Wordの機能を知って論文を作成する④〜ページ番号の挿入(途中から)〜

20170512日(金)
4. ページ番号の挿入—ページの途中からー

研究室によって様々ですが、論文の場合には表紙と目次、参考文献にはページ番号は入れずに、序論から番号を挿入することになります。しかし、そのまま番号を挿入すると、先頭ページから番号が割り振られてしまいます。ここで手間取る方が多いようなので、しっかり覚えて効率良く行いましょう。

[セクションについて]
文書内で複数のセクションを区切ると、セクションごとに書式の設定が可能です。例えば、2〜5ページだけ余白を変えたい、二段組みにしたいなど。

[挿入の仕方]
[挿入→ページ番号]で可能です。この際、1ページ目に番号が表示されない場合があります。その際は、フッター→フッターの編集、先頭ページのみ別指定のチェックを外してください。すると、ページ番号の1が出現します。


−1−の表示がない
セク1


フッターの編集をクリック

セク2





チェックを外す
セク3



これで、この文書には先頭〜最後のページまで1〜10の番号が付いています。では、これから3〜9ページ目のみに、ページ番号を挿入します。

[セクション区切り]
まず3ページ目の頭にカーソルを置きます。
[レイアウト→改ページ→現在の位置から開始、または次のページから開始]を選択します。
次に10ページ目の頭にカーソルを置きます。
同じように[レイアウト→改ページ→現在の位置から開始、または次のページから開始]を選択します。
これでセクションの区切りが設定できました。

セク4



[表示→アウトライン]で確認してみましょう。以下のような青線が付いていれば大丈夫です。

セク4-5

では、ここからフッターも同時に使用します。
[フッター→フッターの編集]を選択します。すると、フッター・ヘッダーセクション1・2・3がでてきます。これが、先ほど行ったセクション設定で、現在1部2部3部に分かれていることになります。

セク5
セク6






フッター2にカーソルを置きます。この際、[前のフッターと同じ]のチェックを外してください。同様に、セクション3も[前のフッターと同じ]のチェックを外します。



ページ番号→書式設定を選択します。
セク7







次に、必ず開始番号にチェックをし、1にしてください。
前のセクションから継続にチェックが入っている場合、連続したページ番号になってしまいます。

セク8




すると、以下の通りページの途中から番号がつきました。
見にくいですが、先頭ページにも1、次のページからも1、2と付いています。これはセクション1と2それぞれに書式設定がなされていることを意味します。

セク8−5


ではこれから、セクション1のページ番号を外します。
同じように、[フッターの編集]を選択し、フッターのセクション1にカーソルを置きます。
[ページ番号→ページ番号の削除]を選択します。すると、以下のようにセクション1のページ番号が削除されます。
これで完成ですが、セクション3も確認してみてください。もし、セクション3にも番号が付与されている場合は、[フッターの編集→前と同じフッターのチェックを外す]か、セクション3にカーソルを置いてページ番号の削除を行ってください。

セク9




今回はフッターやセクションの意味を理解してもらうために、先にページ番号をつけた状態で行いました。慣れてきたら、以下のように簡略化して行うと良いです。

—まとめ—
ページ番号の設定(途中から)
セクションの設定→指定のセクションを選択→ページ番号をつける


4回シリーズでwordの使い方を紹介しました。この記事がみなさんのお役に立てればと思います。
わからないことや疑問があれば、いつでもLALAデスクまでお越しください。

#高山

Wordの機能を知って論文を作成する③〜目次の作成〜

20170508日(月)
3. 目次の作成
 目次は手書きでも作ることができますが、目次作成機能を使うことで、ページや見出しの設定が自動となり、便利です。目次の作成は最初にしなくても大丈夫です。論文を書いていると、章の順番が前後したり変更になる場合が多々あるからです。論文書き始めは気にせずに、中盤〜終わりにかけて作成するといいかと思います。

[目次の作り方]
 いくつか方法がありますが、一例を紹介します。

先述した見出し機能を使用している場合
カーソルを文書のページの先頭に置きます。カーソルが文書の途中ページの場合、変な位置に目次が現れてしまいます。
[参考資料(Mac:参照設定)→目次→自動作成の目次]を選択します。
すると、自動的に文書ページの先頭に目次が表示されます。これで完成です。目次の下にすぐ第1章が始まってしまうので、改ページするか、先に空白のページを挿入してから行ってもよいです。

目次1


目次を作成した後から追加や削除など内容変更があった場合、目次の上部にある[目次の更新]をクリックすると、ページ番号などが自動的に変更されます。論文の完成後には、必ず更新を行うことをオススメします。

目次2






—まとめ—
目次赤の作成(見出しが設定されている場合)
先頭ページにカーソルを置く→参考資料(Mac:参照設定)→目次→自動作成の目次

最終回はページ番号の挿入を紹介します。

#高山

Wordの機能を知って論文を作成する②〜見出しの作成〜

20170428日(金)
2. 見出しの作成
 見出しを作成すると、後述する目次作成や全体的な見直しが楽になります。
手書きの見出しは文字を大きくすることで完成できますが、先述したナビゲーションウインドウと連動できません。のちに枚数が多くなってきた時に、自分で調べて探す作業が増えてしまいます。また、Wordの各機能はそれぞれが連携しているため、できるだけ搭載されている機能を使うことで、後々の作業が楽になります。

[見出しの作成]
見出しにしたい文字列を選択します。
ホーム→スタイルをクリックすると、一覧が表示されます。その中で自分が設定するスタイルを選択します。今回は見出し1を例に行います。

見出し1



 見にくくて申し訳ないですが、選択した青い部分に、見出し1(1.、第1章など)に設定しました。すると、周囲の文字より大きくなり、文頭に■がつきます。
 左側のデータベースウインドウに、見出しとして反映されています。同様に、見出し2(1.1、一節など)としたい文字列は、見出し2を選択します。

 例えば、この見出し1を第1章〜、見出し2を第1項などと表示したい場合、次のような手順を行います。

見出し2



 変更したい見出しを選択します。(controlキー、またはcommandキー(Mac)で複数選択が可能です。)先ほどの見出しのスタイルの右側に、箇条書きのスタイルが存在します。その中に、第1章や1.などいくつかスタイルが存在するので、好きなものを選択してください。今回は、第1章を選択します。

見出し3













 見出しに章や節をつけることに成功しました。左側のデータベースウインドウにも、ちゃんと反映されています。(見出し1は章、見出し2は節)

 今回は見出しを先に設定しましたが、この見出しと箇条書きスタイルの設定は、前後しても構いません。

—まとめ—
見出しの作成
見出しにしたい文を選択→ホーム→スタイル

見出し番号のつけ方
見出しを選択→ホーム→箇条書き(アウトライン)→リストライブラリ

★見出しのレベル変更
データベースウインドウ→変更したい見出しを選択→右クリック→レベル下げ

次回は目次の作成を紹介します。

#高山

Wordの機能を知って論文を作成する①〜ナビゲーションウインドウを使う〜

20170421日(金)
『Wordの機能を知って論文を作成する』

 論文の内容は完成したのに、Wordをうまく使えずに目次やページの設定に手間取ってしまって、無駄に時間がかかってしまうことがあります。少しでも効率的に作業が行えるよう、ここでは論文やレポート作成の際に役立つようなWordの機能を4次回にわたってご紹介します。

 基本的にはWindowsを想定して説明するため、Macには無い機能、または別名で存在する可能性があります。しかし、このブログを書く際に使用している大学PCがMacのため、挿入画像はMacの物となります。ご了承ください。









1. ナビゲーションウインドウの活用
 ナビゲーションウインドウ(Macではデータベースウインドウ)は、
「ページの縮小表示」「見出しの表示」「文書内検索」が可能です。ページ数が多い時に表示させておくと便利です。[表示→《ナビゲーションウインドウを開く》にチェック]することで、画面左に表示されます。消したいときは×をクリックします。

「ページの縮小表示」
ページが一覧になって表示されます。わざわざスクロールダウンしなくても、見たいページまで飛ぶことができます。

「見出しの表示」
長い論文の際いくつか見出しを立てると思います。見出し一覧が表示されるので、クリックすれば、好きな見出しに飛ぶことができます。ただし、目次作成機能によって作った見出しにのみ適用されます。手書きでの見出しには反応しません。目次作成については後述。

「文書内検索」
文書内で検索したい単語を入力すると、その単語の位置が表示され、そこまで飛べます。
また、この機能は[Ctrl+Fキー]、[ホーム→編集→検索]でも可能です。([ホーム→編集→検索]はWinのみ)




—まとめ—
ナビゲーションウインドウの出し方
[表示→《ナビゲーションウインドウを開く》にチェック]


次回は見出しの作成を紹介します。

#高山