文献カードでの整理法

20170803日(木)
 いよいよ長い夏休みが近づいてきました。
普段、授業に追われて、なかなできない趣味の読書をしたり、読まなきゃならないのに”積ん読”になってしまっている本をぞんぶんに時間をかけて読んだりできる時です!

さて研究テーマが決まって、情報を検索して文献をそれなりに集めて、さてこれをどうしようとなる場合もあるのではないでしょうか?

以前、ちゃちゃさんが「先行文献の整理法」で文献カードについて紹介していましたが、具体的に「文献カード」ってどういうものなのでしょうか?と質問がありましたので、ここで私なりの「文献カード」を紹介したいと思います。

文献はレポートや論文を書くときに、注に文献タイトルとページを入れたり、論文末の参考文献リストに入れたりすることがあるでしょうから、書誌情報(著者名、本または雑誌のタイトル名、論文の場合は掲載されている本または雑誌名、雑誌の場合は巻号、出版社、出版年、ページ 等)は記録しておかないと、後でもう一度調べ直すことになります。書誌情報に加えて、内容、読んだ時の雑感をメモしておくと便利です。

■電子媒体のカード
(1)RefWorksなどのアプリを利用する方法
LALA文庫の本棚にRefWorksのマニュアルがありますので、ご覧ください。図書館のサイト(HOME > 学習・研究サポート > 文献管理ツール)からもRefWorksのサイトに行くことができます。

(2)Excelなどの表計算やデータベースのアプリを利用する方法

下で紹介する紙の文献カードの電子版をファイルにするようなことなのですが、電子ファイルの利点は、とりあえずで入力したデータを、あとから著者名順や出版年順、テーマ分類順にソートできるという点と、調べたい言葉で検索できるという点です。

■紙の文献カード
文具店でいろいろな大きさのカードが売られていますが、たくさん記入したいのならばA5のカード、最低限の書誌情報が入ればいいのならばA6でもいいかもしれません。カードの左側に書誌情報と内容、右側に自分なりのメモを書きます。
文献カード
著者名をカードの頭に出したのは、カードを著者名順に管理することを想定しているからです。場合によっては、先にテーマ分類で仕分けして、その中で著者名順に並べると、後で見やすくなると思います。またその文献の中で気になる言葉や文章があったら、カードの裏にメモ(掲載されているページも)しておいてもよいかもしれません。

紙のカードの長所は、パソコンやタブレットがなくても(例えば停電しても)利用できる点と、床にカードを並べてみて、あーでもないこーでもないと考えられる点でしょうか。

いろいろ試してみて、自分なりの文献カード整理法を開発してみてください。

では、楽しい夏休みをお過ごしください\(^o^)/。

#情報検索 #後藤

課題に使える情報源

20170703日(月)
こんにちは。LALAのマーヤです。

課題テーマの選び方の記事にもすでに書きましたが、レポートなどの課題を書くとき、様々なところから情報を集めるのが一般的です。情報源となれるものはいろいろありますが、今回はLALA文庫A9の『資料検索入門』を参考しながら、簡単にいくつかのものを紹介します。
また、紹介に続くマーヤの評価はあくまでも私の主観的な基準です。同じ情報源の種類であっても、ものによって評価は大きく変わることがありますので、いつも批判的に読んで、自分で判断してください。

 ☆テレビ・ラジオ・ウェブサイト
最新情報を手に入れます。また、皆さんがご存知のように、面白い情報がいっぱい発表されています。インスピレーションが必要なとき使ってもいいですが、特にウェブサイトは誰でも作れますので、専門性や信頼性に欠けるものが多いです。ご注意ください。

 情報の早さ:早い 詳しくない 専門性が低い 信頼性が低い 分かりやすい

 ☆新聞
世界中の出来事、話題になっていること、時事問題について調べたいとき使うといいです。情報はだいたい一日経ったら、記載されます。

 情報の早さ:1日後 情報量がやや多い 信頼性が高い 分かりやすい

 ☆一般雑誌・週刊誌
新聞と同じく話題となっていることや注目を浴びていることについての情報が載せてあります。特に週刊誌では出来事について詳しく解説されます。また、そのテーマについて専門家が記事を書いていないが、記者は専門家の意見や研究の成果を引用することが多いです。

 情報の早さ:1週間〜1ヶ月間後 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い 分かりやすい

 ☆学術雑誌
学術雑誌に載せてある論文は、専門家が長い時間をかけて、あるテーマについて詳しく調べた結果です。学術雑誌のスタイルに慣れるまで少し分かりにくいかもしれません。

 情報の早さ:半年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い やや分かりにくい

 ☆図書
専門家があるテーマについて学術論文よりもっと時間をかけて、もっと幅広く、もっと詳しく調べた結果です。このテーマについてのすべての情報が載せてあると言っても過言ではありません。

 情報の早さ:1年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い

 ☆公的資料
統計資料、科研報告書、白書、年報、議会資料、法令、裁判所記録などの公的機関において作成された資料です。最近、インターネット上で公開されているものが増えています。

 情報の早さ:1年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い

 ☆辞書・事典類
辞書には様々な用語の意味や定義が載せてあります。事典にはあらゆる分野の事柄についての情報が集約されます。多くの専門家が何年間もかけ情報を集めて、議論・検証した結果です。
 
 情報の早さ:1年〜 簡潔 信頼性が高い

どの情報源を使うのか課題によって違います。例えば、作文でしたら、新聞や一般雑誌でインスピレーションを探し、自分の意見を整理するだけで十分です。レポートでしたら、やはり図書や学術雑誌を使うことになります。

今回はいくつかの情報源を紹介しましたが、このような情報源にどうやってアクセスできるかはまた別の記事で説明したいと思います。

ではでは〜

#マーヤ

論文を書く前の準備

20170629日(木)
みなさん〜こんにちは!
LALAのちゃちゃです^0^

みなさんは卒論、修論を書く前にどの時期からどのような準備をされていますか。
学部4年生や修士2年生になってから論文について色々調べたりする方は多いかもしれません。
しかし、就活と時期がかぶったり、テーマがなかなか決まらなかったりして、あまり余裕はありませんよね。
なので、これから論文を書く予定のある全ての方に余裕を持っていただきたいです。

私から勝手なご提案ですが、一年前よりできることから準備をしてみてはいかがでしょうか。
→卒論、修論は【一年前から下準備】をした方が焦らずにゆっくり考えたり、探したりする余裕が増えます。

【下準備】というのはテーマを決める前に自分は何に興味があるのか、何を書けばいいのかを考えたり、何となく文献を検索したり、読んでみたりすることです。

余裕を持って準備をすることによって、テーマについて悩む時間が増えたり、検索する時間も先行研究をじっくり、ゆっくり読む時間も増えます。時間があれば精神的な余裕もきっと出てきます。テーマについて悩む時間、先行研究を検索する時間、先行文献を読む時間、様々な時間が一年前に出来ます。事前に下準備をしておけば、学部4年生、修士2年生になった時に精神的な余裕が生まれます。

みなさんにぜひ余裕を持って論文を完成させていただきたいので、以上私からのご提案でした。

byちゃちゃ

#ちゃちゃ

【失敗例と対策過去記事】レポートの失敗パターン

20170622日(木)
こんにちは。LALAのみあです。

今日は、私がレポートやレジュメを作成する時に、よくやってしまう失敗をご紹介します。
そして、失敗しないための対策に、役立つ記事をご紹介します。

まずは過去記事リンクから♬

【過去記事】
《レポート準備》
・ロシア語勉強は楽しくできる!(ナターリアさん)
・スケジューリングについて(マーヤさん)

《情報検索について》
カテゴリー:情報検索

・キーワードの選び方など
キーワードについて(マーヤさん)
検索式(マーヤさん)

・データベースの使い方
Ochanomizu Searchを利用してみてね(後藤さん)
データベース「Scopus」について(ゆ〜りさん)

《図書館でできること》
・カテゴリー:図書館サービス
文献取り寄せについて(ゆ〜りさん)

《便利な機能のご紹介(word)》
・カテゴリー:PCの使い方

《学習環境について(学内PCの使い方、wifi接続方法など》
・カテゴリー:PCサポーターより

続いて失敗パターンを振り返ってみたいと思います。
構想の段階から失敗への道が始まっています。
まず、課題が出て割と早い段階で、どのような作業をすればいいのか、それによって何がわかりそうなのか、何をはっきりさせればいいのか、基本的な部分を漠然と考えます。
その後で、さらにどのようなことまで調べれば、より充実するかも考えてみます。

反省ポイント1)とりあえず充実した形式を完成形と仮定してみます。

反省ポイント2)そしてここで一度満足してしまいます。
そして、提出期限が近づいて参ります。
まずは完成形を目指して調べようとするのですが、完成形は、プラスアルファの要素も当然多いので、調べようとしてごちゃごちゃし、調べていてごちゃごちゃしてきます。
焦ってどんどん完成形は削られていきます。
この時点で、まあ、基本形を押さえられれば、と考え、原点に立ち返ろうとします。

反省ポイント3)しかし、最初に思い描いていた基本形すら不十分だったことに気づいてしまいます。

つまり、その課題なり問題なりから見えてくる、本当に扱うべきテーマや軸は、ある程度調べを進めなければ見えてこない面があるのでした。

もちろん、最初の見通しが全く外れるわけではありません。しかし、全く当たっているわけではない。
だいたい最初に見当がつくのは、どういう作業を最低したらいいかということぐらいだと思います。
そこから何がわかるのか、さらに何を調べないといけないのか、そこから見えてくる、扱うべき・扱いやすい・落とし込みやすいテーマは何なのか、ということは、実際に動かないとわかりません。


反省ポイント4)本当のテーマがやっと見えてきた頃に、実際には締め切り直前になってしまい、曲がりなりにもまとめないといけなくなる。

すると、出来上がってくるのは、虫食い状態の基本的な軸+偏った枝葉末節が組み合わさった、手入れを怠っている木のようなものです。
結果、とても悔いが残る発表やレポートになってしまいます。


さてもう一度過去記事を見てみましょう。

【対策と過去記事リンク】
・実際に作業することを面倒がらない、恐れない
参考記事)ロシア語勉強は楽しくできる!(ナターリアさん)

・スケジューリングの見直し
参考記事)スケジューリングについて(マーヤさん)

・効率よく作業する→作業がサクサク進んで楽しくなる!
参考記事)カテゴリー:情報検索
キーワードについて(マーヤさん)
検索式(マーヤさん)

Ochanomizu Searchを利用してみてね(後藤さん)
データベース「Scopus」について(ゆ〜りさん)

・資料は早めに準備しておく
参考記事)カテゴリー:図書館サービス
文献取り寄せについて(ゆ〜りさん)

・wordを使いこなしてさっさとまとめる
参考記事)カテゴリー:PCの使い方

・大学を有効活用する(家にこもらない)
参考記事)カテゴリー:PCサポーターより


過去記事を読むと、上記の例のような失敗は予防可能だということがわかりますね。
備えあれば憂いなし、次は少しでも憂いが少なくなるように、ぜひこのブログも生かして作業されてみてください。

何かあったら、いつでもLALAデスクへどうぞ。

#みあ

【論文の計画・執筆についての過去記事まとめ】+大風呂敷のたたみ方

20170619日(月)
だんだん暑くなってきましたね。
夏、到来!
近づく夏休み、迫り来る期末課題、または中間発表、または提出締め切り、または卒論/修論のゴール、

天王山に足を踏み入れる前に、こちらで休憩がてら、先輩方が様々なご経験・視点から書かれた以下の記事をご覧になってみてはいかがでしょうか。
私も日々参考にしています!

【論文の計画・執筆についての過去記事】
《研究テーマ・研究計画》
・研究テーマの決め方(ちゃちゃさん)
・課題のテーマの選び方(マーヤさん)
・研究計画書の書き方(カンさん)
・卒論を書こうとしている方へ(ナターリアさん)

《文献調査や整理》
・先行文献の整理方法(ちゃちゃさん)


おまけ
*・゜゚・*:.。..。.:*・'・*:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*・''・*:.。. .。.:*・゜゚・*
私は、来年の1月の期日までに修士論文を提出できないと卒業できません。
しかし、そこまで順調にも行かないのです。

今年の2月、私は修士論文で明らかにしたいことを細分化してまとめてみました。

スモールステップ


この時は全部で120項目ぐらいありました。

「そりゃ、これ全部わかればいいよねー」という感じではありましたし、ぼんやり推測はできているけれど、根拠の見つけられていない事柄もかなり項目の中に混ざっているという状態でした。

しかし、項目が120もあり、しかも作業しなければならないことが多岐にわたり、頭がとっ散らかってパンクしそう…一人でプレッシャーに負けて作業が…進ま…ない(バタリ)という感じになりそうだったので、大風呂敷を畳み直すことにしました。

120項目まで書かなければいけなかったということは、それだけ頭の中に様々な情報、疑問、懸念、理想、期待etcが拡散してまとまりがなかったということで、そのテーマの中で、さらに調べたい情報が定まっていない感じ、軸がない感じだったんだなあと思い返されました。

色々考えたり、限界を思い知ったり、調べてみたりして、問題点や押さえておきたいところを18項目まで絞りました。

kaiteiban.jpg


色々な要素があったほうが、いろんな情報を調べて書き出せたほうが、論文っていいものに仕上がるのではないか、という気がついしてしまうのですが、それは初心者の欲というものなのかもしれません。

力量と方向性に応じてシンプルにまとめることを心がけたほうが、気持ちも楽になるし、調べるのも楽しくなるみたいです。

ただ、依然として行き詰まっている点も多く、18項目が頭の中でまとまらずにバラバラになってしまったので、指導教員の先生にご相談し、指針をいただきました。

最終形

最終的に、骨組みとなる4項目と、対応する方針や、方針に対する考え方などをまとめてA41枚におさめました。

いきなり何も考えずにやりすぎるとパニックになります。
しかし、ガチガチに考えすぎて追い詰められると、視野が狭くなるし、それはそれでパニックになります。

少しずつ情報を集めつつ、パニックになりつつ、頭の中を片付けつつ、高い理想を下げつつ、本当に知りたいことを吟味して、やるべきことを絞って、プランを身の丈に合わせていく。

本当はこの作業を修論提出の1年前にはできていることが理想だなあとしみじみ思います。
具体的な作業は、上にまとめたLALAの皆様がお書きになった記事を参考に進めてみてください!

漠然と文献調査や整理をしたり苦悩したりするのではなく、論文のプランを練っていくという明確な目的意識を持って行えると、最終学年になってからの研究がより充実したものになるはずです。

私もつつがなく淡々と素知らぬ顔で乗り切れるように、少しずつ作業を進めたいです。

#みあ