LALAセミナーレポ「はじめての研究生活:大学院生に向けて」(後編)

20210524日(月)
皆さん、こんにちは。LALAのカンです。
週末はいかがお過ごしでしょうか。
さて、先週のブログの続きです!

文献検索ツール
主に以下の3つのツールについてご紹介しました。時間の関係で簡単にお話ししましたが、ご参考になりそうなLALAブロブについてご紹介しました。ご関心のある方は、ご一読ください!
① お茶大附属図書館HP:データベース、データリソース
https://www.lib.ocha.ac.jp/db_resource.html
新型コロナ禍で直接来館しなくても、キーワードで検索するだけで、国内外の文献がたくさん入手できます。
② お茶大附属図書館HP:ILL
https://www.lib.ocha.ac.jp/ill_guide.html
お茶大に所蔵のない図書や文献を取り寄せできます。
関連LALAブログ:http://ocha-lala.org/blog-entry-16.html
③ 外部リソース:Google Scholar
査読付き、査読なしについて注意し、慎重に引用することが重要です。

研究生活に必要な参考書

以下のLALA文庫およびお茶大附属図書館に所蔵のある3冊を中心にご紹介しましたが、それ以外にLALA文庫に置いてあり、参考になりそうな本はたくさんありますので、LALA文庫やLALAブログをご覧ください。
① No. C11 『研究計画書デザイン』増補改訂
研究計画書を書くときにはもちろん参考になると思いますが、テーマが決まらない段階から、文章レベルの研究計画書まで、色々ヒントやアドバイスが得られます。
特に新規性のある研究課題や研究計画を立てるために、どうやってテーマを立てていくのか、いろいろ参考になります。
また、専攻分野を問わず全ての分野に共通している書き方について、勉強できます。

② No. D1『留学生と日本人学生のためのレポート・論文表現ハンドブック』
私にとって宝物みたいな参考書です。論文を書くときにいつも近くに置いておきます。
表現のハンドブックですので、辞書のように調べられますし、日本語・英語両言語の説明があって対照的にニュアンスを比べられます。

③ No. B14『レポート・論文をさらによくする「書き直し」ガイド』
ある程度文章が整えられている段階で、もう一度内容を推敲したり書き直したりするときに自己点検をするための本です。具体的な修正案も提示されます!
関連LALAブログ:http://ocha-lala.org/blog-entry-186.html#more

新型コロナ禍の息抜きの方法
昨年から新型コロナの影響で世の中が大変なことになってしまって、私たちも以前の大学生活のように登校ができなくなったり、お家でオンライン授業を受けたり、家にこもっている自粛生活をしています。
私自身の昨年の生活を振り返ってみると、ちょうど今頃、パワーダウンした感じで効率がとても悪かったです。
でも、論文を書かないといけないし、授業を受けないといけないので、効率アップのためにいろいろ試してみました。 
皆さんももしかしたら同じような悩みを抱えているかもしれないので、自粛生活を少しでも楽しむ方法についてまとめてみました。

・マイペースで、ルーティーンを作る
・自分の専攻とは違う文献や図書を読んでみる 脳の活性化/発散思考
・猫背にならないこと。姿勢を正したり、PCやスマホから適度に離れたりしてみる
・観葉植物でリラックスした空間を作る 
・自分だけの空間を作る。物だらけの机はNG。机を整理整頓して頭をスッキリさせる
・生活リズムを崩さないよう、早めに就寝し、早めに起きる
・感染対策は大前提で適度に散歩する
・友達、両親とお喋りする。ストレス解消
    
以上の内容で初回のセミナーを開催いたしましたが、少しでも参考になれば嬉しいです!
次回のセミナーへのご参加をお待ちしております!


LALAセミナーレポ「はじめての研究生活:大学院生に向けて」(前編)

20210521日(金)
みなさん、こんにちは。
LALAのカンです。

5月19日に「はじめての研究生活:大学院生に向けてというテーマで、今年度の初回セミナーを開催いたしました!

新型コロナの影響で世の中が大変なことになってしまい、私たちの大学生活・研究生活も色々なことが変わりました。
以前のように登校できなくなったり、好きなように図書館や研究室で自習できなくなったりしてしまったことは辛いですが、自粛中になるべく充実した研究生活を過ごしたいと思っている方が多くいらっしゃると思います。

また、入学したばかりで、ドキドキしながら何もわからないうちに研究生活がスタートし、やりたいことがいっぱいあっても、どこから何をすれば良いのか、悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。
ということで、このようなテーマを設定して、これからの研究生活について一緒に話し合いながら考えられたらいいなと思っています。

当日は新M1の方、これから大学院に進学する希望のある学部生や研究生の方々が参加してくださいました。
ご都合がつかず、残念ながら参加できなかった方もいらっしゃると思いますので、こうしてセミナーについて報告させていただきます。
もし何かご意見やご質問がありましたら、是非コメントしてみてください!

当日は主に次の4つの内容を中心にお話ししました。
修士課程の研究生活の過ごし方(個人体験談)
文献検索ツール
研究生活に必要な参考書
新型コロナ禍の息抜きの方法


セミナーの配布資料はすでにMoodleに公開いたしましたので、ご関心のある方はご確認ください。
ここで簡単にセミナー内容をまとめさせていただきます。

修士課程の研究生活の過ごし方(個人体験談)
私自身の2年間の修士生活を振り返って、このような個人体験談の内容を作ってみましたが、「これは正解だ」「これで絶対的に行ける」のようなものではありません。
そのため、必ずしも同じ方法で進めていくわけではありません。
例えば、修士課程の一年目と二年目にそれぞれ何をすれば良いのか、修論はいつから書いたほうがいいのかを知りたい方に、ご参考までに、自分の経験を共有します。

M1前期は修論執筆のために専門知識を蓄積する時期だと思います。
個人的に、M1前期の時になるべく早い段階でやったほうがいいことは2点あると思います。
一つは、関心のある専門科目をなるべく多く履修することです。ただ履修しすぎると大変になるし、少なすぎるとM2の時に修論執筆と重なって辛いし、個人的には12〜14コ程度単位を取ったら、バランスがいいかなと思います。特に関心のある集中講義があれば、夏休みの時間も有効に利用できると思います。
もう一つは、自分で関心のある研究分野、特にこれから研究したい内容について、文系の場合は最低限50本程度の文献をレビューしたほうが良いと思います。レビューの時にただ読むだけではなくて、批判的に読んで、自分の思考を整理したら、これからどんな研究調査をしたいのか、どんな研究内容だったら新規性が高いのか、先行文献を読みながら考えておいたほうが良いです。

M1後期は修論執筆のために学術的文章力を高める時期だと思います。
M1前期の時にレビューした文献を参考にしながら、新規性を高めて研究計画書を書き直したほうが良いです。それと同時に、本調査に向けて、早めに倫理審査申請を準備しておいた方が良いです。倫理審査申請は研究分野によって異なりますので、指導教員の先生のご指示に従って準備しておいた方が良いです。基本的に審査手続きは数週間かかりますので、倫理審査申請が必要な研究調査の場合は、余裕を持って書類を準備しましょう。
倫理審査申請に関連するLALAブログがありますので、ご関心のある方は以下のURLへアクセスし、ご覧ください。
http://ocha-lala.org/blog-category-5.html

M2前期は研究調査実施・修論執筆の本番モードに切り替える時期だと思います。
修了に向けてM2の前期の時間を効率的に活用しなければならないと思っています。主に3つのことをしたほうが良いと思います。
一つ目は、早めに本調査を実施することです。質的研究と量的研究によって調査方法や調査実施期間が異なりますので、余裕を持って進行していくことが重要です。私自身の場合は質的研究のほうで、3ヶ月程度研究調査を実施したため、4月、新学期が始まったばかりの時すぐ調査を実施しました。ご自身の研究調査はどのくらい時間かかるか分かった時点で調査協力者を募集したり、調査実施のスケジュールを立てたりしておいたほうが良いです。
二つ目は、本調査が実施すると同時に、収集したデータに合わせて再度分析方法を精緻化することです。既存研究を参考
にして、もう一度分析方法の妥当性を検討します。ここで注目したいことは、手法がなく、自分が欲しい結果を作り出すような、恣意的に分析することはダメだということです。
三つ目は、少しずつ修論前半の内容を執筆し始めることです。研究調査を実施している途中でもいいし、データ分析の途中でもいいので、もし時間的に余裕があれば、少しずつ先行研究の内容をまとめたほうが良いです。そうすれば、M2の後期は少し楽になると思います。特に博士進学希望がある方は、M2前期の時間を十分に活用する必要があると思います。

M2後期は研究調査結果の分析と修論完成など、仕上げの時期だと思います。
結果の分析の際に常に妥当性と合理性を心がけて、必要に合わせて指導教員の先生に相談しておいたほうがいいと思います。
そして、修論を書く時は書きたいことについてどんどん書くので、途中で内容がずれたり、内容の一貫性にかけたりしてしまうので、書きながら既に書いた内容について、常にふりかえって確認したほうがいいです。
もちろん、第三者からの指摘も必要です。


続編は後日に公開いたします!

LALAセミナー「コロナ禍でもできる社会調査」#後半

20210422日(木)
こんにちは、前回に引き続き2月10日に開催したLALAセミナーのレポートです。
本セミナーは「コロナ禍でもできる社会調査」と題して、
こんな状況ではあるけれども、何かできることはないか?
を一緒に考えていこうという趣旨で開催しました。

当日は
1. できなくなったこと
2. 何と替えられるか
3. 長所&短所
4. 特別に配慮すべきこと
の順番にお話ししました。

そしてレポート#前半では3番までを書きました。
なので#後半では4番以降について振り返っていきます。



4. 特別に配慮すべきこと
ここでは準備編と実践編の2つに分けて確認しました。

準備編
・同意書にはオンライン実施ならではの確認項目を入れる
・協力者はどこでオンラインツールを使うのか、確認する
・ネットワーク回線の状況について確認する(場合によってはビデオオフへ)
・調査は知っている人から初めてスノーボーリング
・代替手段を常に用意しておく

さて、調査を行うためにはまず、調査に協力してくださる方に向けた
同意書」を準備し、同意が得られなければなりません。
同意書の書き方は、調査に関するさまざまな参考書が丁寧に説明しています。
が、オンラインでのインタビュー形式のものについてはおそらくほぼないでしょう。

ここで想定されるのは協力者のビデオのオン・オフであったり、
調査側がどういった環境下でオンラインにいるのか、
(協力者の話が外に漏れる心配がないことの保証)
録音をする場合の特別な配慮について、
(zoomの機能を使うのか、外部の機器を使うのか、その内容が流出しないための措置の説明...etc.)
などがあるでしょう。

対面と違って調査側がその場をコントロールしづらい
ということは前半でお話ししましたが
それは協力してくださる方にとっても同じです。
いつも以上に不安を感じる方もいるかもしれない中で、
できる限りの配慮を心がけた同意書を作成することが求められます。

また、調査を始めるにあたって、誰から話を聞くのか
をあらかじめ想定し、設定しておくことが重要です。
オンラインで実施する場合は、
特に協力者のプライバシーの確保や関係性の構築が困難です。
そのため元から知っている方から始めていくのが理想です。
その方からさらに知り合いを紹介してもらって、という方法をとれば
2人目の方も、全く知らない人よりは、信頼している〜さんからの紹介であれば
と、少しは安心できる材料になるはずです。

実践編
・関係性を築いた上で話せること、には慎重に
・zoom用のミーティングルームは協力者ごとに用意、ID/PWも個別に
・録音は外部の機能を使って行う
・記録用の音声/動画は鍵付きのUSBに入れ厳重に保管

オンラインでの打ち合わせや会議が増えることで一つの変化に気がつきました。
確実にオンライン上での会話が上手くなってきた。
なんなら気持ちの緩みさえ出始めている様な気がします。
簡単さからついつい相手への配慮が疎かになることも。

オンライン通話はPCや携帯の電源をオンにすれば、
いつでもどこでも会話がスタートできる非常に便利な方法です。
それでいてこれまでの電話とも異なって
会えないからその代替手段として「会う」ことが目的されています。
しかし一度立ち止まって考えてみてください。
実際には会えていないんです。

表情やその場の空気感というものまではうまく伝えてくれません。
これだけでも配慮の性質は異なっていて、
私たちの中で更新していかなければならないのに
この’会っている様な感覚’のまま
オンラインでしか「会った」ことがない人と交流していくのは
まだまだ付き合い方を考えなければならないことです。

このことは当然調査中にも気をつけなければならない点です。
外に出て、いろんな人と関わる中で、話が徐々に聞ける様になる
これが現実世界です。が、
パッと画面上に誰か人が現れると、
それだけのステップが本来あったはずのことを忘れがちです。
そういう意味で「関係性を築いた上で話せること、には慎重に
ということを調査中、念頭に置くことが求められます。

レポート#後半は1項目だけだった割には長くなってしまいました。
まだまだ周りにオンライン調査を経験した人は極めて少ないでしょう。
私自身実施したことはなく、周りにもいません。
ですが、今回セミナーで考えてきたことを振り返ると
コロナ禍では聞き取り調査など一切できない、、
と悲しくなるだけでなくてもいい、という気はしてきました。

今後も継続して新しい形の調査について皆さんと一緒に考えていければと思います(=゚ω゚)ノ
次回は電子リソースの使い方について記事を書きます!

#萌子 #セミナー

LALAセミナー「コロナ禍でもできる社会調査」#前半

20210420日(火)
みなさん、こんにちは。
LALAの萌子です。

今日はタイトルにもある通り、前年度に行ったLALAセミナーのレポートです。

2月10日(木)に「コロナ禍でもできる社会調査」と題したセミナーを開き、
当日は2名の方に参加いただきました。
セミナーを通じて私が考えたかったのは、
コロナ禍でどうやって社会調査をしていこうか?ということです。

当日はオンライン(ZOOM)で開催しました。
ビデオのオン・オフは参加者の希望に任せ、
発言する時のみマイクをオンにしてもらうようにお願いしました。
質疑応答の時間をどんと設けるというよりかは
参加者が少なかったこともあって
急遽、発言したい人が発言したい時にするスタイルに変更しました。

私自身TAをしている中で、あるいは同じ研究室の人の体験談から、
泊まりがけでの調査が中止されたり、、
調査ありきで立てていた研究計画をもう一度考え直さなくなったり、、
様々な壁に当たって悩んでいる方を見てきました。

個人的な話で言えば、私は海外をフィールドとしているのですが、
今年度2回予定していた海外調査はどれも延期(実質中止)になり
私自身も悩みが絶えない一年でした。

LALAは、こうした学業の悩みを一緒に考えていく、
そんな存在だと思っています。
この状況下で、まだ明確な解決策はないかもしれませんが、
それでも、少しでも考えが進んだり、クリアになる手助けができれば、
と思い今回はこのようなテーマでセミナーをしようと考えました。

これはあくまで今後卒論などのために調査を予定している
学部生をメインに想定しているので、物足りないと思う方もいると思います。
もし何か意見やコメントがあれば是非是非書き込んで共有してください。

当日の内容です。
1. できなくなったこと
2. 何と替えられるか
3. 長所&短所
4. 特別に配慮すべきこと
この記事では上から順番に振り返っていきます。



1. できなくなったこと
すでに触れましたが、新型コロナの感染拡大とともに、
私たちにはできなくなったことがあります。
同じことがもちろん調査においても起こりました。

調査といってもさまざまな手法があります。
大きく分ければ、2つ。
量的なもの(量を多くとってマクロに分析する)
質的なもの(量は少ないが一つ一つのケースを深く、ミクロに分析する)

今回私が想定しているのは後者の方で、
そこでは人との繋がりや関係性といったものが重要になってきます。
・聞き取り調査・・・対面での実施が難しい
・フィールド調査・・・訪問が難しい
・参与観察・・・上であげた理由のほかに、団体自体の活動が中止している場合も

もちろんこれらはとても残念な話ですが、一方、嘆いているだけにもいきません。
そこで私たちは上のような手段で掬い取れていた現場の声をどのような代替手段で引き続きできるのか、を考える必要があります。



⒉ 何と替えられるか
パッと思いつくようなところでいえば・・・
・電話
・郵便/メール
・オンライン
ですが、今回はオンラインツールに限定します。
できるだけフィールドワークの形と近づけたいからです。

さて、ここで問題が発生します。
電話や郵便、メールを調査の中で使用することはこれまでもありました。
それについて言及している調査手法の参考書なんかもあります。
ですが、オンラインとなると実は案外なかったりします。
もちろん、量的なアンケートなんかはグーグルフォームをはじめ
オンラインアンケートという形で多くの人が活用してきていますが。

そこでとりあえず、
オンラインでできる質的調査の長所と短所について考えてみることにします。
相手のことをよく知らないとうまい使い方も分かりません。

長所
・地理的な制約がなくなる
・資料等の共有が楽になる
・足労、交通費といった(協力者側の)負担が軽減する
・対面よりも話しやすい内容もある

短所
・協力者に出会いにくい
・ラポールの構築が難しい
・プライバシーを守る準備がしずらい
・機材が必要になる

オンライン調査の最大の魅力はなんといっても
地理的な制約がなくなる」ということではないでしょうか。
それは3つ目の協力者への負担ともつながります。

例えば私はフランスへ調査しにいくのに
往復の渡航費だけで何十万というお金が必要になります。
極端な話、それが全てオンラインでできるのであれば0円です。
こんないい話ない、と思うかもしれません。

しかし、オンラインツールができてから十何年、
その方法を取らず研究者の方々が現地へ赴いていたのには
それなりの理由があります。
それが短所にあげたような点です。

対面よりも話しやすい内容がある」点については
うまく活用ができるのではないか、と考えています。
私の場合で言えば、性的指向や性自認を理由に難民申請を行う人が対象ですが
それを理由に迫害を受けてきた人にとって、簡単に口に出せるストーリーではありません。
そんな時、オンラインツールであればビデオをオフにしても対話ができる。

ただしこの点も要注意なのが短所にもある
プライバシーを守る準備がしづらい」点です。
対面であればこちら側から、会う場所を確保できます。
その空間は調査者によってコントロールできます。
例えば一室を借りて行う場合、扉が開いていれば私が閉めることができます。

しかしオンラインとなるとそれが難しくなります。
会話をしている相手が一体どのような空間にいるのか想像がつきづらいです。
もしかしたら行く場所がなくて、自分の部屋もなくて
家族と共同で使うリビングで対応してくれているかもしれない。
そうなったら、協力したいと思ってくれた気持ちとは裏腹に
誰かに聞かれている意識から、深い話が聞けないでしょう。

さて、簡単に長所と短所を出してみました。
はじめよりはオンライン調査という相手について
わかってきたような感じがします。
最後に、じゃあ特別な配慮って何が必要になるんだろう?
ということについてお話をしました。

が、かなり記事が長くなってしまったので
ここからは後半編として木曜日にブログを書きます。
お楽しみに〜〜

今年度どういったLALAセミナーを開催してほしいか
アイデアがあったらぜひぜひLALAまでお願いします!

#萌子 #セミナー

【学部1~3年生さん向け!】2月3日(水) 12:30-13:00、LALAセミナー開催!

20210127日(水)
皆さん、こんにちは!
LALAの木村です。
今年もよろしくお願いいたします!
そろそろ後期の試験も終わり、慌ただしかった1年も終わりを迎えている頃でしょうか。。。
まだまだ寒い日も続きますので、体調には十分に気を付けて過ごしましょうね。

さて、本日はお知らせです!
昨年12月に引き続き、来月2月にもう一度LALAセミナーを開催することになりました!!

今回は、学部1~3年生さん向けです!
大学での初めての年を怒涛の年で乗り切ってくださった学部1年生さんには、
今年度のレポートを振り返ると同時に、ひとまずは今後の最終到達地点となる卒業研究を見据えて、
次年度からの学習に取り組んでいけるように、
学部2~3年生さんには、自分で問いを立てていく「研究・論文」に取り組んでいくに当たり、
これまでのレポートと違って求められることや必要になることについてイメージがしやすくなるように、
今回のセミナーを少しでも役立てていただけると嬉しいなと思います。

テーマや開催日時、参加方法は以下の通りです!

【セミナータイトル】学部1~3年生さん向け!レポートから論文へ~「問う」「調べる」「選ぶ」~
【日時】2月3日(水) 12:30-13:00
【参加方法】
Zoomを利用したオンライン開催です!
Moodleにログインしたら、トップページ左側の「マイコース」から「すべてのコース」を選択し、
「図書館」>「オンラインLALAセミナー」を自己登録すると、各回のセミナー詳細が見られます!
セミナーにご参加される方は、各回の「参加希望の方はこちらを開いてください」(はてなマークのアイコンがついてます)から、
投票を保存してください。

担当は木村です。
今回のセミナーは、昨年12月に開催したセミナーのアンケートに寄せられたご質問を基に構想しました。
前回同様、質疑応答の時間をたっぷり取って、
皆さんのお悩みや疑問を少しでも解決できる時間にできるようにしたいなと考えています。
是非皆さんのご参加をお待ちしております♪

#木村 #セミナー #卒論 #レポート・論文
スライド1