初歩的なレポートを書く(2)ー立場を相対化させる

20180123日(火)
前回は、小論文と読書感想文の性質を比べながら、レポートに求められる要素を考えました。

・小論文で課されるような、「論理的思考に基づいて、テーマに沿った、説得力のある文章を仕上げること」
・読書感想文で課されるような、「柔軟な視点を持ち、自分なりの思索を深め、課題に対してオリジナリティのある向き合い方をしてきたことを文章で表現すること」

この両方がレポートでは必要とされ、出発点は柔軟な視点や自分なりの思索、ゴールは、課題に対する論理的な追究と文章化とまとめられると述べました。

それでは、「柔軟な視点を持って思索すること」と、「課題に対して論理的に追究すること」の違いはどこにあるのでしょうか?
それは、一言で言えば、「自分の立場を相対化しているかどうか」だと思っています。

感想は、自分の感じたことを軸として展開できるものです。ですから、その文章の中で、自分自身の視点が絶対化されていて良いのです。
しかし、論理的な文章で自分の視点を述べる際には、具体的な根拠を示して立場を相対化する必要があります。
そうしなければ、客観的な見解としての説得力がないからです。

感想文が、中で展開される書き手の世界観に読み手を引き込み、共鳴させることを目的とする文章だとすると、
小論文などの論理的な文章は、自分の視点を読み手を含む外側の世界に投げ入れ、外側の世界にある具体的な事柄と関連づける文章と言えます。
別の事象との関連づけを行うことによって、自分の視点が自分の視点だけではなくなり、普遍性を持った事柄として読み手に認識される可能性が高まるのです。

もちろん、感想文などの主観的な文章でも、ある程度の論理的な組み立ては成されることと思います。
秩序がなければ文章として内容のまとまりがなくなり、読み手が理解できるものではなくなるからです。
しかし、多少の飛躍や、他者には想像できないような独自の関連づけが文章の味として評価されることもあるのが主観的な文章の特徴でしょう。

以上の事柄を踏まえて、初歩的なレポート課題に取り組む時に考えたいことを次回にまとめたいと思います。

#みあ

初歩的なレポート課題を書く(1)―小論文・読書感想文と比べてみる

20180104日(木)
あけましておめでとうございます。
2018年も、LALAデスクをどうぞよろしくお願いいたします。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
こんにちは。
これから、「マニュアル本を読んでも書き方に迷う」タイプのレポートの書き方を考えていきたいと思います。
いろいろなタイプがありますが、今回は、初学者向けの課題を想定して書き進める予定です。

レポート課題、と一口に言っても、字数・書式・テーマなどは様々ですよね。
指定された形式や書き方が変則的だった場合や、課題の自由度が高い場合には、どうやって書いていったらいいのか戸惑うこともあるでしょう。LALA文庫には、レポートの書き方を解説した本がたくさんありますが、それらの内容をどう応用して実際にレポートを仕上げていけばよいのか、難しいこともあるでしょう。

特に「レポートを書くこと」や「自分の考えを整理すること」自体を学ぶ段階で出る課題は、一般にイメージされるかっちりした「レポート」とは異なる場合も多いと思います。
読む文献が指定されていたり、専門書でなくてもよかったり、指定字数が少なかったり、論理的に掘り下げるというよりも自分自身が何を感じてどう思ったかを記すことが求められたり…。
高校までの作文の類とは確かに違いますが、入門編として、取り組みやすい課題の出され方がされていると思います。しかし、だからこそ「レポートの書き方マニュアル」にぴったり当てはまらずに、当惑してしまうのではないでしょうか。

高校までの作文の類と、初歩的、あるいは比較的簡潔なレポート課題を比べてみましょう。
作文にもいろいろありますが、小論文や読書感想文は、皆さん一度は触れたことがあってわかりやすいと思います。
両方とも、一定の「書き方」が決まっているものですが、小論文と感想文とでは「正解」が明確かどうかが違います。
小論文は「ここまで掘り下げられたらよく書けている」「この点を外していたらきちんと書けているとはいえない」といった判断基準がそれなりにはっきりありますが、読書感想文の場合、かなりあいまいです。
それは、小論文が論理的思考を養うことを目指すものであるのに対し、感想文は、特定の対象から想像を広げ、感性や思索など情操を育むためのものだからではないかと思います。

レポート類、特に初歩的な課題は、この両者の特性を折衷したような性質があるように私は感じています。

例えば小論文と比べれば、小論文よりもはるかに、「正解がない」あるいは、「正解の幅が広い」、あるいは、「正解と不正解の境界があいまい」なのがレポートです。小論文で問われる「論理的思考」には、「模範解答例」という教育的に定められた一応のゴールがあります。与えられた枠の中で、決められた通過点をクリアして書くことが、オリジナリティや自分らしさを主張するよりも先に大切です。
具体的には、課題に合った主題提示と、主題の内容を裏付ける根拠を述べることができているか、根拠に説得力があるか、発展性のある結論が示されているか、などです。
オリジナリティや自分らしさはプラスアルファともいえる要素で、与えられた枠にしっかり収まる形で展開される必要があります。

読書感想文は、本の内容に対してどう感じたのか、何を考えたのか、自分のどのような体験が想起されたのかなど、自分自身が本によって受けた影響について、体験的に書くものです。一般的な「正解」はありません。
もちろん、一定の説得力を持たせるために、文章に論理的な組み立てがあるのは望ましいことですが、まず大切なのは、自分自身の主観的な体験を掘り下げて整理して書くことです。本の批評などではなく、読書によってどのように成長期にある自己の内面が揺さぶられ、どのように変化が起こったのかを生き生きと書き出すことが期待されています。
もし読書感想文の質を問う場合に判断基準があるとすれば、ある特定の本を深く読み込んだ時に、誰もが至るであろう思索の地点のようなものに、辿り着くかどうか、とでもいったところでしょうか。

レポートは、「論理的な思考」やそれに伴う「説得力」が重視されるため、読書感想文よりも、書き出すことが求められている内容の範囲は限定的であると言えます。しかし、何かにとらわれることのない自分なりの視点を持ち、思索を深めることで「自分らしさ」や「オリジナリティ」を出すことが必要であることは、読書感想文と共通するものだと思います。

長くなってしまいましたが、レポートでは、

・小論文で課されるような、「論理的思考に基づいて、テーマに沿った、説得力のある文章を仕上げること」
・読書感想文で課されるような、「柔軟な視点を持ち、自分なりの思索を深め、課題に対してオリジナリティのある向き合い方をしてきたことを文章で表現すること」


この両方が求められるのではないかと考えます。

出発点は、柔軟な視点や自分なりの思索。ゴールは、課題に対する論理的な追究と文章化、とまとめることも可能かもしれません。

続きます。

#みあ

研究の「オリジナリティ」って何?

20171027日(金)
前回のゆ〜りのブログ記事:論文における「主張」とは何か、という記事の続きを書きたいと思います。以下の記事を読みながら皆さんも考えてみてくださいね。

研究とは、つまるところ、より良い目的を持って自分らしく生きるために、世の中で障害や障壁となっている課題を一つ一つクリアしていく作業なのだと感じています。自分らしく生きるために、社会の仕組みや制度はどうあるべきなのか、法律はどう制定されるべきなのかを考え、新しい考え方や概念を見出し、これまでの考えを刷新していく作業なのではないかと考えています。

そのためにも、やはり自分の問題意識やちょっとした気づきが大切なのです。それを頭の中だけに留めておかないで、まずは自分のノートに書き出してみることが大切です。文字にすることで客観的に見ることができ、新たな気づきや新しいキーワードを思いついたりします。そして、これらのキーワードに関連する著書や論文を探してみてください(探し方がわからない方は、図書館2階にLALAがおりますので相談してみてください)。

著書や論文を読んでいると、これはどうなっているのだろう、なんかこれは違うのではないか、実際はどうなっているのだろう、といくつかの疑問や思いが湧いてくることがあります。こういった疑問や思いを一つひとつ大切にしてみてください。そうすることで、自分がすべき研究や自分がやろうとする研究のオリジナリティが見えてきます。

ここまで書いていて思うのは、大切にすべきは自分自身の考えや思いなのだということです。先人が自分のやろうとしていたことをすでにやっているからもう自分はしなくていいではないのです。その分野で十分議論が尽くされていたのであれば話は別ですが、先人がやっていたことをちょっと視点を変えて、自分なりの観点でやってみるから研究は進歩するのです。先行研究ではここまでわかっている、でも問題解決に至っていないのはなぜだろうか。他にも課題があるのではないか、自分はこういう風にすれば解決するんじゃないかと考えている、などといったことを大切にするのです。その上で、自分なりの観点を支える先行研究を探すことも大切です。

こういったことを踏まえ、ぜひ自分独自の思いを大切に研究を進めていってくださいね!

今回はここまで書いて記事を終わりにしたいと思います。
また思いついたことがあれば次回以降に書いていきますね!

#ゆ〜り
                                        

Google Scholarの利用法(2):参考文献の作成に使ってみる

20171019日(木)
前回に引き続き「Google Scholarの利用法」です。今回は論文末に参考文献についてです。
Google Scholarの検索結果を見ると

スクリーンショット 2017-10-12 14.55.32

上の図にもあるように「」をクリックすると

スクリーンショット 2017-10-12 15.15.38

このように3つの書式で論文の書誌情報が表示されますので、参考文献リストを作成する時にここから情報を入手することができます。

以下の3つの書式で表示されています。
MLA Style(米国現代語学文学協会(Modern Language Association of America)が規定しているスタイル)
 →著者名.”論文タイトル”. 雑誌名(書体はイタリック)巻号 (出版年): ページ.

APA Style(米国心理学協会(The American Psychological Association)が規定しているスタイル)
 →著者名. (出版年).論文タイトル. 雑誌名(書体はイタリック), 巻号, ページ.

ISO690 Style(国際標準化機構 (International Standard Organization)が規定しているスタイル)
 →著者名.論文タイトル. 雑誌名(書体はイタリック),出版年,巻号: ページ.

微妙に出版年の場所や、ピリオド「.」、コンマ「,」、コロン「:」の使い方が違っているのがわかると思います。

マーヤさんの「引用・参考文献リストの書き方」に参考文献リストに必要な書誌情報と書式について書かれていますので、それも参考にしてみてください。

参考文献の形式は専攻分野や雑誌によって異なるので、雑誌に投稿する場合は執筆要項をよく読んでおくことが重要です。特に参考文献の書式が決められていない場合は、自分の参考文献リストの中で統一する必要があります。

RefWorksのような文献管理ツールを使う方法もありますが、データベースソフトで参考文献のデータベースを作成しておくのも良いかもしれません。

LALA文庫(B12:図書館請求記号816/W46)にある『大学生のための論文・レポートの論理的な書き方 / 渡邊淳子著』研究社(2015)の83〜87ページも参考にしてみてください。貸出中になっていても、この本は電子ブック(利用期限:2017/11/17←ただし期限付き!!)でも読めます。

#情報検索 #後藤

論文における「主張」とは何か。

20171014日(土)
こんにちは!LALAのゆ〜りです。
急に冷え込んできましたね。皆さん寒さ対策をしっかりして風邪などに気をつけてくださいね。

今回は論文における最も難しいテーマ、自分の論点をいかに主張するかについて考えてみたいと思います。この点に関しては、まだまだ自分も道半ばですので、みなさんと一緒に考えていければと思っています。

まず、「主張」とは、こんな論点を主張しなさいと誰かが教えてくれるわけではありません。自分が普段の社会生活などで疑問に思っていること、もっとこうしたらいいのにと思っていることなど、何らかの自分の違和感(問題意識)を大切にし、その芽を育てていく必要があります。「一般的にはこう言われているけど、なぜそうなるのだろう」といったまだ明確に解明されていないことや、「この問題に関してこういった意見とああいった意見があるけど、どちらが本当なの?」と疑問に思ったことがあれば、それを大切にしていくのです。

つまり、自分の「主張」とは、自分の中にある明確な問題意識が前提にあってできるものなのです。そこで初めてこれまで他の人たちはその問題をどのように考えてきたのか、すでにどこまで解明されているのかなどを先行研究から探っていくのです。そのうえで、改めて自分の考えを掘り下げ、練り上げていく作業を行い、まだ見えていないところはどこなのか、どこに問題があるのかを明確にしていくのです。そのため、研究における「主張」とは、先行研究の熟読の中から出てくるべきものなのです。単に自分はここが問題だと感じていてこうすれば解決すると主張するだけでは意味がないのです。なぜなら、すでに自分が考えていることは、先人たちが主張してきて解明されていることかもしれないし、実は自分が着目していることよりももっと重要な解決すべき問題が別のところにあるかもしれないかからです。単に自分が気づいていないだけなのかもしれないのです。そのため、研究は自分勝手な見方では成り立たないのです。謙虚に先人から学ぶ姿勢が重要なのです。それが社会的意義のある研究につながっていきます。

自分の問題意識を掘り下げる作業は、自分の人生における課題や生きづらさを感じている部分かもしれず苦しい作業になりますが、その作業は必ず自分の人生を良い方向へと導いてくれます。悩んだら悩んだ分だけ、葛藤したら葛藤した分だけ、それを乗り越えた時に見えてくる世界が違います。楽しみにしていてください(*^_^*)

また続きは少しずつ書いていきたいと思います。

#ゆ〜り