修論体験談①ー不可欠だったなあと思うこと&環境面

20180510日(木)
こんにちは。LALAのみあです。
GW明けから雨模様で、急に寒くなりましたね。体調など崩されてはいませんか?
早速忙しい日々を送られていることと思いますが、調子悪いな〜という方は、休養をしっかりお取りになってくださいね。

さて、これから数回にわたって、4月18日・22日の「LALAセミナー」でお話しした内容をまとめていきたいと思います。あくまで現時点の考えということで、変わる可能性もあります。疑いを挟みつつ、参考程度にご覧ください。
また、以下、文体の都合上偉そうに断言したりしていますが、筆者自身は相当不肖であることを承知の上でご笑納くださいましたら幸いです。

☆☆☆☆☆
やっている間はかなり手探り状態でしたが、振り返ってみて、「今の結果(無事提出&修了&進学)に至るには不可欠だった」と思うポイントは大きく分けて3つあります。

① 修論のテーマを定めるに至った個人的な動機を突き詰めたこと
② ①の作業の上で、今の専攻領域の方法で研究する必要性を捉えたこと
③ ①②の作業が私自身の日常生活と関わるものであったこと
(日常生活の中で実践でき、研究と生活が切り離されていなかったこと)


そして、上記3点すべてを可能にしたのが、

「自分と考え方や感じ方の違う人と出会い、交流を持った」
「交流の中で出会った未知の人や考え方や概念、感じた他者との相違点によって、新しい発見ができた」

という経験の数々です。
(LALAでの活動も結構なウェイトを占めています)

ということで、上記3点のお話の前に、環境面で必要だと思うことを一つ挙げたいと思います。

☆☆☆☆☆
それは、当たり前ですが、「人と交流する時間と一人の時間とのバランスを取ること」です。
(おおざっぱですみません)
人と一緒にいるだけ、一人で勉強するだけ、にならないような環境を意識的に作ると良いと思います。
もちろん、人と一緒にいても閉じこもっていては一人と変わりませんし、一人でいても娯楽などで我を忘れすぎると進歩がなくなるので、外面的な状況ではなく、内実としてバランスが取れているかに気をつけたいところです。

特に、「文献調査」など、基本的に生身の人と関わらないでできる調査方法を用いる分野であればあるほど、上記のバランスに意識的であることは大切だと思います。

「文献調査」であれば、文献が読めればいいのでは?
そのためには、専門性を高める勉強が大事なのでは? 
それなのにどうして「出会い?」と思われるかもしれません。

しかし、人の手によって成った「文献」をどう読み、どう解釈するか、という所で大事になってくるのが、その文献がどのように読まれうる可能性があるのかを、できるだけ幅広く想定できることではないかと思います。

そのためには、自分の第一印象や共感できる部分だけにとらわれない必要があり、
そのためには、実際に自分自身が、自分以外のものの感じ方に直接触れてみる経験が必要です。

また、幅広い可能性が想定できたとして、そこで頭の中がごちゃごちゃになったままでは、文章にまとめることが難しくなります。
そこで、自分はどういう視点や考え方を取ることを選ぶかを、そのリスクも考慮した上で決める必要も出てきます。
それは人との交流とは正反対の、孤独な作業です。

つまり、人と十分関わることと、一人の時間を持って、一人で考えて決めることのバランスが取れていなければ、修論で出す内容のバランスも、やはり良くないのではないかと思います。

続きます。

#みあ

「文系LALAによる修論体験談」・今昔

20180426日(木)
こんにちは。LALAのみあです。


先週、4月18日(水)、20日(金)のお昼の時間帯は、「LALAセミナー」でした。
昨年に引き続き、文系LALAが修論の執筆体験談をお話しいたしました。

最初に、
簡単なテストをご紹介します。

Q
地図はお好きですか?地図が読めますか?地図を見ながら道を歩くことが得意ですか?

YES→1へ
No→2へ


お進みください。

ーーーーーーーー

昨年の担当は、地図LOVEのベテラン・マーヤさんでした。
昨年の様子についてのブログ記事はこちらです。
とても計画的な修士課程生活であったことが伝わってくるプレゼン資料です。
学会発表などに精力的に挑戦しながら、プライベートも大切に、バランスよく研究を進めるコツが知りたい!という方におすすめです。
とくに25ページからの、「これから起こりうる問題①②」「まとめてみると」「先輩からのアドバイス」の項目は必見です!
私も修論を書く前にマーヤさんのスライドを拝見し「ぜひ参考にしよう」と思った記憶がありますが、書き終えてから見直して、改めて深く共感&納得しました。


今年は、畏れ多くも、不肖(不詳、負傷、無精…)の後輩、みあが担当しました。私は研究テーマが若干独特だったため、軸が定まらずに迷ってばかり、計画的に進めることはできませんでした。路上では方向音痴ですが、修論でも同様で、
「進路に悩む→悩む→ぶつかる→悩む→遅れる→駆け込む→セーフ」
という袋小路の過程を正直にお話しいたしました。
悩む予感を感じておられる方、研究が領域をまたぎそうで不安な方、番外編のようなケースを知りたい方、反面教師が欲しい方にはおすすめです。
ーーーーーーーー

個人的には、両方見比べてみることをおすすめします。
性格、タイプや、研究分野(談話分析と児童文学)の違いが見えてきて、面白いですよ。

今年はパワーポイントを使わないでお話ししましたので、後ほどブログ記事としてまとめる予定でいます。

それでは、今後とも、どうぞよろしくお願いします!


#みあ

過去記事のご紹介(1年生向け)

20180420日(金)
こんにちは。

LALAのマーヤです。

大学生活を始めたばかりの学部1年生に役に立ちそうな過去記事のリンクを集めてみました。

大学生活について
 ・もうすぐGWですね!〜「タスク」から外れて、「きっかけ」に立ち戻る〜

 ・スケジューリングについて


レポートや課題などについて
 ・課題のテーマの選び方

 ・課題に使える情報源

 ・初歩的なレポート課題を書く(1)―小論文・読書感想文と比べてみる

 ・初歩的なレポートを書く(2)―立場を相対化させる

 ・初歩的なレポート課題を書く(3)―まとめ

 ・「自分の意見」って何…?

 ・レポート執筆のバランス感覚


引用と参考文献リストについて

 ・引用の仕方

 ・引用・参考文献リストの書き方

 ・Google Scholarの利用法(2):参考文献の作成に使ってみる


情報検索について
 ・キーワードについて

 ・Ochanomizu Searchを利用してみてね!

 ・Google Scholarの利用法(1):論文を集める

 ・検索式


図書館利用について
 ・附属図書館活用ガイド③--図書の貸出延長・予約


LALA文庫について
 ・「LALA文庫」って何ですか


Wordについて
 ・Wordの機能を知って論文を作成する①〜④


それ以外に他の記事もたくさんありますので、左側のカテゴリで検索してみてください!

ではでは〜

#マーヤ


LALAが始まりました。

20180409日(月)
こんにちは。

LALAのマーヤです。
新学期の授業が始まって、LALAも始まりました。
LALAデスクの場所は図書館1階グローバルラーニングコモンズです。

LALAデスクの様子
LALAデスク


LALAデスクの隣にLALA文庫もあります。ぜひ目を通してください。
LALA文庫


お気軽にお越しください。
お待ちしております。

#マーヤ

最近気になった本

20180116日(火)
こんにちは。ゆ~りです。

年が明けて晴れた日が続き,気持ちのよい年始となりましたね!
しかし,一段と寒気が増している気がします。みなさん外出するときは暖かくして体調管理には十分気を付けてくださいね。

ところで、今回ご紹介したい本は、アメリカのフリー・ジャーナリストのポール・タフ氏が書いた『Helping Children Succeed:私たちは子どもに何ができるのか-非認知能力を育み、格差に挑む』(英治出版)です。著者は、子供の貧困と教育政策に関する執筆や講演活動を多数行っています。
私は、海外の学校中退をする子どもたちの家庭的背景の研究を通して、家庭の経済的な貧しさも重要な学校継続を阻害する要因だけれども、それよりも何よりも親子間のコミュニケーション、躾の仕方、親子間で愛着が感じられているかどうかの方が、子どもの健全な発達・発育、学ぶ意欲、物事を継続する力などに重要なのではないかと考えていました。この本は、アメリカの最新の研究結果をふんだんに取り入れ、こういった非認知的能力―著者の言う「やりぬく力」「自制心」「意欲」「社会的知性」「感謝の気持ち」「オプティミズム」「好奇心」―の重要性について言及し、非認知的能力を育てる学校現場の取り組みを紹介しています。

2013年に公立学校に通う「低所得層」の生徒が過半数を超えたアメリカの現状と日本の現状とは違いますが、例えばテストの点数に代表されるような目に見える能力とは別に、内面にもつ個々人の性質や性格のようなものをどのように伸ばしていくのか、またそれを評価する方法はあるのかにも言及しています。

一番大切なことは、「三つ子の魂百まで」ということわざ通り、こういった非認知的能力は子どもの幼いころの「環境」―それは周りの人との人間関係を含む―で決定してしまうということです。そして著者は、心理学や神経科学など様々な研究者らの結論を紹介し、環境による影響の中で子どもの発達を最も左右するのはストレスであると明らかにしています。逆境の中で育った子どもは、彼らが幼いほど体内の複雑なストレス反応ネットワークに強い影響を及ぼし、周りのトラブルに備えるためすぐに「闘争・逃走反応」とも言われる脅威検知システムが作動するようになると説明しています。それは危険な環境では利点はあるが、長期になると様々な免疫系の機能障害や脳の発達に影響を及ぼし,感情面や認知面での制御能力の発達を阻害すると述べています。

低所得層の人々が住む環境が、いかに人間にとってストレスをもたらす因子が多いかこういったことからもうかがい知ることができますが、それを学校の学習・生活環境において,教師との関わりの中で少しずつ改善していく取り組みをアメリカでは始めています。
お茶大の生協でも販売されていましたので、ぜひご一読ください!
近日中にお茶大図書館にも入る予定です。
☆図書館に入りました!(2018.2.15)
  図書館(一般図書) 371.4/To75
OPAC検索結果 → http://www.lib.ocha.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB24456348

格差社会において、私たちは何ができるのかを改めて考えさせられる一冊となると感じています!

#ゆ〜り