発表準備について:不安を減らすためのポイント

20180723日(月)
こんにちは。ナターリアです。

皆さん、発表の準備をする時、技術にこだわりすぎてしまうことはありませんか?パワーポイントの見易さ、機能やアニメーションの多様性なども大事ですが、やはり、発表は、有意義な時間の流れの中で、聞き手にメッセージを納得しやすく伝えることが最も重要だと思いませんか?

発表に関する文献は多くあると思いますが、今日は、私自身の経験を生かして、発表をする時にどこを気を付ければよいのかを考えていきたいと思います。

発表者は誰でも緊張感を持ち、不安になると思いますが、こうした緊張感などをどうやって積極的な方向に切り替えればよいのでしょうか。

1)まずはしっかり内容の準備をします。そして、予行演習(単独も聴衆の前も)をするのはオススメです。

2)服装をきっちり決めます。発表の時、余計な緊張感がないように、自分が心地よい服が一番好ましいと思います。ズボンにするかスカートにするか;気分に影響を与えると言われている色を黒にするか明るくするか、などです。

3)できれば、発表する前に、現場を見に行きます(少し早めに)。その時、自分が発表する姿を想像しながら周りを見ると心の準備になります。

4)頭が真っ白になるぐらい不安な時は、深呼吸をすると良いでしょう。1人でいられるところで5回ぐらい大きく呼吸して、ゆっくり吐き出すと心が落ち着きます

5)発表の舞台に出る前に、または出た時、聴衆を見渡してみます。その時、一番積極的に反応してくれそうな人(笑顔、相づちするなど)を見つけるといいでしょう。発表をしながら違和感を感じることがあれば、この人の顔を見ると落ち着きます。しかし、ずっと同じ人を見るとおかしい印象を起こす可能性があるので、やめましょうね。

6)言葉遣いも大事ですね。学術的な発表なら、よりレベルが高いことばを使うでしょうけど、一般的な人の前に発表する場合、より簡単なことばのほうがふさわしいと思います。後者の場合、専門な語彙はある程度避けたほうがかもしれませんね。

7)声の調整を行うこともお勧めします。なぜならば、緊張すると話すスピードが速くなったり、つまずいたりすることがよくあるので、いつもよりゆっくり話すとよいでしょう。

8)発表をする時、ジェスチャーを使うとより語りやすくなります。もちろん、発表に関係ない動きをやめたほうがいいのですが、適度にジェスチャをするのはよいでしょう。実は、身体を使って説明することは、ストレスを軽減する1つの方法です。

9)もし、発表をする時、説明の流れにつまずき、頭が真っ白になることを心配しているようでしたら、小さなカードを作った方がいいかもしれませんね。発表のテーマは基本的にいくつかの部分に分けられていると思います(例:問題点、調査の手順・分析・考察、結論、など)。こうしたカードには各部分に応じたキーワードを1つ・2つぐらい作って、巡りながら発表したら、もし、万が一流れにつまずきそうになったら、カードをこっそり見ると、キーワードから言いたいことが思い出せます

10)発表が終わると質問時間になります。その時も心配しすぎて頭が混乱し、なかなか質問内容を整理しにくい現象が起こる時があります。答えについて考える時間を作るために、まずは質問者に「ご質問ありがとうございます」などをいうのは有効的です。

11)もし、質問に対してどうしても答えられない状況が起こったら、笑顔で「時間の制限のためこの質問に答えるのは今の所困難ですが、よろしければ、発表が終わってからゆっくり答えさせていただきます」「今後の課題とさせていただきます」と言ってもいいでしょう。

以上、自分の経験を思い出しながら書いてみました。もし、使ってみた方がいらっしゃいましたら、是非ご意見を教えてください!私は毎週月・水曜日にいますので、よろしくお願いします

#ナターリア

修論体験談④ー研究と生活のつながり一例

20180705日(木)
いつもの癖で、スパっとまとめられずに長々と書いてしまいましたが、今回で完結といたします。
(これまでの記事はこちらからご覧ください)
修論体験談①ー不可欠だったなあと思うこと&環境面
修論体験談②ー個人の動機を突き詰める
修論体験談③-1ーなぜ「必要」なのかを考える
修論体験談③-2ー文献で「歴史」を辿る

今回お書きするのは、修士課程当時の生活全体と修論とのかかわりです。
まず申し上げないといけないのは、普通に考えたら、あまり褒められた例ではないということ。
こうしたほうがいい、という王道を示すというより、
もし王道を突き進めなかったら、こういう抜け道もありますよ、という一例としてお読みいただければ幸いです。

修論体験談①ー不可欠だったなあと思うこと&環境面
において、不可欠だった要素の三つ目として、修論に繋がる作業が、
「日常生活の中で実践でき、研究と生活が切り離されていなかったこと」
を挙げました。

■□■□■□■□
私は所属コースで扱うことがらとの「ずれ」に頭を抱えることがありました。

修士論文のテーマに選んだことがらを追究することと、所属コースのアドミッション・ポリシーには「ずれ」がある気がしていました。
なぜなら、専門ということになっている「児童文学」、その中でも特に「現代児童文学」は、一般の文芸作品とは分けて考えた方がいいのではないか?と思わざるを得ない側面を持っていたからです。

もちろん、所属コースの授業で学ぶ内容と、抱えているテーマとは、深いところで繋がっています。
ただ、一般的にイメージされる「日本文学」に属する作品に比べると、繋がっている場所を見つけるのに、とても頭を使う、エネルギーを使うなあという感じでした。授業で学ぶ「日本文学」のことがらと、テーマである「現代児童文学」のトピックを、どこでどう繋げるのか、が修士課程全体のテーマだったと言えます。

授業を受ける過程で、別の分野に出かけて、同じ分野の人と話しては、違う分野の人と話しては、テーマを抱える原因を作っているプライベートなことで、悩みっぱなしでした。
悩むことと混乱することに精力を注いでしまったため、単位は必要最低限をちょっと超えたくらいを取得するのがやっとでした。しかも、4単位は専攻外の集中講義、2単位は専攻の必修科目、2単位は他専攻の科目だったので、所属コースの科目の割合は相対的に少ないと言えます。
悩みそのものが研究の一部となりうる内容でなかったら、無事に2年間で修了はできなかったでしょう。

確かに、悩む過程でたくさん考えたことの一部は活きました。
所属コース生として求められる知識の不足分を、補えないながらも無理やり補って繕うスタイルでハッタリをきかせて乗り切れたのは、悩むことで頭のトレーニングをしたからでしょう。

ですが、知識や常識の不足は現在まで続く課題であり、逃げ切れるものではありません。
これからどう取り組んでいけばよいか、今でも気が緩むと頭の中がごちゃっとなります。
(これでいいのか、と問うほど足がすくんで動けなくなるので、あまり気にしないことにしていますが。)
■□■□■□■□
こういう修士課程生活を送った立場から言えることは、

○修士ならまだ失敗しやすいと思います
○自分の問題に取り組むツールとして研究を使っても許されやすいと思います
○だから、研究の支障となる性格面・メンタル面の欠点や懸念事項に取り組むなら今のうち!
○背伸びしすぎないで、入学時点で持っていたものをどう使い切るかって方向で考えるといいですよ!

ということでしょうか。

今回取り上げた例は、最初に書いたように褒められたものではありません。
しかし、どうしようもなくこういう生活になってしまった、ということが現実であり、そこから出発するしかないのです。
それでも、本人としては、「そこからでも出発できる」と思いたい。
そういう気持ちで一連の記事を書かせていただきました。

今回はこれで終わりです。お読みくださって本当にありがとうございました。

#みあ

はじめましてのご挨拶と研究の紹介⑴ 〜「音楽学」について〜

20180618日(月)
はじめまして!
今年度より新しくLALAのメンバーに加わりました木村です。
勤務開始から早2ヶ月が経ちましたが、まだまだ手探り状態…
学生の皆さんからいただく質問を一緒に考えながら、たくさんのことを学ばせてもらっています。
皆さんにより有益な情報を提供できるように、またより皆さんの考えや思いに沿ったお答えができるように、広く深い学びを実践していきたいと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします!

さて、今回がはじめてのLALA Tips投稿になりますが(緊張しています…汗)、
自己紹介を兼ねて私の研究についてお話ししたいと思います。

4月19日の記事にてすでにご紹介いただいていますが、私の専攻は「音楽学」です。

「音楽、学……!?」
「音楽を、”研究”するの…?」
「そもそもお茶大にそんなことやってるところがあるの?」

など、さまざまな”はてな”が浮かんでくることと思いますが…
あります、「音楽学」!お茶大に!

「音楽学」とは、英語で musicology、ドイツ語で Musikwissenschaftです。
Musik は「音楽」、Wissenschaft は「知識」といった意味ですが、
ここでわざわざドイツ語表記を挙げた理由は、まさに19世紀後半のオーストリアにおいて体系づけられていった学問だからです。
オーストリアの音楽学者グイド・アドラーGuido Adler(1855-1941)は、1884年に創刊された季刊誌『季刊音楽学』”Vierteljahrsschrift für Musikwissenschaft”において、初めて音楽学を体系的に論じました。
(”Musikwissenschaft”という語自体も、使われ始めたのは1820年代後半からです)
近代の所謂”科学的な”学問として語られるようになったのはこの頃からなので、そういう意味では比較的”新しい”学問と言えるかもしれません。

では、音楽を”学問”として考えるとき、どういった具体的項目が思い浮かぶでしょうか…
例えば、

・「音楽史」…音楽の”歴史”について研究する。
・「作品研究」…音楽の”作品”そのものを研究する。
・「音楽教育学」…音楽の”教育”について考える。

(項目の次元がバラバラですが、ひとまず分かりやすさのために。ご容赦ください)
このあたりは想像しやすいでしょうか。専門としていなくとも耳にしたことがある人は一定数いらっしゃるかもしれません。
しかし音楽の持つ様々な側面を考えるとき、もっと広がりが出てくるかと思います。例えば、

・音楽社会学
・音楽心理学
・民族音楽学
・音楽美学
・音響学

といったものが音楽学の分野・領域として存在します。
「音楽社会学」や「音楽心理学」はその名の通り、それぞれの学問領域の共通範囲に属していますし、
「民族音楽学」では、研究の対象が世界中の音楽へと広がります。
「美しい(良い)音楽とは何か」を考える「音楽美学」は、人文科学の究極とも言える「哲学」と切り離せない関係にありますし、
「音響学」は、音楽の物理的な側面に焦点を当てた、かなり”理系”寄りの領域と言えます。

ここに挙げたものはほんの一部ですが、このように音楽は、他の学問領域と結びついて様々な形・方法で研究されています。
「音楽学」の様相は、対象とする”音楽”そのものと同じく、実に多様なのです。
(その性質ゆえ、ここに挙げた分類も一例でしかありませんし、各領域の垣根もかなり低く、流動的と言えます。興味のある方は是非調べてみてください!)

では、この多様な「音楽学」を専攻として、私は具体的にどんな研究をしているのか…
次は、今までの卒論や修論での体験を交えながら、具体的な研究内容について少しお話ししたいと思います。
次回へ続きます!


#木村

修論体験談③-2ー文献で「歴史」を辿る

20180614日(木)
「なぜその動機が自分にとって動機となりえたのか(必要だったのか)」
「自分にそういうことを動機とさせる(必要とさせる)社会とはどのようなものなのか」
「社会では、そのことが、どうして、どのように必要なのか」

を探っていくことが必要、と前回お書きしました。

私個人の場合、上記の疑問点に辿り着いて初めて、当該テーマの歴史を押さえる重要性、あるいは、関連する歴史をテーマと絡めて考察する重要性に行き当たりました。
遅きに失した感はありますが、大事な発見だったので、今回取り上げたいと思います。

研究の過程として歴史を押さえることが必須ということは、卒業論文で学んでいました。
しかし、今から振り返ると、当時はただ必要だと教わっているからやっているに過ぎなかったと思います。

卒業論文の時と異なり、修士論文のテーマに選んだ事柄は、私の個人的な問題にとても近いものでした。
そのため、あらかじめ支持したい考え方や立場があり、その立場に沿って文献に目を通しているところがありました。

ある時点の著者の見解が活字になることで固定化され、保存されているものが「文献」であると私は考えています。
どんなものであれ、書かれたものは過去のもので、「歴史」の一部です。

しかし、読み手にとって、その本を読む契機となった体験や動機が、当人の心中であまりに生々しすぎると、読み手にとってはまさに今現在のリアルな問題であるために、「歴史」の一つとして検証する視点を失ってしまいます。
読み手にとっての答えを証明する部分だけを抜き出して読んでしまうことになりかねません。個人で読む分にはそれで問題ありませんが、研究という社会的な行為にはそぐわないものです。

一人の頭の中だけで組み立てられた認識は、いくら申し分ないように思えても、偏っている部分があると思います。なぜなら、その人があることを体験したり、体験を通して考えたりするようになった背景は、例外なく歴史の延長線上にあるからです。自分の考えを証明するためのものとしてではなく、考えの発生源を見直し、認識自体を更新するために、歴史を知ることは不可欠です。
したがって、過去に積み重ねられてきた先行研究も、「今」援用できるツールになりうるか、を見るに止まらず、どのようなものでも歴史的事実の一つとして捉える必要があります。歴史を扱った本だけではなく、新しい主張を提示しているようなものでもです。
当該テーマに関わる「歴史」を掴み、再考察することによって、

「なぜその動機が自分にとって動機となりえたのか(必要だったのか)」
「自分にそういうことを動機とさせる(必要とさせる)社会とはどのようなものなのか」
「社会では、そのことが、どうして、どのように必要なのか」


これらの疑問の答えを自分なりに定め、自分の中にあった問題を社会的なものとして再定義するために読むという姿勢が、「研究的に」テーマと向き合うための基本となります。

長々と当たり前のことを書きました。
私は気づくのがかなり遅かったのですが、気づいたことで、遅読なりにも文献に当たらなければ、と先行研究を追う目的意識がしっかりしたので、幸いでした。

追記)2018年7月2日
目的意識を持って先行研究を追うことができるようになると、今の領域で研究する意義も見えてきたりしました。
修論体験談①の記事の、「今の専攻領域の方法で研究する必要性を捉えたこと」に当てはまる部分ですね。
続けてこの問題について記事を書く予定でいましたが、別の機会に改めて掘り下げたほうがよいように思えたので、今回はとばします。
次回で一旦完結させます。


#みあ

修論体験談③-1ーなぜ「必要」なのかを考える

20180531日(木)
「専門領域と研究目的や動機、手法とのつながりの再確認」について今回は取り上げます。
個人的なレベルまで戻って動機を詰め直し、今度は実際に外に出せる形に落とし込む作業です。
この項目に関しては、体験を言葉にすることに難しさを感じています。
ですので、ゆっくり進めていく予定です。


・なぜ「必要」なのかを考える
「好き」や「興味関心」から始まった専門分野との関わりは、「好き」や「興味関心」から距離を置くことができた/置かざるを得なくなった段階で、見直しを迫られます。
あることがらに一定の関心を寄せ、関わり続けるためには、自分にとってそれが信頼でき、また必要であることが求められます。
最初は、信頼と必要性の根拠が「好き」「興味がある」でもよかったのです。

卒業研究では、自分でテーマや目標を設定し、専門領域の手法を用いて、少なくとも一定の結論を得るところまで追究することが求められます。
自分の選んだ領域や研究手法を「ツール」として用いて、自分が抱いている疑問(それは、ジャンル自体に関心を持った動機とも重なりがちだと思います)に挑む作業と言い換えることも可能でしょう。

「好き」という感情は感覚的なものです。「好き」でいる間はとても楽しいのですが、「好き」という感情が湧くきっかけとなっていく、奥底にある何がしかの背景まで遡ると、決して楽しんでばかりはいられません。

前記事までの作業は、「奥底にある何がしかの背景」を「個人の動機」としてつまみ直したところまでにあたるでしょう。

そこから、それでは「なぜその動機が自分にとって動機となりえたのか(必要だったのか)」「自分にそういうことを動機とさせる(必要とさせる)社会とはどのようなものなのか」「社会では、そのことが、どうして、どのように必要なのか」を探っていく必要があります。

ここからは、意識的に文献の力を借りましょう。

続きます。


#みあ