【速報】12月9日(水)、LALAセミナー開催します!

20201118日(水)
皆さん、お久しぶりです!!
LALAの木村です。

今年は色々な面で、これまでとは違う、新しいことの多い年になりましたね。
あっという間に、残すところあと1ヶ月ちょっととなってしまいましたが、
皆さま、いかがお過ごしですか?


世の中の流れを受け、今年度に入って以降、LALAの相談業務等も中止してしまっておりましたが…
なんとこの度!LALAセミナーオンラインにて!再開されることが決定しました!!

来月12月より、複数回のセミナー開催が予定されています。
いずれもお昼休みの時間帯を使い、皆さん授業でおなじみのZoomを用いたオンライン開催です!

このご時世で、お友達や先生とお話する機会も少なくなり、
気軽に学修の悩みを相談できる機会もなかなか減ってしまったのではないでしょうか。。

そんな時、皆さんに気軽に相談したり、悩みを解決したりしてもらえる場を目指し、
よくある学修のお悩みをテーマに、セミナーが開催されます。
各回、質疑応答の時間も設けておりますので、
皆さんぜひお気軽に!ご参加ください!!


そして!そのオンラインLALAセミナー第1回が早速!12月9日(水) 12:30-13:00に開催されます!!

今回は、学位論文提出が間近に迫った方々をメインに、
「卒業がかかった大事な論文…一体何から書いたらいいの!?」というよくあるお悩みにお答えして、
「論文の『書き順』〜”どこから”書く?〜」というテーマでお届けします!
(もちろん、学位論文提出学年ではない方のご参加も、大歓迎です!!)

当日のZoomリンクや配布資料等の詳細は、お茶大Moodleからご確認いただけます!
Moodleにログインしたら、トップページ左側の「マイコース」から「すべてのコース」を選択し、
「図書館」>「オンラインLALAセミナー」を自己登録すると、各回のセミナー詳細が見られます!
(随時更新予定です)
セミナーにご参加される方は、各回の「参加希望の方はこちらを開いてください」(はてなマークのアイコンがついてます)から、
投票を保存してください。

また、第1回のオンラインLALAセミナーについては、この記事にポスターも付けておりますので、
ぜひそちらもご覧ください。

担当はわたくし、木村です。
特に質疑では、皆さんの論文やレポートに関するお悩みを、気軽にお話ししていただける場を目指して準備して参りますので、
ぜひぜひ!皆さんのご参加をお待ちしております


それでは!今後開催されるオンラインセミナーにて、皆さまとお会いできますことを、
LALA一同、心より楽しみにしております♪

#セミナー #卒論 #レポート・論文 #木村


スライド1

LALAしおりコーナーが出来ました!

20191209日(月)
こんにちは月曜午後の中村です。
枯葉が散り一気に冬がやってきましたね
インフルエンザが流行り始める季節なので、うがい手洗い、予防を心がけましょう!!

さて、皆さん。
お気付きでしょうか。
図書館1階カウンターの正面にあるLALA文庫・LALAデスクの手前、
展示スペースをお借りして新しいコーナーが出来ました

しおりスペースその2

なにやら、柱の展示スペースがカラフルに。
近づいてみると・・・

しおりスペース

LALA作成、学習に役立つしおりコーナーです
可愛いデザインのしおりにお役立ち情報が載っています!
どうぞ、ご自由にお持ちください!!

私たちLALA(Library Academic Learning Adviser)は
皆さんの学習のお手伝いができるように、
授業期間の平日11時〜17時まで図書館1階グローバルラーニングコモンズにいます。
皆さんからの学習相談がない時はただ座っているわけではなく、
皆さんの学習に役立つ情報を日々集めています。

そんなお役立ち情報を発信するために、
学習に役立つしおりを作成してみました!

しおりは2タイプあります
学習Q&Aタイプ      LALA文庫紹介タイプ
学習Q&ALALA文庫紹介
なんと、Q&Aタイプは中国語のしおりもあります
中国人留学生のLALAさんが翻訳してくださいました!
裏に答えが書いてあるので、裏返してみてくださいね


しおりコーナーは一時的に展示スペースをお借りしているので
今後移動するかもしれませんが、
これからどんどんしおりの種類を増やしていく予定です
皆さんの学習に寄り添うことができれば幸いです
どうぞお気軽にお持ち帰りください。

7/17(水)13:00-17:00のLALAデスクはお休みです

20190717日(水)
おはようございます。

本日7/17(水)の13:00-17:00のLALAデスクはお休みします。
相談を予定されていた方、ごめんなさい。

本日11:00-13:00、明日7/18(木)と7/19(金)の11:00-17:00は
やっていますので、ぜひお越しください。

(前期LALAデスクは8/6までです)



【LALAセミナー】7/5金12 :20-12:50 引用と要約を使いこなす:レポート執筆ハンズオン・セミナー

20190701日(月)
こんにちは、月曜日11-13時と金曜日15-17時にLALAデスクにいます、ジェンダー社会科学専攻のジャニスです。

今週金曜日のお昼の時間にLALAセミナーを開催します。

レポートや論文を書く過程で、慣れるまでは迷いがちな引用と要約についてのセミナーです。

夏休みのレポート課題執筆前にルールを知っておきたい学部1-2年生はもちろん、3-4年生や院生の方も、復習をかねてお立ち寄りください。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【LALAセミナー】引用と要約を使いこなす
〜 レポート執筆ハンズオン・セミナー 〜


今回のセミナーでは分野を問わず学術的な文章で、文献の一部を直接利用したい(引用)ときや、他の人の見解や先行研究の内容を手短にまとめて参照したい(要約)ときの約束事を学び、具体的な表記のバリエーションをいくつか紹介します。

あわせて第三者のデータから図表を作成したときの出典記載や、図版などの転載時に注意すべきことも一緒に確認しましょう。

日時:2019年7月5日金曜日
午後12:20から12:50まで
場所:LALAデスク前(図書館1階 グローバルラーニンズコモンズ)
担当:ジェンダー社会科学専攻 ジャニス

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

● 関連ブログエントリー:
課題レポート執筆時、参考になるウェブサイト (2019/6/10) http://ocha-lala.org/blog-entry-165.html

LALAセミナー20190705

#ジャニス #レポート・論文 #セミナー

6/25(月)開催SCOPUS利用講習会、Mendeley利用説明会

20180607日(木)
とうとう梅雨の季節になってしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?

学部4年生や、修士2年目の方はそろそろ自分のテーマが決定し、テーマにそった研究論文を集めて、先行研究の整理をしていることと思います。
インターネットで論文をみつけて書誌情報を確認したり、論文のPDFファイルをダウンロードして読んでみたりすることがあると思いますが、皆さんはどのように文献整理をしていますか?

図書館のサイトに「学習・研究サポート>文献管理ツール」のコーナーがあるのをご存じでしょうか。
6/25に開催されるMendeleyについては、ここからも概要を知ることができますが、やはりPCを使って実習しながら説明をきくと、なるほどそうだったのか、そういう利用方法もあったのかということもありそうです。

このMendeleyのような文献管理ツールを利用すると、一度ダウンロードしたPDFファイルを一元的に管理することができるので、
「あの以前ダウンロードした、読まなければならない重要な論文のファイルはどこにいったかな?どこに保存したんだっけ?探すのも面倒だからもう一度検索してダウンロードしようかな...」
ということがなくなり、時間のロスもイライラもなくなって、とても便利です。

SCOPUSは学術文献データベースで、海外で出版された論文を入手するときに利用すると便利です。ここには幅広い分野の学術雑誌(18,000誌)に掲載された論文情報が収録されています。また論文の抄録や本文へのリンクがあるものが多数含まれています。1996年以降に出版された論文には、参考文献の引用リンクがあるので、関係している論文を探すのにも利用できます。

関心がある方は、ぜひ「SCOPUS利用講習会、Mendeley利用説明会」にご参加ください!

*******************************************************************
~概要&募集要項~
日にち: 2018年6月25日(月)

時間: SCOPUS利用講習会16:40 ~ 17:40
Mendeley利用説明会17:40 ~ 18:10

会場: ITルーム1(理学部3号館6階601室)
※身分証/学生証をお持ちください。

対象: 本学教職員、大学院生、学部生

定員: 先着70名(事前申込制)すでに40名以上の申し込みがあります。

申込方法: 6月20日(水)17時までに、下記問い合わせ先までメールでお申し込みください。
※件名を「SCOPUS講習会」とし、本文に氏名、ご所属(学年)を記載してください 。
※Mendeley説明会のみ参加する方は 件名を「Mendeley説明会」としてください。

○問い合わせ先 図書・情報課 学習研究支援担当 lib-support@cc.ocha.ac.jp