に対する熱意や情熱は言語や国、人種を越えて伝わるということを実感しました。
相手に研究内容の細部まで理解してもらうことも重要ですが、
「伝えたい」という強い想いを持つことで
一番大事な部分は技術を跳び越えて伝わるのだと知ることができました。


今回は原稿を用意してそれをそのまま読みましたが、
次回は原稿なしで発表できるように、英語力とプレゼン力を磨いていきたいと思います

LALA文庫紹介『書くための勇気 「見方」が変わる文章術』

20191120日(水)
こんにちは、LALAの小林です。
日々の勉強や論文に役立つ書籍を集めたLALA文庫コーナー。後期に入って新しい本が数冊追加されました!
今回はその中から一冊、私のオススメをご紹介します。

写真 2019-11-20 15 04 00
書くための勇気 「見方」が変わる文章術
著者:川崎 昌平
[LALA文庫:B18][請求番号816/ka97|opac検索結果]

今や、誰もがブログやSNSを通して文章を発信できるようになりました。そんな中で、文章を書くとはどういうことか、良い文章とはどういうものかを考えるというのが本書のメインテーマ。
論文やレポート作成について直接語られてはいないものの、批評=価値を伝える文章を書くために大切にしたいポイントが多数紹介されているので、アカデミックライティングの場でも参考になること間違いなしです!

おすすめポイント

●論文に必要な批判的思考とは何かを学ぶことができる
批評を書くということは論文やレポートに必要な批判的思考を持って文章を書くということでもあります。
本書では、そうした批判的思考が具体的にはどういうもので、なぜ大事なのかが具体例とともに語られています。
良い文章を書くための「テクニック」ではなく「考え方」が分かる一冊です。

●良い論文が何故良いのかがよくわかる。

本書の特徴は、良い文章を書くというゴールから逆算して、良い文章を書くために必要なテクニックや適切な方法を説明しているということ。
文献を読み込んだり、先行研究を調べたりといった一般的に論文作成に必要だと言われている様々な工程が、どのようにして文章をより良くするために役立っているかがよくわかります。

●論文を通して読者と交流するイメージが持てる。
本書では、批評を通して新しい価値を作り出したり、読者の思考を刺激したりする文章が良い文章だと言われています。これは学問においても同じですよね。
本書で紹介される文章術は、どれも読者へのインパクトや読者と筆者間の思考の交流を想定したものなので、自分の論文が他人に対してどんな影響を与えるのか想像しながら文章を書くことができるようになります。

特におすすめ👉「第1章 書く理由/批評の意味」「第2章 言葉を伝える/批評の準備」




これまで何冊かLALA文庫を紹介してきましたが、どの本でも「大事だ」と言われることは大体同じなんですよね。
読者を想像しようとか、意見と事実はしっかり区別しようとか……。
本書の新しいところは、そうした当たり前化した文章作成テクニックが何故良いのかがわかるところ。
テクニックやルールにこだわりすぎて、良い論文とはどんなものか分からなくなった時に読みたい本ですね!


そのほかにも、学習のヒントになるLALA文庫がたくさんありますよ。
勉強や研究に行き詰まった時はぜひ読んでみてくださいね。
LALA文庫一覧はコチラ

もちろん学習相談も大歓迎です。お待ちしております!

LALA文庫紹介:レポート作成の基本がわかる!入門書3選

20190806日(火)
こんにちは!LALAの小林です。
LALAのメンバーが日々紹介しているLALA文庫ですが、難易度や用途別にカテゴリー分けされているのはご存知ですか?
今回は「A. レポートや論文作成など、大学での学びに関するもの【入門】」の中から3冊ご紹介していきます。


A13『大学1年生のための伝わるレポートの書き方』都築学 [OPAC]
学術的な文章を書くために必要な勉強がわかる!
<こんな人にオススメ>
まだレポートを書いたことがない人、大学での勉強がどんなものか分からない人
●「調べる」「考える」「書いて伝える」の三部構成で、レポートを書くプロセスが語られています。
●具体的なテクニック紹介というよりは、レポート作成の流れを把握するガイダンス
身近な例え話が多く、文章も柔らかいため、学問の世界に初めて触れる人にも優しい。
【オススメコンテンツ】
第二章 批判的なまなざしを養う 審美眼を鍛える」(p.33-36)では、「前後読み」「パラパラ読み」「途中から読み」「積ん読」といった多読のアイディアが紹介されています。




A10『論文・レポートの基本:この1冊できちんと書ける!』石黒圭 [OPAC]
基本を押さえてレポート作成に必要な構成力と文章力を養う。
<こんな人にオススメ>
具体的に何をすればいいか知りたい人、文章が上手くかけなくて悩んでいる人
●第1部は、「問う」「調べる」「選ぶ」「確かめる」「裏付ける」「まとめる」の六部構成で論文作成の具体的な手順を紹介。
●第2部は、論文での文章表現を徹底解説。著者の専門が文章学なだけあり、初級者から上級者まで参考になる内容。
図解がとにかくわかりやすい!文献検索ツール比較表(p.35)をはじめ、出版物の学術レベル表(p.37)や論文の重要動詞一覧(p. 111)など、便利な表も満載。
【オススメコンテンツ】
「第2章 問うー目的」では問いを絞り込んでいくプロセスを具体例を用いながら詳しく解説。考えたいテーマが漠然としていて困っている人は必見です。




A9『資料検索入門:レポート・論文を書くために』市古みどり編著;上岡真紀子、保坂睦著[OPAC]
図書館での文献検索から、論文や新聞の検索方法までカバー!資料収集特化型の入門書。
<こんな人にオススメ>
欲しい資料がどこにあるかわからない人、文献検索ツールの使い方が知りたい人
●今回紹介した3冊の中で一番参考文献の書き方解説が丁寧(p.26-34)。
文献の種類と特徴を「何を調べるのに適しているか」という点から紹介。問いに合わせた文献検索のコツも掲載されています(p.66)。
●附録の「検索の手引き」では、フレーズ検索やワイルドカード検索といった検索規則のおさらいから、CiniiやGoogle Scholerなどツール別の使い方が丁寧に紹介されています。
【オススメコンテンツ】
「①ソーシャルメディアの中で最もよく使われているものは何か?(p.66)」という問いの答えを探すにはどんな文献を使えばいいかわかりますか?その答えは「6. 「?」と思うことを見つけるための情報収集(p.65-)」に。問いを深める文献探しの考え方が具体例と共に示されていますよ。



明日から本格的に夏休みが始まりますね。すでにレポート課題に取り組んでいる人も多いのではないでしょうか?
LALA文庫はどれも短く読みやすいものばかり。課題に困ったら是非読んでみてくださいね。
よい夏休みを!!

LALA文庫紹介『大学生の教科書 初年次からのスタディ・スキル』

20190730日(火)
火曜日担当の賀数です。
(顔)_page-0001
前期の授業もいよいよ終わりますね!
課題や試験等で忙しくされている方も多いことと思います。

今日は学部生の皆さんに向けた一冊を紹介します。

 今日の一冊 

『大学生の教科書 初年次からのスタディ・スキル』
 FD硏究プロジェクト編 関東学院大学出版会 (LALA文庫 No.A6)



大学での4年間での学びは長いようで、あっという間。
学期の振り返りも兼ねて、現在のあなたの学習度合いをチェックしてみませんか?

私は他大学出身ですが、お茶大生の自立した姿勢や、協同的な学び、
勉強熱心な風土に改めて感心させられることが多くあります

キャンパスライフをさらに謳歌するための、アイディアが見つかるかもしれません。

■各章タイトル
→おすすめポイント


■1章 大学ってどんなところ?
→「わたしの大学はこんな大学」を把握することで、今まで意識しなかった大学の魅力に気づくかも知れません。

■2章 授業を受ける
→授業の形式(講義、ゼミ、演習)に応じて、ねらいと学習スキルに違いがあります。履修計画や、シラバス閲覧の参考にしてはいかがでしょうか。

■3章 キャンパスライフを楽しもう
→4年間をデザインする:通常授業はもちろん、長期休暇をどのように活用するかも重要です。留学や旅行、サークル、ボランティアや資格取得など具体的な計画を立ててみましょう。

■4章 ノートをうまく書こう
→ノートのレイアウト事例が載っています。下線や囲みの効果や、概念図の活用、余白の使い方など参考になる部分があるかもしれません。

■5章 図書館に行ってみよう
→図書館の基本的な活用の仕方を振り返ることができます。また、コラム(p56)では、趣味の読書と勉強の読書の違いについて、読み方のコツも紹介されています。

■6章 レポートはこれで大丈夫
→迷わずスピーディーに進めるための、「資料の選別、読み込み、文献カード作成」「章立て」「出典の表示」等の基本を確認できます。

■7章 試験対策をしなくっちゃ
→大学で多い「論述型」の試験について、準備の仕方や本番の論述の構成のポイントも参考になるかも知れません。

■8章 ゼミ発表をする
→レジュメを用いたゼミ発表について、レジュメ作成の目的や段取りもわかりやすく示されています。

■9章 グループでプレゼンする
→プレゼンテーションが完成するまでの流れが、7段階に分け丁寧に説明されています。

■10章 ディベートで論理力を高める
→「論理的思考」「コミュニケーション能力」「表現力」を磨くための、視点、プロセスが示されています。

■11章 学生生活の目標をたてよう
→目標を頭の中だけではなくて、紙やデータで表現し、そして一定期間(ex.半年)過ぎたら目標が到達できたか振り返りをすることが重要です。目標シートが就職活動の際の「履歴書」「エントリーシート」につながっていきます。


・・・・・・・・・・・・・・・

以上
皆さまの学生生活が、さらに充実したものになるよう応援してます( ^ o ^ )/