研究の「オリジナリティ」って何?

20171027日(金)
前回のゆ〜りのブログ記事:論文における「主張」とは何か、という記事の続きを書きたいと思います。以下の記事を読みながら皆さんも考えてみてくださいね。

研究とは、つまるところ、より良い目的を持って自分らしく生きるために、世の中で障害や障壁となっている課題を一つ一つクリアしていく作業なのだと感じています。自分らしく生きるために、社会の仕組みや制度はどうあるべきなのか、法律はどう制定されるべきなのかを考え、新しい考え方や概念を見出し、これまでの考えを刷新していく作業なのではないかと考えています。

そのためにも、やはり自分の問題意識やちょっとした気づきが大切なのです。それを頭の中だけに留めておかないで、まずは自分のノートに書き出してみることが大切です。文字にすることで客観的に見ることができ、新たな気づきや新しいキーワードを思いついたりします。そして、これらのキーワードに関連する著書や論文を探してみてください(探し方がわからない方は、図書館2階にLALAがおりますので相談してみてください)。

著書や論文を読んでいると、これはどうなっているのだろう、なんかこれは違うのではないか、実際はどうなっているのだろう、といくつかの疑問や思いが湧いてくることがあります。こういった疑問や思いを一つひとつ大切にしてみてください。そうすることで、自分がすべき研究や自分がやろうとする研究のオリジナリティが見えてきます。

ここまで書いていて思うのは、大切にすべきは自分自身の考えや思いなのだということです。先人が自分のやろうとしていたことをすでにやっているからもう自分はしなくていいではないのです。その分野で十分議論が尽くされていたのであれば話は別ですが、先人がやっていたことをちょっと視点を変えて、自分なりの観点でやってみるから研究は進歩するのです。先行研究ではここまでわかっている、でも問題解決に至っていないのはなぜだろうか。他にも課題があるのではないか、自分はこういう風にすれば解決するんじゃないかと考えている、などといったことを大切にするのです。その上で、自分なりの観点を支える先行研究を探すことも大切です。

こういったことを踏まえ、ぜひ自分独自の思いを大切に研究を進めていってくださいね!

今回はここまで書いて記事を終わりにしたいと思います。
また思いついたことがあれば次回以降に書いていきますね!

#ゆ〜り
                                        

論文における「主張」とは何か。

20171014日(土)
こんにちは!LALAのゆ〜りです。
急に冷え込んできましたね。皆さん寒さ対策をしっかりして風邪などに気をつけてくださいね。

今回は論文における最も難しいテーマ、自分の論点をいかに主張するかについて考えてみたいと思います。この点に関しては、まだまだ自分も道半ばですので、みなさんと一緒に考えていければと思っています。

まず、「主張」とは、こんな論点を主張しなさいと誰かが教えてくれるわけではありません。自分が普段の社会生活などで疑問に思っていること、もっとこうしたらいいのにと思っていることなど、何らかの自分の違和感(問題意識)を大切にし、その芽を育てていく必要があります。「一般的にはこう言われているけど、なぜそうなるのだろう」といったまだ明確に解明されていないことや、「この問題に関してこういった意見とああいった意見があるけど、どちらが本当なの?」と疑問に思ったことがあれば、それを大切にしていくのです。

つまり、自分の「主張」とは、自分の中にある明確な問題意識が前提にあってできるものなのです。そこで初めてこれまで他の人たちはその問題をどのように考えてきたのか、すでにどこまで解明されているのかなどを先行研究から探っていくのです。そのうえで、改めて自分の考えを掘り下げ、練り上げていく作業を行い、まだ見えていないところはどこなのか、どこに問題があるのかを明確にしていくのです。そのため、研究における「主張」とは、先行研究の熟読の中から出てくるべきものなのです。単に自分はここが問題だと感じていてこうすれば解決すると主張するだけでは意味がないのです。なぜなら、すでに自分が考えていることは、先人たちが主張してきて解明されていることかもしれないし、実は自分が着目していることよりももっと重要な解決すべき問題が別のところにあるかもしれないかからです。単に自分が気づいていないだけなのかもしれないのです。そのため、研究は自分勝手な見方では成り立たないのです。謙虚に先人から学ぶ姿勢が重要なのです。それが社会的意義のある研究につながっていきます。

自分の問題意識を掘り下げる作業は、自分の人生における課題や生きづらさを感じている部分かもしれず苦しい作業になりますが、その作業は必ず自分の人生を良い方向へと導いてくれます。悩んだら悩んだ分だけ、葛藤したら葛藤した分だけ、それを乗り越えた時に見えてくる世界が違います。楽しみにしていてください(*^_^*)

また続きは少しずつ書いていきたいと思います。

#ゆ〜り

引用・参考文献リストの書き方

20171006日(金)
こんにちは。LALAのマーヤです。

引用の仕方の記事では、レポートなどの本文での引用の示し方について説明しましたが、レポートなどの最後のページに引用した文献や参考した文献のリストを入れる必要があります。必ず引用・参考した文献をすべて入れなければなりません!

基本的に次のような情報が必要です:

書籍
著者名(出版年)『著書名』出版社名.

雑誌の論文
著者名(出版年)「論文題名」『雑誌名』巻数(号数)、ページ.

新聞記事
著者名(分かる場合)「題名」『新聞名』朝刊・夕刊、版(地方版の場合)、発行日、掲載ページ(面).

ウェブサイト
著者名(公開年)「題名」サイト名 サイトのURL(閲覧日)

その他に著者が複数の書籍・論文や、編著の書籍、翻訳書、書籍に載っている論文などがあります。載せる情報と形式が若干違ってきますので、ご注意ください。

また、表記には様々な方式があります。例えば、アメリカ心理学会のAPA方式が有名です。レポートの場合、どのような方式を使えばいいのか必ず先生に確認してください。投稿論文の場合、投稿先の指定があるはずです。指定がない場合、必要な情報を書いて、形式を統一したら、それで大丈夫です。慣れている方式を使ってもいいかもしれません。私はそういう場合、よくお気に入りのAPA方式を使っています。

秘密情報:実はRefWorksなどの文献管理ツールには大抵文献リスト作成の機能が付いています。様々な方式で五十音順やアルファベット順に沿ってリストを作ってくれます。魔法です!引用・参考文献が多い場合はすごく助かります。ぜひ使ってみてください。

文献リストの表記の仕方をまとめるのが難しく、今回の説明は短かったのですが、もっと詳しい情報はいくつかのLALA文庫またはAPA論文作成マニュアル(図書館にある)に載せてあります。それらを参考しながら、文献リストを作ってください!

ではでは〜

#マーヤ

引用の仕方

20171004日(水)
こんにちは。LALAのマーヤです。

レポートなどで文献から調べた知見を述べるとき、それが引用であることを明記しなければなりません。その際、引用の範囲をはっきり示し、出典を書くことが必要です。今回の記事ではLALA文庫A7「思考を鍛えるレポート・論文ア作成法」を参考にしながら、一般的な引用の種類及び出典の示し方について簡単に説明します。

具体的な形式は分野や学術雑誌によって異なる場合があるので、レポートを書く際は先生に確認してください。ポイントは本文中において統一した形式を使うことです。

(次回の記事では引用・参考文献リストの書き方について説明しますので、併せて読むと、もっと分かりやすいと思います)

引用の種類

 ☆直接引用:著者の文をそのまま使うとき

  短い(5-6行まで)直接引用
   鉤括弧「」で括る
   最後の句点を記載しない

  長い直接引用
   括弧を使わない
   1行を開けて、引用の全体のインデントを下げるのが一般(分野による)
   省略しているところに[中略]を入れる

 ☆間接引用:自分の言葉で内容の要約する;括弧を使わない;

 ☆その他の引用:写真、表、図などをそのまま入れるか、修正・加筆する(修正・加筆した場合、それを明記する)

出典の示し方
 
 ☆本文中
  必要な情報:著者名の名字のみ、出版年、記載されているページ(分野による)

  出典先を本文中に入れる
   例:お茶(2017)は……と述べている。

  引用の最後に丸括弧の中に入れる
   例:……と明らかになっている(お茶, 2017)。

 ☆注釈 (形式は文献リストの記事を参照)
   例:……と明らかになっている(1)

※同年に同じ著者の複数の文献を使う場合、出版年の後に小文字のアルファベットを入れる
 例:お茶(2017a)お茶(2017b)

※注釈に出典を示した場合以外はレポートなどの最後のページに必ず文献リストを入れる必要があります。(詳しくは文献リストの記事を参照)

孫引き:他の文献に引用されている文献を引用するということです。なるべく原書から引用してください。

剽窃引用であること、その正確な範囲、出典を示さない場合、剽窃になります。犯罪です!

マーヤのTip 定義などではない限り、なるべく直接引用を使わない方がいいと思います。読んだことをよく理解して、原文を見ずに自分の言葉でまとめてみましょう!

今回は引用の仕方を簡単にまとめました。もっと詳しく知りたい方はLALA文庫に目を通してください。ほとんどのレポートの書き方についての本に記載されています。

ではでは〜

#マーヤ

課題に使える情報源

20170703日(月)
こんにちは。LALAのマーヤです。

課題テーマの選び方の記事にもすでに書きましたが、レポートなどの課題を書くとき、様々なところから情報を集めるのが一般的です。情報源となれるものはいろいろありますが、今回はLALA文庫A9の『資料検索入門』を参考しながら、簡単にいくつかのものを紹介します。
また、紹介に続くマーヤの評価はあくまでも私の主観的な基準です。同じ情報源の種類であっても、ものによって評価は大きく変わることがありますので、いつも批判的に読んで、自分で判断してください。

 ☆テレビ・ラジオ・ウェブサイト
最新情報を手に入れます。また、皆さんがご存知のように、面白い情報がいっぱい発表されています。インスピレーションが必要なとき使ってもいいですが、特にウェブサイトは誰でも作れますので、専門性や信頼性に欠けるものが多いです。ご注意ください。

 情報の早さ:早い 詳しくない 専門性が低い 信頼性が低い 分かりやすい

 ☆新聞
世界中の出来事、話題になっていること、時事問題について調べたいとき使うといいです。情報はだいたい一日経ったら、記載されます。

 情報の早さ:1日後 情報量がやや多い 信頼性が高い 分かりやすい

 ☆一般雑誌・週刊誌
新聞と同じく話題となっていることや注目を浴びていることについての情報が載せてあります。特に週刊誌では出来事について詳しく解説されます。また、そのテーマについて専門家が記事を書いていないが、記者は専門家の意見や研究の成果を引用することが多いです。

 情報の早さ:1週間〜1ヶ月間後 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い 分かりやすい

 ☆学術雑誌
学術雑誌に載せてある論文は、専門家が長い時間をかけて、あるテーマについて詳しく調べた結果です。学術雑誌のスタイルに慣れるまで少し分かりにくいかもしれません。

 情報の早さ:半年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い やや分かりにくい

 ☆図書
専門家があるテーマについて学術論文よりもっと時間をかけて、もっと幅広く、もっと詳しく調べた結果です。このテーマについてのすべての情報が載せてあると言っても過言ではありません。

 情報の早さ:1年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い

 ☆公的資料
統計資料、科研報告書、白書、年報、議会資料、法令、裁判所記録などの公的機関において作成された資料です。最近、インターネット上で公開されているものが増えています。

 情報の早さ:1年〜 詳しい 情報量が多い 信頼性が高い

 ☆辞書・事典類
辞書には様々な用語の意味や定義が載せてあります。事典にはあらゆる分野の事柄についての情報が集約されます。多くの専門家が何年間もかけ情報を集めて、議論・検証した結果です。
 
 情報の早さ:1年〜 簡潔 信頼性が高い

どの情報源を使うのか課題によって違います。例えば、作文でしたら、新聞や一般雑誌でインスピレーションを探し、自分の意見を整理するだけで十分です。レポートでしたら、やはり図書や学術雑誌を使うことになります。

今回はいくつかの情報源を紹介しましたが、このような情報源にどうやってアクセスできるかはまた別の記事で説明したいと思います。

ではでは〜

#マーヤ