LALAセミナー3週連続開催 〜1・2回目のテーマはプレゼンです〜

20191114日(木)
LALAセミナー11月20日&27日

第70回目だったお茶大の学祭が有終の美で幕を閉じた今日、次なる大型企画がこのLALAセミナーと言っても差し支えないでしょう。
・・・しかも、参加に予約は要らず、無料なんです。こんなセミナー大人の世界には、あまりありません。
(場所はお茶大図書館 LALAデスク前=グローバルラーニングコモンズの辺り)
まずは1・2回目の宣伝を!

11月20日(水)12:40~13:10
「自分の研究」をプレゼンする資料作り
奨学金申請の経験から

担当は、林さん。火曜日の11-13時、金曜日の13-15時にLALAデスクを担当しています。
林さんは、比較社会文化学専攻・表象芸術論領域(音楽学)の研究をしています。
その中でも、専門・研究内容は 19世紀イタリアオペラについて。


今回は、ご自身の奨学金申請時の経験から、他分野の聴衆を含む場で、短時間でどうやって自分の研究をアピールしていくかについて語っていただきます。自分の研究をどう魅力的に説明できるかを考えることは研究意義について再考すること。それらをスライドにまとめて発表するための具体的なアドバイス満載のセミナーです。


林さんのセミナーに参加しないことは、痛恨のミステイクとなるに違いありません。。。


続いて、自分のセミナーの宣伝をするのは、かなり勇気のいることではありますが、以下に。

11月27日(水)12:40〜13:10
「プレゼン」する自分を好きになる

 プレゼンまでの葛藤と本番の乗り切り方

担当は、私、菰田。木曜日の午前にLALAデスクを担当しています。
人間発達科学専攻・発達臨床心理学コースに所属し、研究テーマは性分化疾患の臨床心理学的支援がメインです。
カウンセリング実習もしております。

さて、私はもともとテレビ局でキャスター兼記者をしておりました。楽しい仕事ではありましたが、毎日、もみくちゃになりながら放送に携わっていた記憶もあります。しかし・・・あの時、デスクたちが原稿をしっかりとチェックし、叱咤(激励?)してくれたこと。入社当時から映像編集にまで関われたこと。アナウンスに関しては普段は割とのびのび好き勝手にさせてくださっていたけど、肝心なことは指導してくださったことに感謝の気持ちでいっぱいです。(と、回想をする場ではないですが・・・)要するに、毎日、すみずみまで自分(嫌な部分も)と向き合わざるを得ない状況でした。

そして、その後はフリーランスとして、ヒートテックで有名なあの企業のコンベンションMCを6年間担当させていただいてきましたが、その際に登壇されるゲスト・社長などのプレゼンを聞いていて思うのは・・・
’自分がやっていることを伝えたいのだ’’私は@@という理由で、このことを追求しているのだ’という、熱意の拡散。

プレゼンは、何はともあれ、’自分と向き合う作業’であることは間違いありません。
だからこそ苦しいですよね。
でも、その苦しい気持ちを、本番への熱量に(できる限り)変換させてしまいましょう!

といったことを、ワークショップ形式でお伝えしていきたいと思います。


それでは最後に、私がこの大学院に入学してすぐ開催されたLALAセミナーに参加してから、大切に筆箱の中に入れている文言を。
『あくまで個人的な意見ですが、修士論文の段階では、入学時点の自分の一段、二段上を目指すというより、入学時点の自分が持っている資源をしっかり把握し、活用しきることを考える。等身大でどれだけできるかを意識したほうが、気持ちよく楽しく研究できると思います。』

(配布された資料から抜粋。その時のLALAさん・・・拝借しました)

#こもだ #林 #セミナー







  

LALAセミナー報告 その2

20190520日(月)
こんにちは
LALAの中村です。

今日は、春のLALAセミナーの報告その2をさせていただきます!

春のLALAセミナー
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
報告その2
本日のテーマは、
「情報を活用せよ」
です!


皆さんは、学内の情報をどこから手に入れていますか?
ご存知の方には当たり前のお話かもしれませんが、
修士課程からお茶大へやってきた外部からの進学者にとって、
最初は分からないこと、慣れないことがたくさんありました。
以下、私がよくチェックする情報スポットです

①学内掲示板
サークルの情報なども多いのですが、
それにまぎれて集中講義、講演会、不定期開催のセミナー情報が掲示されます。
ちなみに、学生・キャリア支援課の掲示板ではアルバイト情報も掲示されています(余談ですが。)

②OchaMail
お茶大アカウントのメールアドレスに月2回配信されるOchaMail、
皆さん、チェックしていますか?
奨学金や公演の割引チケットの情報なんかも載っていたりするので、
意外と見逃せません・・・!

③HP、SNSなど
ちなみに、このLALA Tipsが更新されると、
「お茶大図書館Lisa」のTwitterにツイートされるので
是非チェックしてみてください。


さて、これ以外にもたくさん情報を得る手段はありますが、
私がもっともオススメしたいのは、


④他分野の知り合い、先輩からの情報
学内のつながりを有効活用するべし
ということです。
文系では皆独自の切り口と方法で研究を進めるので、
同分野の人であってもなかなか話しづらいことがあります。
他分野の人との会話には新しい発見があり、迷いが一気に解決する時もあります。
また、先輩から得られるオススメの講義情報や研究に関する情報も重要です。


ここでさらにポイントなのが、
1.どこで他分野の人と知り合うのか
2.どうやって情報を引き出すのか

この二点です。


私の場合、
1.どこで他分野の人と知り合うのか
  →共通の授業、学内アルバイト
2.どうやって情報を引き出すのか
  →常日頃から自分の興味関心を積極的に話す

という方法で、いろんな人から情報を得ることができ、
それが最終的には修士論文の執筆に大いに役立ちました。
自分だけで解決方法が見つからない時、
誰かに助言をもらうことで前に進める場合があります。
助言をもらえる関係性を作るためにも、
積極的に自分のこと(考え)を話す。
これがとても重要だと思います。


まずは、自分の考えを人に話すきっかけとして、
LALAデスクを気軽に活用してみてくださいね。

#中村

LALAセミナー報告 その1

20190506日(月)
こんにちは!
LALAの中村です。
GW最終日のはずですが、お茶大は今日から授業が再開されましたね。
大型連休、皆さまどのようにお過ごしだったのでしょうか。

今日は、連休前に開催した春のLALAセミナーの報告をさせていただきます。
当日、お越しいただけなかった皆様にもお伝えしたい内容を、
何回かに分けて投稿していきますね。


春のLALAセミナー
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
報告その1
本日のテーマは、
「ゼロからどうやって研究計画を立てたのか」
です!


私は学部卒業後、社会人になった後にもう一度勉強をしたくて
大学院の舞踊コースへ進学しました。
理系→文系
農学→舞踊
という畑違いの分野から来たため、
勉強の仕方も研究の仕方もゼロからのスタートでした。
修士一年目の前期は右も左も分からず、
研究も進まず、苦しい日々でした(;д;)

今から振り返ると、研究がスムーズに行き始めたのは
研究方法を決める
研究対象を決める
この二つをクリアした後でした。

セミナーではどうやって私が①研究方法②研究対象を決めたのかについて
お話しさせていただきましたが、
今日は簡潔にポイントだけお伝えします。

この二つを決めるときにポイントになったのは、
「大学院への志望動機」
でした。
なぜ、大学院へ進学したかったのか。
何を、研究したかったのか。
自分の問題意識の根っことなる「志望動機」まで振り返ることで、
自分の興味関心からぶれずに研究方法・対象を定めることができました。

実は、これ、LALA文庫C11『研究計画書デザイン』に同じことが書いてあります。
本書は過去にナターリアさんが紹介してくださっています。
研究計画書デザイン
問題関心からテーマを絞っていくことに対して、本書では以下のように説明しています。

”自分の個人的な体験や経験の中での、ぼんやり漠然とした関心を、自分の将来の専門性へ少しでも近づけるために、その研究テーマへ向けて、自分を自分を極端に自覚化させ、意識化させていくという作業”=問題意識化

テーマを一つに絞り込むために

動機(なぜ)…テーマを選んだ理由
具体例(だから)…それを説明するエピソード
当面の結論(と考える)…自分の考えのまとめ

という手順を踏むと良いと書かれています。
この具体例が研究のオリジナリティに繋がっていくそうです。

本書の後半では論文の書き方についての指南もありますが、
是非研究生、修士1年目で
これからどうやって研究をしていこうかと考えている方々にオススメしたい一冊
です!


LALA文庫の紹介にも派生しましたが。
今回の報告その1のまとめは、
「動機から研究方法・対象を決める!」です。
まずは、自分の考えの中に深く潜って自問自答する時間が必要かな、
と個人的には考えています。

自分の考えを整理するために、人に話を聞いてもらうことは有効です。
考えすぎてよく分からなくなった時は、
気軽にLALAを訪ねてきてください(´∀`*)
いつでもお待ちしてます

【体験談付】学部1・2年生さん、LALAに来てみませんか?

20181126日(月)
こんにちは。みあです。
このところ、音楽の情報が盛りだくさんで、ブログが華やかになってきましたね☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

今回は、いろいろな物事を柔軟に吸収し始める歩み出しの時期に、指導や指南書のクッションとしてLALAをお使いいただけますよ、というお話です。

私事ですが、習い事で「無鉄砲で無謀だが飛び出していくことはできてハッタリが利く」性格が出ていると度々指摘されます。
それがLALAを始めてから今に至るまで、ずっと感じ続けてきたことに重なるなあと思い、書き出してみる次第です。

「無鉄砲で無謀だが飛び出していくことはできてハッタリが利く」性格がレポートを書くとどうなるか?
マニュアルも見ずにいきなり書いて失敗しながら覚える。つまり、歩いてあちこち障害物にぶつかりながら、歩き方を覚えるやり方ですね。
出しました、手書き指定でもないのに手書きのレポートとか、表紙のないレポートとか、ホチキスの向きを間違えたレポート…。

学部の1・2年生の間は、Web上の「レポートの書き方」情報を見ながら書いていた感じで、あまり意識的ではありませんでした。

その後、3年に上がってから、授業内でレジュメやレポートの形式面について手厚く教えていただく機会に恵まれ、少しずつ「形」を意識しながら、課題が出るままに場数をこなしてきた…という流れです。
大学生として珍しくない歩みなのではないかな? と個人的には思っています。

LALA文庫に置かれている紙媒体のマニュアル本がありますね。
当時はLALA文庫も知らず、いろんなところでおすすめされている本を一瞬手に取っても、難しすぎるように感じてしまい、「ええいやっちゃえ!」と落ち着きなく取り掛かってしまっていました。

振り返ると、学部生って忙しいと思います。
生活を自律させること、大学のシステムに慣れることに加え、大学の勉強の仕方、本の探し方、情報の取捨選択の仕方、そして情報のまとめ方まで!同時並行で身に着けて単位も取らねばなりません。
毎日必死にやっていると意識しにくいですが、これって結構大変なことですよ。

LALAの活動に参加させていただくことになってから、初めて本格的に紙媒体の「マニュアル」本を読むようになりました。
ぶつかって覚えてきたことの答え合せをしていくようでした。

そこで感じました。

体当たりでも、基礎基本の大事な部分、絶対に外せない部分を覚えることはできます。
なんなら筋も通せるようになりますが、やはり、フォーマットや、読みやすい書き方などの体裁、質をよりよくしていく最終仕上げの要素は、一度理論(=マニュアル)を体系的に勉強しないと身につきません。
授業の中で手厚く指導して頂くことができても、自分で意識的にならなければ根本的な力はつきにくいと実感しています。

右も左もわからないうちは、とりあえずできることをやっていくしかありません。
ただし、物事には全て裏と表があります。
レポートや論文においても、体系的に書き方を学ぶこと(理論)と、場数をこなし試行錯誤して覚えていくこと(実践)の両面が揃って初めて一つの技術です。
そういう意味で、もう博士後期課程生になってしまいましたが、自分の学業について「根付いて」いないと感じることは多々あります(学業を根付かせるために教育機関に所属している、というところではあるのですが)。
でも、たぶんこういう悩みは多かれ少なかれ、意識的にかそうでないかは別として、何かを学ぶ人間が抱えているものだとも思います。学生の持つ共通した課題なのではないでしょうか。

習い事では「無鉄砲で無謀だが飛び出していくことはできてハッタリが利く」のは良いとして、細部に気を配る繊細さを身につけましょう、とご指導を頂戴しています。
体当たりで覚えたことを多少なりとも提供できるとしても、あと欠けているプラスアルファをどう身につけて、あるいは補っていけばいいのか、LALAだけでなく学業や生活全体の大きな課題です。

いろいろな物事を柔軟に吸収し始める歩み出しの時期に、当時敷居の高かった指導や指南書のクッションになってくれるようなものがあれば良かったなあ、と、思います(ここで冒頭に掲げたテーマとつながりました)。

LALAのひとりとしても学生としても、全く完成形ではありませんが、だからこそ、過去の自分の状況、今の自分にあるものとないものから引き比べて逆算してアドバイスを差し上げることはできますし、内容の練り上げ方や整え方を一緒に考えることは可能です。
現在のLALAデスクは院生の方によくご利用いただいていますが、学部の1・2年生さんにもぜひ使っていただきたいなあと思っています。

#みあ

《学生協働WSレポート②》どうやって「協働」しますか?

20181018日(木)
今回は本格的に学生協働WSの体験記を書いていきたいと思います。

全体の流れについては、一緒に参加したLiSAの田村さんがまとめてくださっています。
学生協働ワークショップin東京2018

『図書館と「協働」って、どんなふうに関わっていると思いますか?』

という丸投げの質問を置き去りにして終わった前回記事でしたが、この問いは、WSを通して私自身が抱いたものでもあります。
LiSAの田村さんが記事の中でおっしゃっているように、団体ごとに本当に関わり方が「多種多様」です。

サークル、授業、ボランティア・・・という組織形態の違いからも、図書館サポート/ピアサポートという業務内容の違いからも生まれていますし、そういった団体カラーの背景には、言わずもがな、各大学のカラーも反映されているように思いました。

所属する人間に共通する「カラー」「雰囲気」を肌身で共有する同世代/近い世代が運営に関わることで、施設と利用者のつながりが強くなる、これはやはり、大学に在籍する学生が図書館業務に関わるメリットだと思います。

一方、「グループワーク」では、所属を越えた共通点があるなーとも思いました。
私のグループのテーマは、「大学図書館で”サンバ”はあり? なし?」でした。

当初から、2コの机を組んで1グループとされていて、自分の席の属する机によって強制的に「あり」「なし」の立場が決まっていました。私たちは自分の立場に沿って、理由づけを行い、ディベートを行うことになります。
結局、「なし」の立ち位置になった中にも、「個人的にはありだと思っている」とおっしゃる方もいて、「なし」で挙げられたデメリットを踏まえてメリットの方を詰めていく流れとなり、グループとしても「あり」でまとまりました。

驚いたのは、他の2グループも「あり」でまとまり、結局3グループとも「図書館でサンバ」「図書館で宿泊」「図書館でデザートサービス」という突拍子もない提案を「あり」と判断したことでした。

図書館サンバ

図書館宿泊

図書館デザートサービス


ホワイトボードを見ると、それぞれ、大学図書館としての役割・領分を損なわないようにしつつ、運営の幅を広げることで利用する層を厚くしていこう、利用者のQOLを上げていこう、という意識から話し合いが行われていることがわかります。
領分を守る、ということより、攻めの方向に素直に視点を向けていけるのは、学生だからなのかもしれません。
しかし、ただ年齢が低い、社会経験が浅いというだけではなく、毎日学生として生活する中で、図書館から遠い人々がいることを認識したり、自分の中でも図書館に近い気分の時・遠い気分の時とあったり、もっとこうなったら勉強がはかどるのになあ・・・と思ったり、そういった率直な認識の積み重ねが、グループワークを通して一気に引き出され、共感の中で作業が進んでいったように思います。

とっても基本的なことなのですが、みんな、「図書館という場所を居心地よく、幅広い可能性のある場所にしたいという思いが強いんだな。そうなっていく図書館の姿をイメージできるんだな」と実感しました。

私は学生として最年長だったのですが、楽しく図書館を利用する、ということはだいぶ昔に忘れてきたような気がしています。
勉強とか、課題のために本を借りるとか、だんだん目的がお堅くなってきて、次々に押し寄せる新しいことに圧倒され、本を読まないまま返したり、読んでもわけがわからなかったり、レポートがうまく書けなかったり、「図書館」にマイナスの回路がどんどんできてしまっている自分がいます。
実は今でも図書館に入るときは緊張して、肩に力が入ります(笑)

私個人は、そういう自分を反省材料にして、「居心地よく、可能性のある場所に」という思い方をしがちなのですが、もっとすんなり、「図書館って楽しい!調べるって面白い!だからみんなも楽しもうよ!」と言えたらいいなあ・・・と思いました。

WSのホームページでは、「学生協働」が以下のように定義されています。

”本ワークショップでは、学生協働を次のように定義します。
大学図書館において、学生同士あるいは学生と職員が 共通の目的のため、協力して共に活動すること
期待される効果:
1. 大学図書館の運営・活動の活性化がはかられる
2. 学生の図書館利用が促進される
3. 学生の学習支援につながる
4. 協働する学生自身、職員自身の成長がはかられる”

(2018年10月18日参照)

普段、上記引用にある「共通の目的」というのをなかなか意識しないでしまうのですが、根本的なところを言葉にすれば、やはり「楽しく図書館を利用する」ということになるのかなあと思います。

LALAで行なっている学習支援は、学生を図書館または学内または自宅の机の前で孤立させない、というところで目的に一役買っている、とこれまで私は思ってきました。
ですが、もっと積極的に「図書館って楽しいよ!」って言えたらいいですよね。
最初に『図書館と「協働」って、どんなふうに関わっていると思いますか?』と書きましたが、
つまり、『あなたは図書館とどのように「協働」したいのですか?』という問いに置き換えられるのかなと思います。

これは何も運営に携わる人間だけの問題でなく、利用する一人一人が考えていけたらいいことなのかな、とも思っています。
そういう訳で、ベタですが、もう一度問いを引いて結びとします。

図書館とどのように「協働」したいのですか?


#みあ