LALA文庫のおすすめ本紹介『コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ』

20170720日(木)
山口裕之『コピペと言われないレポートの書き方教室 3つのステップ』
(新曜社、2013年7月)

LALA文庫No.A2
図書館の請求記号:816/Y24

コピペと言われないレポートの書き方教室


レポートの書き方の基本的なルールについて、どうしてそうなっているのかという「本質的な目的」(本文より)と併せて解説しています。
特に、学部1〜3年生にオススメです。

引用の仕方、引用するWebサイトの選び方(WikipediaやYahoo知恵袋、教えて!gooなどを参照することについても言及されています)、出典の示し方、レポートの標準的な書式、表紙をつけるかどうかなど、押さえておきたい基本中の基本がコンパクトにまとまっていて大変便利です。「脚注の挿入」など、Wordの操作の仕方も写真付きで解説してあり、その場ですぐに操作が試せます。
レポートを書き上げる時に使える「書き方チェックリスト」「できばえチェックリスト」もついています。
課題をこなす際、机の脇に置いていつでも読めるようにしておきたい一冊です。

私自身が、学部の1〜3年生ごろに、出された課題をなんとかこなしつつ、少しずつ身につけてきたこと、「う〜ん、これはこんな感じなのかな?」と経験を元に判断して対応してきたことが、100ページあまり(特に前半の50ページ)の中にぎゅっと詰まっていました!

後半部では、内容面にもメスが入れられます。
「ダメな結論」とは、具体的にどのようなものなのか、「思い」と「意見」とはどのように違うのか、「人それぞれ」と考えてしまうことの危うさってなんだろう…。

皆さんも、「ああ、今書いたレポートの結論、正直今ひとつだったな…」と思ったこと、
「これって、意見って言えるのかな…」と思ったこと、
「結局人それぞれなんだからそれでよくない!? みんなそれぞれ勝手に色々書いてるし、私がなんか言ったってそれが答えでもないんだし…」などと思ったこと、
大学に入ってからに限らず、あるのではないでしょうか。
(私は結構あります(^_^;))

著者の見解を、今の私が読むと、「ああ…」と納得できます。
もしかして数年前だったら、「でも〜」と思ったかもしれないし、「納得できるけど、無理」と思ったかもしれません。
(今でも、「難しいな」とは思います。)
しかし、それでもなんか心に引っかかり続けたのではないかな、と思います。
引っかかり続けたものを考え続けること、もこの本の著者が学生に求めていることの一つでしょう。

レポートの書式にしろ、「レポートを書く」ということの本質にしろ、
普段私たちがなんとなく、もやーっと頭の片隅で考えているようなことを、すうっと形にしてくれる本です。

すぐに読める小さな本ですので、ぜひお手にとってみてください。

#みあ

LALA文庫のおすすめ本紹介『これから研究を書くひとのためのガイドブック』

20170626日(月)
佐渡島紗織・吉野亜矢子『これから研究を書くひとのためのガイドブック』
LALA文庫No.C8
図書館の請求記号816/Sa13


とてもわかりやすく丁寧な文章・論文執筆入門です!
「です・ます」体の柔らかい文章で、まるで先生の前でお話を聞いているかのように、肩の力を抜いて読み進めることができます。

まず引き込まれるのが「はじめに」の文章。

大学や大学院に所属して「学問をする」ということを、著者は「とてもスリリング」と表現します。
さらに、「学問をする」ことで生まれる可能性をとても素敵な言葉で私たちに伝えています(何と書いてあるかは、ぜひ実際に目を通して確認してみてください!)。
続いて、「学問をする」とはより具体的にはどういうことなのか、説明が一歩ずつ深められています。
読んでいると、「勉強(学問/研究)って楽しいことなんだな…」と理屈ではなく実感できる前書きです。

第一部の「文章編」は、著者の考える「学術的文章」の定義や必要な要素について述べた「学術的文章とはどのような文章か」の章から始まります。
語句の使い方、一文のまとめ方、構成の考え方や論点の効果的な示し方、「学術論文」として仕上げるために則るべきルールの解説とつづき、折々読者に考えてもらうための「練習問題」もついています。
「練習問題」はじっくりと取り組まなくても、なんとなく考えながら読み進めるだけでも訓練になります!

「論文編」では、「文献研究」と「実証研究」の両方が取り上げられていて、それぞれの論文作法が詳しく書かれています。
専門分野で使う研究手法はどちらか片方であると思うのですが、先行研究を調査する際には、大抵「文献研究」「実証研究」の両方に触れることになります。
普段なかなか両者の違いを意識的に考える余裕はないだけに、二つの研究の目的や進め方の違いが整理されて示されているのは大変ありがたく、私もとても勉強になりました。

立ち止まって「研究ってなんだっけ…?」と見つめ直したい時にも最良の一冊です。
学年所属年齢問わずオススメです!

これから研究

#みあ

LALA文庫の新刊 その4:大学院生向けのおすすめの本

20170622日(木)
みなさん〜

こんにちは!LALAのちゃちゃです^0^

最近LALA文庫に入った本を紹介します!
その中で特におすすめしたい本があります。
今日はとりあえず大学院生向けにおすすめの本を4冊ご紹介したいと思います。

1.『博士になったらどう生きる?』(2017年3月発行 勉誠出版)
LALA文庫の配架記号:H8 
図書館の請求記号:377.5/H17
lala文庫1
→各分野の先輩たち総勢78名を取材したインタビュー集です。彼らの経験談から今悩める大学院生のみなさんに何らかのヒントを与えられると思いますので、ぜひお手に取ってみてください〜

2.『なぜあなたの研究は進まないのか?』(2016年7月発行 著者:佐藤雅昭)
LALA文庫の配架記号:F6 
図書館の請求記号:377.7/Sa85
lala2.jpg
→研究を生き抜くための処方箋となる一冊です。「研究のための研究」で終わらないために、ぜひこの本をお読みなってください〜

3.『なぜあなたは論文が書けないのか?』(2016年7月発行 著者:佐藤雅昭)
LALA文庫の配架記号:F5 
図書館の請求記号:816/Sa85
lala3.jpg
→論文が書けない理由から症状別に解決策を提示してくれています。理由がわかればきっと失敗を成功に変えられますので、ご興味ある方はぜひご覧になってください〜

4.『1歩前からはじめる「統計」の読み方・考え方』(2016年4月発行)
LALA文庫の配架記号:C13
図書館の請求記号:350.1/Ka48
lala4.jpg
→研究する時に色んなデータを参考にすることがありますよね。「統計」のことを理解して読めばきっともっと良くなるはずです。ぜひご参考に読んでみてください〜

#ちゃちゃ

LALA文庫の新刊 その3:『ぎりぎり合格への論文マニュアル』

20170615日(木)
今年度新たに購入されたLALA文庫の本のご紹介、第3弾です!

『ぎりぎり合格への論文マニュアル』(山内志朗 著)平凡社新書(2001年9月)

LALA文庫の配架記号:A16 
図書館の請求記号:816/Y46


論文マニュアル

…「木登りブタによる、木登りブタのための論文入門」(あとがき)??????


マニュアル本、How to 本が苦手な方にこそオススメのマニュアル本です。
文章のリズムに乗りながら、流れるように面白く読める「論文の書き方」本と言えます。

大きな特徴は以下の三つです。

①ユーモアたっぷりの文章が面白い(メモを取りながら読むと名言集ができそうです)
②論文を書く基礎準備の段階から一歩一歩書き進めてある(精神面、環境面、物理的な面)
③具体例が豊富で実際の作業がイメージしやすい
(ビートルズの曲を例にした「論文的思考」の持ち方、実例とそれに対する容赦ないコメントによる「《タイトル》の良し悪し」や「論文構想」「書き出し」についての解説、論文にふさわしい文章表現の実例など)

引用記号の使い方など、形式面のレクチャーもとても充実しています。
締めくくりは、箇条書き・レベル別の「論文執筆格言集」。とても基本的なことが整理されているので、いろんなことに追われて頭がぐちゃぐちゃになっている時に読むと、初心に帰れます。


読んでいて思わず吹き出してしまい、思わず論文を書くのも楽しいことのように感じてしまえる(実際に楽しい、ですが(⌒-⌒; ))マニュアル本です。

ぜひ一度手にとってみてください!!!

#みあ

LALA文庫の新刊 その2:『翻訳のレッスン』

20170613日(火)
今年度新たに購入されたLALA文庫の本を紹介します。

『翻訳のレッスン : できる翻訳者になるためにプロフェッショナル4人が本気で教える / 高橋さきの [ほか] 著』講談社(2016/5)
LALA文庫の配架記号 H7
図書館の請求記号 801.7/H85

翻訳のレッスン


翻訳者にとって必要なのは、外国語の力、日本語の力、調査の力、技術と内容の理解だそうです。

本書によれば「原文を読んで見えた絵と、訳文を読んで見えた絵が同じようにすること」が翻訳の本質だそうです。翻訳者は「絵」というビジュアルが頭に浮かぶ表現、言葉を自分のボキャブラリーから選択してアウトプットしているのですね。翻訳する時には「脳内シソーラス」がフル稼働しているそうです。

友人に翻訳家を生業としている人がいますが、彼女は読書をしながら、語彙を増やすために手帳に「言葉」をメモしています。たしかに翻訳家にとって語彙力があることは重要だと思います。

大学で古典文学や歴史学を研究するにあたっても、現代語の辞書だけでなく、古い時代の言葉や事柄を収めた数種類の辞典や事典を比較検討できる環境を整えて、より適切な言葉や意味を探し出すこともよくあることです。

この本にも翻訳家にとっての最重要ツールである辞書の特徴や利用方法について紹介されている「辞書を使いこなす」という章があって、大学での研究にも役立ちそうです。

本の終わりには、「翻訳者の悩みに答えるQ&Aコーナー」や翻訳者バトルトークもあり盛りだくさんな内容です。ぜひ手にとってみてくださいね。

#後藤