LALAセミナー3週連続開催 〜1・2回目のテーマはプレゼンです〜

20191114日(木)
LALAセミナー11月20日&27日

第70回目だったお茶大の学祭が有終の美で幕を閉じた今日、次なる大型企画がこのLALAセミナーと言っても差し支えないでしょう。
・・・しかも、参加に予約は要らず、無料なんです。こんなセミナー大人の世界には、あまりありません。
(場所はお茶大図書館 LALAデスク前=グローバルラーニングコモンズの辺り)
まずは1・2回目の宣伝を!

11月20日(水)12:40~13:10
「自分の研究」をプレゼンする資料作り
奨学金申請の経験から

担当は、林さん。火曜日の11-13時、金曜日の13-15時にLALAデスクを担当しています。
林さんは、比較社会文化学専攻・表象芸術論領域(音楽学)の研究をしています。
その中でも、専門・研究内容は 19世紀イタリアオペラについて。


今回は、ご自身の奨学金申請時の経験から、他分野の聴衆を含む場で、短時間でどうやって自分の研究をアピールしていくかについて語っていただきます。自分の研究をどう魅力的に説明できるかを考えることは研究意義について再考すること。それらをスライドにまとめて発表するための具体的なアドバイス満載のセミナーです。


林さんのセミナーに参加しないことは、痛恨のミステイクとなるに違いありません。。。


続いて、自分のセミナーの宣伝をするのは、かなり勇気のいることではありますが、以下に。

11月27日(水)12:40〜13:10
「プレゼン」する自分を好きになる

 プレゼンまでの葛藤と本番の乗り切り方

担当は、私、菰田。木曜日の午前にLALAデスクを担当しています。
人間発達科学専攻・発達臨床心理学コースに所属し、研究テーマは性分化疾患の臨床心理学的支援がメインです。
カウンセリング実習もしております。

さて、私はもともとテレビ局でキャスター兼記者をしておりました。楽しい仕事ではありましたが、毎日、もみくちゃになりながら放送に携わっていた記憶もあります。しかし・・・あの時、デスクたちが原稿をしっかりとチェックし、叱咤(激励?)してくれたこと。入社当時から映像編集にまで関われたこと。アナウンスに関しては普段は割とのびのび好き勝手にさせてくださっていたけど、肝心なことは指導してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。(と、回想をする場ではないですが・・・)要するに、毎日、すみずみまで自分(嫌な部分も)と向き合わざるを得ない状況でした。

そして、その後はフリーランスとして、ヒートテックで有名なあの企業のコンベンションMCを6年間担当させていただいてきましたが、その際に登壇されるゲスト・社長などのプレゼンを聞いていて思うのは・・・
’自分がやっていることを伝えたいのだ’’私は@@という理由で、このことを追求しているのだ’という、熱意の拡散。

プレゼンは、何はともあれ、’自分と向き合う作業’であることは間違いありません。
だからこそ苦しいですよね。
でも、その苦しい気持ちを、本番への熱量に(できる限り)変換させてしまいましょう!

といったことを、ワークショップ形式でお伝えしていきたいと思います。


それでは最後に、私がこの大学院に入学してすぐ開催されたLALAセミナーに参加してから、大切に筆箱の中に入れている文言を。
『あくまで個人的な意見ですが、修士論文の段階では、入学時点の自分の一段、二段上を目指すというより、入学時点の自分が持っている資源をしっかり把握し、活用しきることを考える。等身大でどれだけできるかを意識したほうが、気持ちよく楽しく研究できると思います。』

(配布された資料から抜粋。その時のLALAさん・・・拝借しました)

#こもだ #林 #セミナー







  

授業外でジェンダー論を学ぶ機会と『身体を引き受ける』読書会へのお誘い

20191018日(金)
こんにちは、月曜日11-13時と金曜日15-17時にLALAデスクにいます、ジェンダー社会科学専攻のジャニスです。

勉強仲間を見つけたいと思ったことはないですか? 大学の授業のなかでは学びきれないことを学びたい場合や同じような関心のある人たちとつながるにはどんな始め方があるでしょう。

今回の記事ではジェンダー論やジェンダー研究について知りたい場合を考えてみます。またタイトルにあるように学内サークル主催の『身体を引き受ける:トランスジェンダーと物質性のレトリック』読書会についてご案内します。

■ 本を使って学ぶ
ジェンダー論やジェンダー研究の入門書や概説書はたくさん出ています。
一冊まるごと読まなくてもかまいません。気に入った章をいくつか選んでみるところからスタートすることもできます。たとえば…

● 江原由美子, 山崎敬一編『ジェンダーと社会理論』(2006、有斐閣)367/J36
●『ジェンダー研究のフロンティア シリーズ』(2008、作品社)367/J36/1〜5
● ジェイン・ピルチャー, イメルダ・ウィラハン著 ; 片山亜紀訳者代表 ; 金井淑子解説『ジェンダー・スタディーズ』(2009、新曜社)367/P65(場所はリベラルアーツ資料LA5)
● 木村涼子, 伊田久美子, 熊安貴美江編著『よくわかるジェンダー・スタディーズ : 人文社会科学から自然科学まで』(2013、ミネルヴァ書房)367/Y79
● 千田有紀, 中西祐子, 青山薫著『ジェンダー論をつかむ』(2013、有斐閣)367.8/Se58


どの本もお茶大図書館にあり、それぞれの行の最後は請求番号です。お気づきのようにどれも、36「社会」7「家族問題. 男性・女性問題. 老人問題」の棚に並べられています(お茶大付属図書館では一般図書の棚のほか、図書館2階の一角の「ジェンダー研究所」の棚、またリベラルアーツ資料の棚などにあります)。当然その周囲にも関連する本が並んでいます。

開架式のよいところは、じっさいの棚を眺めて、興味をもったものを手にとって読むことができるところです。その利点を存分に活用しましょう。

棚を見ていると、たとえばこんな本にも出会うかもしれません。
● 伊藤るり, 坂元ひろ子, タニ・E・バーロウ編『モダンガールと植民地的近代 : 東アジアにおける帝国・資本・ジェンダー』(2010、岩波書店)367.2/Mo13
● ベル・フックス著 ; 柳沢圭子訳『アメリカ黒人女性とフェミニズム : ベル・フックスの「私は女ではないの?」』(2010、明石書店)316/Se22/73(場所はリベラルアーツ資料LA5)
● 河野真太郎『戦う姫、働く少女』(2017、堀之内出版)367.2/Ko76
● 斎藤美奈子『モダンガール論 : 女の子には出世の道が二つある』(2000、マガジンハウス)(2003、文藝春秋)367.2/Sa25
● 徐阿貴著『在日朝鮮人女性による「下位の対抗的な公共圏」の形成 : 大阪の夜間中学を核とした運動』(2012、御茶の水書房)367/So11

またお茶大ジェンダー研究所の『ジェンダー研究』はバックナンバーも含めてオープンアクセスになっています。http://www2.igs.ocha.ac.jp/gender/
たとえば、2019年7月31日刊行の第22号(通算39号)に掲載されている本山央子「武力紛争下の〈女性〉とは誰か:女性・平和・安全保障アジェンダにおける主体の生産と主権権力」[PDF]は国際関係の言説実践を読み解いていく手法が面白くおすすめです。

■ セミナーや講座を受講する
学内のセミナーや外部の講座を受講してみるのもありです。

気をつけたいのは、一般に参加にかかる料金と主催者の著名度は比例するものの、それらと内容準備の程度が比例しないという点です。有料や高料金だから親切だったり、有名であったり偉い人が講師だから充実していたり、大学でやっているから高度な内容を扱うわけではないですが、逆にいえば無料や低料金でも親身になって対応してもらえたり、世間一般では無名だったり偉くない人から議論に深く踏み込んだ質問にこれ以上ないほど的確な応答をしてもらえることもあります。市民団体がやっているから内輪向けのわけでもありません。

可能であれば参加を決める前に講師役の人の名前などで検索し、その人が書いた文章を少し読んでみるといいでしょう。逆に本や記事を読んだことがある人の講演会や講座に行ってみることもできます。

ジェンダー論や研究だけでなくフェミニズムの市民運動に関心がある人も多いかもしれません。(いま現在参加者が募集されているわけではないかもしれませんが)都内で比較的安価で学べる・つながれる場所にはたとえばこんな活動があります。

● ふぇみ・ゼミ~ジェンダーと多様性をつなぐフェミニズム自主ゼミナール〜 http://femizemi.blogspot.com/
● 「アジア女性資料センター」のユースグループ活動ページ http://jp.ajwrc.org/category/youth/youth_new

自主的な学びの場は、参加者が「お客さん」扱いされなかったり、講師役の人との関係も「先生-生徒・学生」のような上下関係が弱かったり、比較的幅広い世代の人に出会えたりすることも多く、大学とは違った刺激があります。

■ 読書会や勉強会に参加する
さまざまな場所で読書会や学習会、勉強会が開かれています。一般的な読書会は、指定の文献をそれぞれの参加者が事前に読んできたうえで、内容理解を深めたり他の人の感想や意見を聞いたりするものです。講演会などと比べ、少人数で能動的な学びの場になることが多いです。

お茶大学内ではGSFサークル主催で『身体を引き受ける:トランスジェンダーと物質性のレトリック』367.6/Sa53 という本の読書会が2019年11月19日 (火) 10:40- から企画されています。ジェンダー社会科学専攻の院生が中心になっているもので、ジェンダー研究、なかでもトランスジェンダー論やトランスジェンダー研究に関心がある人や、広く身体論に関心のある人におすすめです。続けての参加はもちろん、一回だけ、一部の回だけの参加も可能です。第2回11月21日以降は、木曜12 :30-14:30に予定されていて、2020年2月まで続きます。https://twitter.com/ochagsf

ほかに定期的に開かれており情報が一般公開されている読書会には、国際基督教大学のジェンダー研究所で毎学期2シリーズずつ開催されているものがあります。http://subsite.icu.ac.jp/cgs/event/bookclub/

ご自身の関心に近く参加可能な会を見つけるのはそれほど容易ではないかもしれませんが、読書会形式の勉強会はさまざまなところで開かれています。一つ目の会を見つけるとそのあとは数珠つなぎで見つかることがあるので、とりあえず参加できるものがみつかったら一度飛び込んでみるのもいいかもしれません。

ところで、ジェンダー論から少し射程を広げて視点をずらすクィア理論系の読書会はわたしもご紹介できるかもしれません。関心のある方がいたら、気軽にお尋ねください。

#ジャニス

7/17(水)13:00-17:00のLALAデスクはお休みです

20190717日(水)
おはようございます。

本日7/17(水)の13:00-17:00のLALAデスクはお休みします。
相談を予定されていた方、ごめんなさい。

本日11:00-13:00、明日7/18(木)と7/19(金)の11:00-17:00は
やっていますので、ぜひお越しください。

(前期LALAデスクは8/6までです)



【LALAセミナー】7/5金12 :20-12:50 引用と要約を使いこなす:レポート執筆ハンズオン・セミナー

20190701日(月)
こんにちは、月曜日11-13時と金曜日15-17時にLALAデスクにいます、ジェンダー社会科学専攻のジャニスです。

今週金曜日のお昼の時間にLALAセミナーを開催します。

レポートや論文を書く過程で、慣れるまでは迷いがちな引用と要約についてのセミナーです。

夏休みのレポート課題執筆前にルールを知っておきたい学部1-2年生はもちろん、3-4年生や院生の方も、復習をかねてお立ち寄りください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【LALAセミナー】引用と要約を使いこなす
〜 レポート執筆ハンズオン・セミナー 〜


今回のセミナーでは分野を問わず学術的な文章で、文献の一部を直接利用したい(引用)ときや、他の人の見解や先行研究の内容を手短にまとめて参照したい(要約)ときの約束事を学び、具体的な表記のバリエーションをいくつか紹介します。

あわせて第三者のデータから図表を作成したときの出典記載や、図版などの転載時に注意すべきことも一緒に確認しましょう。

日時:2019年7月5日金曜日
午後12:20から12:50まで
場所:LALAデスク前(図書館1階 グローバルラーニンズコモンズ)
担当:ジェンダー社会科学専攻 ジャニス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

● 関連ブログエントリー:
課題レポート執筆時、参考になるウェブサイト (2019/6/10) http://ocha-lala.org/blog-entry-165.html

LALAセミナー20190705

#ジャニス #レポート・論文 #セミナー

LALAセミナー報告 その2

20190520日(月)
こんにちは
LALAの中村です。

今日は、春のLALAセミナーの報告その2をさせていただきます!

春のLALAセミナー
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
報告その2
本日のテーマは、
「情報を活用せよ」
です!


皆さんは、学内の情報をどこから手に入れていますか?
ご存知の方には当たり前のお話かもしれませんが、
修士課程からお茶大へやってきた外部からの進学者にとって、
最初は分からないこと、慣れないことがたくさんありました。
以下、私がよくチェックする情報スポットです

①学内掲示板
サークルの情報なども多いのですが、
それにまぎれて集中講義、講演会、不定期開催のセミナー情報が掲示されます。
ちなみに、学生・キャリア支援課の掲示板ではアルバイト情報も掲示されています(余談ですが。)

②OchaMail
お茶大アカウントのメールアドレスに月2回配信されるOchaMail、
皆さん、チェックしていますか?
奨学金や公演の割引チケットの情報なんかも載っていたりするので、
意外と見逃せません・・・!

③HP、SNSなど
ちなみに、このLALA Tipsが更新されると、
「お茶大図書館Lisa」のTwitterにツイートされるので
是非チェックしてみてください。


さて、これ以外にもたくさん情報を得る手段はありますが、
私がもっともオススメしたいのは、


④他分野の知り合い、先輩からの情報
学内のつながりを有効活用するべし
ということです。
文系では皆独自の切り口と方法で研究を進めるので、
同分野の人であってもなかなか話しづらいことがあります。
他分野の人との会話には新しい発見があり、迷いが一気に解決する時もあります。
また、先輩から得られるオススメの講義情報や研究に関する情報も重要です。


ここでさらにポイントなのが、
1.どこで他分野の人と知り合うのか
2.どうやって情報を引き出すのか

この二点です。


私の場合、
1.どこで他分野の人と知り合うのか
  →共通の授業、学内アルバイト
2.どうやって情報を引き出すのか
  →常日頃から自分の興味関心を積極的に話す

という方法で、いろんな人から情報を得ることができ、
それが最終的には修士論文の執筆に大いに役立ちました。
自分だけで解決方法が見つからない時、
誰かに助言をもらうことで前に進める場合があります。
助言をもらえる関係性を作るためにも、
積極的に自分のこと(考え)を話す。
これがとても重要だと思います。


まずは、自分の考えを人に話すきっかけとして、
LALAデスクを気軽に活用してみてくださいね。

#中村