論理的な議論を創造するためのトレーニング

20190116日(水)
みなさんは大学の講義やゼミなどで、有効な質問を投げかけ、論理的な議論を創出することができていますか?
あるいは、相手の主張やそれを支える根拠を、分析的・批判的に捉えることができているでしょうか?

これらのことは、私自身も大学で学んでいく中で日々課題として悩み、苦戦している部分です。
そこで今回は、以上のような課題について有効な訓練方法を提示している書籍を、LALA文庫の中からご紹介したいと思います。

三森ゆりか著『大学生・社会人のための言語技術トレーニング』(LALA文庫 H3)
(貸出を希望される方は2階の一般図書の本をご利用くださいね。所在:図書館一般図書、請求記号:816/Sa65 OPAC検索結果はこちら

タイトルにある「言語技術」という言葉、皆さんはご存知でしょうか…?

本書によれば、「言語技術」とは”Language arts”の訳語で、「思考と表現の方法論を具体的なスキルとして指導する総合的な体系」(p.6)です。
「思考と表現」とあることからも分かるように、これは①情報をインプットし(読む・観る・聞く)、②それについて考え(批判的・論理的・分析的・多角的・創造的思考etc.)、③自らの考えをアウトプットする(話す・書く)という、一連のプロセスすべてについて関わってくるものです。(p.3-7参照)

上記のようなスキルを鍛えるために、本書では対話・物語・要約・説明・報告・記録といった細かなシチュエーションに分けて詳しく解説されています。また解説だけでなくトレーニング課題もかなり充実しています。実際に説明文や物語を読んで、考えたり書いたりするものから、課題の対象を複数人で分析してディスカッションをするものなど、そのやり方はさまざまで且つ具体的・実践的です。

また、本書の中で特に興味深いのが、第3章「クリティカルリーディング」の中にある「絵の分析」です。これは絵を分析的に読み、書かれた事実に基づいて解釈していく方法で、絵を使って「分析の手法」そのものを習得し、効率よく読解力を向上させることができます。これは実際に、本書の著者が日本の幼児から高校生を対象に行ってきた方法だそうです。
確かに、情報が絵として一つにまとめられていると、「分析的に読み取る」というよりは、「どんなことが描いてあるかな〜」と探していく感覚で楽しめます。

情報を正しく読み取り、分析的・批判的に考え、それを論理的に表現していくという、これらの一連のプロセスは、自ら創造していく大学での学びにおいてそれぞれに重要な役割を持つことは勿論ですが、社会人になってからもほとんど当たり前のように求められるスキルなのではないかと思います。
一般教養をほとんど終えて、いよいよ卒業研究や就職活動が視野に入ってくる学部3, 4年生の方や、今まさに創造的な研究を推し進めている院生の方にも、ぜひ読んでいただきたい書籍です!


#木村

LALA文庫の新刊

20181227日(木)
今年もあとわずかとなりましたが、どのような一年だったでしょうか?
LALAデスクも今日が今年の最終日となりました。

レポート・論文も自分の意見を書くことが肝要ですが、読み手にいかにわかりやすく内容を伝えるかも重要です。

LALA文庫の新刊
G13 『一番伝わる説明の順番』田中耕比古著
(この本の所蔵は学内ではLALA文庫のみです)
の紹介をします。

LALA文庫の紹介
日頃の生活や大学での授業で、何かを説明する場面はいろいろありますよね。
例えば、新しく知り合いになった人に自己紹介する時とか、授業の時に卒論でやりたいことを説明するとか、などなど。
どうすれば、本当に言いたいことが相手に伝わるのでしょうか?
まずは「自分の頭」を整理してから何を言いたいかを決めることが重要と考えがちですが、この本では「相手の頭」を整理しながら伝える技術を紹介しているところが斬新です。

この本では、わかりやすい説明とはあたかも「地図」を相手と一緒に広げて見るように説明をするイメージで解説しています。地図を広げて、どの地域(範囲)のどの地点について説明するかを最初に述べて、それから本題に入るようなイメージです。

説明はコミュニケーション(情報の共有と伝達)である」。「相手の情報レベルに立つ」こと。やはり「相手」ありきということでしょうか?

本書では重要な箇所には緑色のマーカーで印がつけてあり、そこだけを拾い読みをして、ポイントをおさえることも可能です。

レポートや論文にしても口頭発表にしても難しいことを簡単な言葉でわかりやすく伝える技術を取得したいですね!

さてLALAデスクの新年の仕事はじめは1月4日(金)となります。
レポート、卒業論文の構想、修士論文、研究計画書、情報検索などなどの学習相談をお待ちしております。

よいお年をお迎えください。

#後藤
#LALA文庫

論文が行き詰まった時にオススメLaLa文庫

20181221日(金)
こんにちは!
LALAの山岸です。
12月も後半に入り、
次の3月で卒業、修了予定の方の中には、論文に追われてどうにもこうにも・・・という人も多いのではないでしょうか・・・!?
はい、私もそんな一人です。

今日はLALA文庫にそんな状況にぴったりの本を見つけましたので、ご紹介いたします!

佐藤 雅昭
2016『なぜあなたは論文が書けないのか』大阪:メディカルレビュー社.
(LALA文庫F5)


著者の佐藤さんは東京大学医学部附属病院呼吸器外科講師の方であり、この本の中では、これまでのご自身の論文執筆経験、論文指導経験、そしてときには医学的見地にも基づいて、論文をより効率よく書き上げるためのポイントが検討されています。

中でも、特にこれは今すぐ実践しよう!と思ったことが次の2点です!

コマ切れ時間 →単純作業に使う
まとまった時間→知的作業に使う

論文の結論を1〜2行でいつも言えるようにしておくこと


佐藤さんは結論の存在について、とても素敵な書かれ方をされています

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
「論文はあなたのイイタイコトを伝えるのが目的であり, イイタイコト(=結論)は, 砂漠を旅するときに常に進むべき方向を教えてくれる北極星のような存在です。」(p.63)
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

その他にも、はっとさせられる助言が満載で、論文のほか、日頃のレポート作成などにも大変おすすめの書籍ですので、少し行き詰まったら是非LALA文庫コーナーを覗いてみてください。

LALAデスクでは論文の各種相談・最終チェックなど随時承っております。
ぜひぜひ、息抜きがてら来てくださいね♪(/・ω・)/ ♪

LALA文庫に新刊が5冊入りました!

20181108日(木)
後期の授業が始まって1ヶ月ほど経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?
LALA文庫に新しい本が5冊仲間入りしました!

20181108のLALA文庫

新しく入った本は以下のとおりです。

F7 『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑著
G13 『一番伝わる説明の順番』田中耕比古著
G14『仕事がデキる人の資料作成のキホン : 会社では教えてもらえない』永田豊志著
H18 『アンケート分析入門 : Excelによる集計・評価・分析』菅民郎著
H19大人の語彙力が身に付く本』吉田裕子著

G13、G14は、ゼミでの報告や学会発表で配布するレジュメを作るときの参考になりますよ。

上記の本は、図書館所蔵はなく、LALA文庫のみの所蔵です。

LALA文庫本棚の上に貸出ノートがありますので、図書番号、日付(貸出日)、学籍番号を記入して、図書館内で利用の上、次に利用する人のために、当日中に返却のほどお願いしますね。返却する際には、貸出ノートの「返却」のところに✔︎の記入もお忘れなく!

#LALA文庫 #後藤

LALA文庫のおすすめ本紹介『研究計画書デザイン』

20171129日(水)
こんにちは。LALAのナターリアです。

皆さんはLALA文庫のこの本をみたことがありますか。

細川英雄著者『研究計画書デザイン』
(東京図書、2015年10月)
LALA文庫NoC11
図書館の請求記号:377.1/H94


1

「研究計画書デザイン」は研究計画書・論文の書き方に関する知識を深めるものですので、
  • オリジナルな研究計画書を書き上げたい人に
  • 先行研究から他人の意見に吸収することばかり気を取られ、なぜ自分はこの研究を始めたのか、何を言いたいのか分からなくなった人
  • 問題はすでに絞られているが、研究計画書にまとめる作業を難しく感じる人に
     この本を紹介したいです。

なぜこの本は役に立つと思うか、簡単に説明します。

 非常に分かりやすく書いてあるからです。日本語ネイティーブスピーカーだけではなく、日本語を外国語とする留学生も読みやすいものです。

 題名に記載されている課題に応じたものであり、関係のない情報は絡んでいないからです。

 特定の分野ではなく、全ての研究に共通していることが書いてあるので,誰にでも必ず役に立つと思うからです。

著者の細川英雄先生は早稲田大学日本語教育研究科の教授、さらに研究科長として長期的研究に関わった様々活動をれました。現在、言語文化教育研究所八ヶ岳アカデミアを主宰しています。

の研究テーマは教育に関わったものなので、数年前に細川先生の非常に意味深い授業を受けた時期があります。その時、でも理解できるような説明だなと思っていました。その後、論文の構成、書き方に関する先生の本を読み、全く同じことを感じました。

  
細川先生は本の執筆が多く、殆どは先生の研究分野に関わるものです。しかし、一般の学習者に役立つ文献もいくつか発行されていますので、以下に写真で紹介します。

  4.png
紹介した本が皆さんの研究作業に役に立つようでしたら、大変うれしいです!

#ナターリア #LALA文庫