【スタディハック】レジュメ作りに役立つWord小技集

20190730日(火)
こんにちは!LALAの小林です!
見やすいレジュメを作りたいけど、Wordが思ったように動かなくてイライラすることはありませんか?
そこで今回は、レジュメ作りに使えるものを中心にWordの使い方をご紹介していきます!


Q. 太字があんまり目立たない。
A. フォントを変えよう!
強調したい箇所は見出しに使われる「ゴシック体」のフォントを使いましょう
画面上では変わらないように見えても、印刷すると違いは一目瞭然です!


Q. 文頭を揃えたいのにズレてしまう。
A. 「ぶら下げインテンド」を使おう!
小見出しをつけて項目別に内容をまとめたい時は、「ぶらさげインテンド」設定がオススメ!
=やりかた=
① 文頭を揃えたい箇所を選択
② ルーラーの△部分を文頭にしたい場所までスライド
※「ぶらさげインテンド」と表示されたのを確認してから動かすと◎
※ルーラーが表示されていない場合は、表示タブの「ルーラー」にチェック

③ 小見出しの後ろで[Tab]キーを押す
LALA_wordの使い方01_0

【応用】
●設定ができたら、段落全体を選択して「スタイル作成」をクリック!
ぶら下げインテンドの設定が保存されて、次の段落からはワンクリックで文頭を揃えられるようになりますよ!
●文頭を揃えたまま改行したい時は[Shift]+[Enter]


Q. 文字が多くて読みづらいきがする。
A. 「囲い」をうまく使ってみよう!

情報の種類やレベルに合わせて「囲い」を使うと、情報が構造化されて見やすくなりますよ。
=やりかた=
①囲いたい部分を選択して、「スタイル作成」をクリック
②「変更」→「書式」→「罫線と囲い」を順に選択
③「囲み」をクリックして、好きな線の種類を選ぼう
④「オプション」で囲いの余白を調整。
※上下は半文字分、左右は1文字分くらいに設定すると◎
⑤ 最後にスタイル名を入れて完成!



見やすいレジュメ作るということは、情報を整理して人に伝えるということ
知識を定着させるためにも、「パッと見てわかる」ものを作るのは重要です。
スタイルやインテンドをうまく使って、より見やすいレジュメ作りにチャレンジしてみてください!

【関連LALA文庫】
●G15『伝わるデザインの基本:よい資料を作るためのレイアウトのルール 増補改訂版』紹介記事
情報整理の基本的な考え方から具体的なテクニックまでを網羅した非デザイナー向けのデザイン基礎本。見やすい資料を作るために一度は読んでおきたい一冊。
「第2章 文章と箇条書きの法則」はレジュメ作りから論文構成まで広く役に立つテクニックが満載。

●I15『Wordのムカムカ!が一瞬でなくなる使い方:文章・資料作成のストレスを最小限に!』
よくあるWordのお悩みにQ&A形式で答えていく本。文字が少なくスッキリわかる紙面デザインが魅力。
「第2章 5分で文章作成を終わらせるための基本」は、箇条書きやインテンドの設定方法が充実していて参考になる。

●I1『Wordによる論文・技術文書・レポート作成術』
わかりやすい文章作成のポイント共に、論文の作成手順に合わせたWordの使い方を紹介する本。
図解が丁寧なので、どの機能がどこにあるのか分からないという初心者にも優しい。
長い論文作成向けのテクニックが中心だが、「3.2.2 文書を構造化する(p.20~)」「5.5.1 レイアウト・デザインの変更とスタイル設定(p.49~)」などはレジュメ作りにも参考になる。

【スタディハック】Wordでできる!かんたん文献管理

20181226日(水)
はじめまして!
12月からLALAになった小林です。
さっそくですが、今回は参考文献管理の豆知識をご紹介します。

みなさん、参考文献はどの機能を使って「挿入」していますか?
おそらく、Wordをお使いの人のほとんどは、「注釈」機能を使っているのではないでしょうか。

注釈機能は使いやすいけど、文献情報をいちいちコピーしなきゃいけないし、参考文献リストは自分で整理しなきゃいけない。
論文が長くなって、引用する文献が増えると、ちょっと不便ですよね。
とはいえ、文献管理ソフトは難しそうで手を出しにくい…。

そんなあなたにご紹介したいのはこちら!
02.png
「引用文献の挿入」機能~!!
なんと、文献管理ソフトのような「参考文献管理」や「文献リストの作成」がWordの中だけでできちゃうんです!



【「引用文献の挿入」機能とは】
文献情報の管理や文中への挿入、参考文献リストの作成ができます。
文献情報はすべてのWordファイルで使用可能
01_20181226161549281.png
※画像はWord2016年版。

*こんな人におすすめ
・ 引用する文献が多い
・ 簡単に参考文献リストを作りたい
・ 同じ文献を別の論文で繰り返し使うことがある



【使い方】
*文献を登録しよう

①「引用文献の挿入」>「新しい資料文献の追加」を選択
03.png
②文献情報を入力→「OK」で完了
04.png



*文献情報を挿入しよう
①挿入したい場所をクリック
「引用文献の挿入」>挿入したい文献情報をクリック
※引用スタイルを変えたい場合は、「スタイル」のプルダウンリストからまとめて変更できます。
07.png



*文献情報を整理しよう
「資料文献の整理」を選択
②使うものだけ右側のリストに残す。
※マスターリストにはWordに登録されたすべての文献情報が表示されるので、昔論文に使った文献情報を引き出すこともできますよ。
05.png



*文献目録(参考文献リスト)を作成しよう
①挿入したい場所をクリック。
「文献目録」から見出しの種類を選択。
06.png



[おまけ]文献を探して登録しよう
08.png

「リサーチツール」を使うと、文献の検索と登録もWordの中でできちゃいます。
ただ細かい検索式には対応していないようなので、本格的に探したいなら別の文献検索ツールを使うのがおすすめです。



Wordって思っているよりいろんなことができるんですねえ。
「引用文献の挿入」機能、みなさんも使ってみてはいかがでしょうか。

#小林

Wordの機能を知って論文を作成する④〜ページ番号の挿入(途中から)〜

20170512日(金)
4. ページ番号の挿入—ページの途中からー

研究室によって様々ですが、論文の場合には表紙と目次、参考文献にはページ番号は入れずに、序論から番号を挿入することになります。しかし、そのまま番号を挿入すると、先頭ページから番号が割り振られてしまいます。ここで手間取る方が多いようなので、しっかり覚えて効率良く行いましょう。

[セクションについて]
文書内で複数のセクションを区切ると、セクションごとに書式の設定が可能です。例えば、2〜5ページだけ余白を変えたい、二段組みにしたいなど。

[挿入の仕方]
[挿入→ページ番号]で可能です。この際、1ページ目に番号が表示されない場合があります。その際は、フッター→フッターの編集、先頭ページのみ別指定のチェックを外してください。すると、ページ番号の1が出現します。


−1−の表示がない
セク1


フッターの編集をクリック

セク2





チェックを外す
セク3



これで、この文書には先頭〜最後のページまで1〜10の番号が付いています。では、これから3〜9ページ目のみに、ページ番号を挿入します。

[セクション区切り]
まず3ページ目の頭にカーソルを置きます。
[レイアウト→改ページ→現在の位置から開始、または次のページから開始]を選択します。
次に10ページ目の頭にカーソルを置きます。
同じように[レイアウト→改ページ→現在の位置から開始、または次のページから開始]を選択します。
これでセクションの区切りが設定できました。

セク4



[表示→アウトライン]で確認してみましょう。以下のような青線が付いていれば大丈夫です。

セク4-5

では、ここからフッターも同時に使用します。
[フッター→フッターの編集]を選択します。すると、フッター・ヘッダーセクション1・2・3がでてきます。これが、先ほど行ったセクション設定で、現在1部2部3部に分かれていることになります。

セク5
セク6






フッター2にカーソルを置きます。この際、[前のフッターと同じ]のチェックを外してください。同様に、セクション3も[前のフッターと同じ]のチェックを外します。



ページ番号→書式設定を選択します。
セク7







次に、必ず開始番号にチェックをし、1にしてください。
前のセクションから継続にチェックが入っている場合、連続したページ番号になってしまいます。

セク8




すると、以下の通りページの途中から番号がつきました。
見にくいですが、先頭ページにも1、次のページからも1、2と付いています。これはセクション1と2それぞれに書式設定がなされていることを意味します。

セク8−5


ではこれから、セクション1のページ番号を外します。
同じように、[フッターの編集]を選択し、フッターのセクション1にカーソルを置きます。
[ページ番号→ページ番号の削除]を選択します。すると、以下のようにセクション1のページ番号が削除されます。
これで完成ですが、セクション3も確認してみてください。もし、セクション3にも番号が付与されている場合は、[フッターの編集→前と同じフッターのチェックを外す]か、セクション3にカーソルを置いてページ番号の削除を行ってください。

セク9




今回はフッターやセクションの意味を理解してもらうために、先にページ番号をつけた状態で行いました。慣れてきたら、以下のように簡略化して行うと良いです。

—まとめ—
ページ番号の設定(途中から)
セクションの設定→指定のセクションを選択→ページ番号をつける


4回シリーズでwordの使い方を紹介しました。この記事がみなさんのお役に立てればと思います。
わからないことや疑問があれば、いつでもLALAデスクまでお越しください。

#高山

Wordの機能を知って論文を作成する③〜目次の作成〜

20170508日(月)
3. 目次の作成
 目次は手書きでも作ることができますが、目次作成機能を使うことで、ページや見出しの設定が自動となり、便利です。目次の作成は最初にしなくても大丈夫です。論文を書いていると、章の順番が前後したり変更になる場合が多々あるからです。論文書き始めは気にせずに、中盤〜終わりにかけて作成するといいかと思います。

[目次の作り方]
 いくつか方法がありますが、一例を紹介します。

先述した見出し機能を使用している場合
カーソルを文書のページの先頭に置きます。カーソルが文書の途中ページの場合、変な位置に目次が現れてしまいます。
[参考資料(Mac:参照設定)→目次→自動作成の目次]を選択します。
すると、自動的に文書ページの先頭に目次が表示されます。これで完成です。目次の下にすぐ第1章が始まってしまうので、改ページするか、先に空白のページを挿入してから行ってもよいです。

目次1


目次を作成した後から追加や削除など内容変更があった場合、目次の上部にある[目次の更新]をクリックすると、ページ番号などが自動的に変更されます。論文の完成後には、必ず更新を行うことをオススメします。

目次2






—まとめ—
目次赤の作成(見出しが設定されている場合)
先頭ページにカーソルを置く→参考資料(Mac:参照設定)→目次→自動作成の目次

最終回はページ番号の挿入を紹介します。

#高山

Wordの機能を知って論文を作成する②〜見出しの作成〜

20170428日(金)
2. 見出しの作成
 見出しを作成すると、後述する目次作成や全体的な見直しが楽になります。
手書きの見出しは文字を大きくすることで完成できますが、先述したナビゲーションウインドウと連動できません。のちに枚数が多くなってきた時に、自分で調べて探す作業が増えてしまいます。また、Wordの各機能はそれぞれが連携しているため、できるだけ搭載されている機能を使うことで、後々の作業が楽になります。

[見出しの作成]
見出しにしたい文字列を選択します。
ホーム→スタイルをクリックすると、一覧が表示されます。その中で自分が設定するスタイルを選択します。今回は見出し1を例に行います。

見出し1



 見にくくて申し訳ないですが、選択した青い部分に、見出し1(1.、第1章など)に設定しました。すると、周囲の文字より大きくなり、文頭に■がつきます。
 左側のデータベースウインドウに、見出しとして反映されています。同様に、見出し2(1.1、一節など)としたい文字列は、見出し2を選択します。

 例えば、この見出し1を第1章〜、見出し2を第1項などと表示したい場合、次のような手順を行います。

見出し2



 変更したい見出しを選択します。(controlキー、またはcommandキー(Mac)で複数選択が可能です。)先ほどの見出しのスタイルの右側に、箇条書きのスタイルが存在します。その中に、第1章や1.などいくつかスタイルが存在するので、好きなものを選択してください。今回は、第1章を選択します。

見出し3













 見出しに章や節をつけることに成功しました。左側のデータベースウインドウにも、ちゃんと反映されています。(見出し1は章、見出し2は節)

 今回は見出しを先に設定しましたが、この見出しと箇条書きスタイルの設定は、前後しても構いません。

—まとめ—
見出しの作成
見出しにしたい文を選択→ホーム→スタイル

見出し番号のつけ方
見出しを選択→ホーム→箇条書き(アウトライン)→リストライブラリ

★見出しのレベル変更
データベースウインドウ→変更したい見出しを選択→右クリック→レベル下げ

次回は目次の作成を紹介します。

#高山