論文における「主張」とは何か。

20171014日(土)
こんにちは!LALAのゆ〜りです。
急に冷え込んできましたね。皆さん寒さ対策をしっかりして風邪などに気をつけてくださいね。

今回は論文における最も難しいテーマ、自分の論点をいかに主張するかについて考えてみたいと思います。この点に関しては、まだまだ自分も道半ばですので、みなさんと一緒に考えていければと思っています。

まず、「主張」とは、こんな論点を主張しなさいと誰かが教えてくれるわけではありません。自分が普段の社会生活などで疑問に思っていること、もっとこうしたらいいのにと思っていることなど、何らかの自分の違和感(問題意識)を大切にし、その芽を育てていく必要があります。「一般的にはこう言われているけど、なぜそうなるのだろう」といったまだ明確に解明されていないことや、「この問題に関してこういった意見とああいった意見があるけど、どちらが本当なの?」と疑問に思ったことがあれば、それを大切にしていくのです。

つまり、自分の「主張」とは、自分の中にある明確な問題意識が前提にあってできるものなのです。そこで初めてこれまで他の人たちはその問題をどのように考えてきたのか、すでにどこまで解明されているのかなどを先行研究から探っていくのです。そのうえで、改めて自分の考えを掘り下げ、練り上げていく作業を行い、まだ見えていないところはどこなのか、どこに問題があるのかを明確にしていくのです。そのため、研究における「主張」とは、先行研究の熟読の中から出てくるべきものなのです。単に自分はここが問題だと感じていてこうすれば解決すると主張するだけでは意味がないのです。なぜなら、すでに自分が考えていることは、先人たちが主張してきて解明されていることかもしれないし、実は自分が着目していることよりももっと重要な解決すべき問題が別のところにあるかもしれないかからです。単に自分が気づいていないだけなのかもしれないのです。そのため、研究は自分勝手な見方では成り立たないのです。謙虚に先人から学ぶ姿勢が重要なのです。それが社会的意義のある研究につながっていきます。

自分の問題意識を掘り下げる作業は、自分の人生における課題や生きづらさを感じている部分かもしれず苦しい作業になりますが、その作業は必ず自分の人生を良い方向へと導いてくれます。悩んだら悩んだ分だけ、葛藤したら葛藤した分だけ、それを乗り越えた時に見えてくる世界が違います。楽しみにしていてください(*^_^*)

また続きは少しずつ書いていきたいと思います。

#ゆ〜り

Google Scholarの利用法(1):論文を集める

20171014日(土)
Google Scholar」を利用したことがありますか?日常的にインターネットのGoogleで調べたいことを検索することは多々あると思いますが、研究論文を書く際には、Googleよりも学術的なことに特化した「Google Scholar」を利用することをお勧めします。

「Google Scholar」の検索窓にある「巨人の肩の上に立つ」は、どんな研究でも先人の研究蓄積の上に成り立っているという意味です。論文を書くにあたって、その研究テーマについての先行研究を集めて、それらの研究から新たな知見を見出すことが重要になると思います。

先行研究論文の収集方法については、このLALA Tipsの過去記事にもありますので参考にしてみてくださいね。
キーワードについて(2017/5/22)
Ochanomizu Searchを利用してみてね! (2017/5/30)
データベース「Scopus」について(2017/6/16)


まずは収集した論文の中で、読んでみて一番興味深かったものを見てみましょう。
すると学術論文には「」(脚注や後注)と「参考文献」が大体ついています。
「注」には、論文の中に書かれていることの典拠や論拠が示されています。「注」があることによって、その内容が著者の独りよがりではないことがわかります。
つまり注がない場合は、どうしてそういうことが言えるのか根拠不明になってしまいます。
「注」がない文章は、あまり学術的ではないと言えるでしょう。

この「注」にある論文を探して読んでみると、さらにその論文にも「注」や「参考文献」が載っていて、またそれも自分の研究テーマに関係がありそうだったら、探して集める必要があります。
こうして芋づる式に論文が集まってきますが、これを「Google Scholar」を利用することで、多少は手間が省ける場合があります。

「Google Scholar」での検索式は以前マーヤさんが紹介してくださった記事を参照してください。検索式にはAND(AとBの両方を含む)、OR(AかBのどちらかを含む)、NOT(Aは含むがBは含まない)、フレーズ(完全一致)があります。
例えば「gender sports」という単語入れて検索すると以下のような結果が表示されます。

Google Scholar検索結果画面

検索結果の左側のメニューで論文の発表時期や言語を指定することも可能です。
場合によっては、論文の全文もしくは要旨へのリンクが表示されるのでとても便利です。

また、検索する際には論文のタイトル中の用語からの検索だけではなく、常日頃から自分が関心があるテーマの「関連用語」を集めてメモしておいて、論文検索に役立てることもお勧めです。

いろいろ試して利用してみてください。

#情報検索 #後藤

引用・参考文献リストの書き方

20171006日(金)
こんにちは。LALAのマーヤです。

引用の仕方の記事では、レポートなどの本文での引用の示し方について説明しましたが、レポートなどの最後のページに引用した文献や参考した文献のリストを入れる必要があります。必ず引用・参考した文献をすべて入れなければなりません!

基本的に次のような情報が必要です:

書籍
著者名(出版年)『著書名』出版社名.

雑誌の論文
著者名(出版年)「論文題名」『雑誌名』巻数(号数)、ページ.

新聞記事
著者名(分かる場合)「題名」『新聞名』朝刊・夕刊、版(地方版の場合)、発行日、掲載ページ(面).

ウェブサイト
著者名(公開年)「題名」サイト名 サイトのURL(閲覧日)

その他に著者が複数の書籍・論文や、編著の書籍、翻訳書、書籍に載っている論文などがあります。載せる情報と形式が若干違ってきますので、ご注意ください。

また、表記には様々な方式があります。例えば、アメリカ心理学会のAPA方式が有名です。レポートの場合、どのような方式を使えばいいのか必ず先生に確認してください。投稿論文の場合、投稿先の指定があるはずです。指定がない場合、必要な情報を書いて、形式を統一したら、それで大丈夫です。慣れている方式を使ってもいいかもしれません。私はそういう場合、よくお気に入りのAPA方式を使っています。

秘密情報:実はRefWorksなどの文献管理ツールには大抵文献リスト作成の機能が付いています。様々な方式で五十音順やアルファベット順に沿ってリストを作ってくれます。魔法です!引用・参考文献が多い場合はすごく助かります。ぜひ使ってみてください。

文献リストの表記の仕方をまとめるのが難しく、今回の説明は短かったのですが、もっと詳しい情報はいくつかのLALA文庫またはAPA論文作成マニュアル(図書館にある)に載せてあります。それらを参考しながら、文献リストを作ってください!

ではでは〜

#マーヤ

引用の仕方

20171004日(水)
こんにちは。LALAのマーヤです。

レポートなどで文献から調べた知見を述べるとき、それが引用であることを明記しなければなりません。その際、引用の範囲をはっきり示し、出典を書くことが必要です。今回の記事ではLALA文庫A7「思考を鍛えるレポート・論文ア作成法」を参考にしながら、一般的な引用の種類及び出典の示し方について簡単に説明します。

具体的な形式は分野や学術雑誌によって異なる場合があるので、レポートを書く際は先生に確認してください。ポイントは本文中において統一した形式を使うことです。

(次回の記事では引用・参考文献リストの書き方について説明しますので、併せて読むと、もっと分かりやすいと思います)

引用の種類

 ☆直接引用:著者の文をそのまま使うとき

  短い(5-6行まで)直接引用
   鉤括弧「」で括る
   最後の句点を記載しない

  長い直接引用
   括弧を使わない
   1行を開けて、引用の全体のインデントを下げるのが一般(分野による)
   省略しているところに[中略]を入れる

 ☆間接引用:自分の言葉で内容の要約する;括弧を使わない;

 ☆その他の引用:写真、表、図などをそのまま入れるか、修正・加筆する(修正・加筆した場合、それを明記する)

出典の示し方
 
 ☆本文中
  必要な情報:著者名の名字のみ、出版年、記載されているページ(分野による)

  出典先を本文中に入れる
   例:お茶(2017)は……と述べている。

  引用の最後に丸括弧の中に入れる
   例:……と明らかになっている(お茶, 2017)。

 ☆注釈 (形式は文献リストの記事を参照)
   例:……と明らかになっている(1)

※同年に同じ著者の複数の文献を使う場合、出版年の後に小文字のアルファベットを入れる
 例:お茶(2017a)お茶(2017b)

※注釈に出典を示した場合以外はレポートなどの最後のページに必ず文献リストを入れる必要があります。(詳しくは文献リストの記事を参照)

孫引き:他の文献に引用されている文献を引用するということです。なるべく原書から引用してください。

剽窃引用であること、その正確な範囲、出典を示さない場合、剽窃になります。犯罪です!

マーヤのTip 定義などではない限り、なるべく直接引用を使わない方がいいと思います。読んだことをよく理解して、原文を見ずに自分の言葉でまとめてみましょう!

今回は引用の仕方を簡単にまとめました。もっと詳しく知りたい方はLALA文庫に目を通してください。ほとんどのレポートの書き方についての本に記載されています。

ではでは〜

#マーヤ

文献カードでの整理法

20170803日(木)
 いよいよ長い夏休みが近づいてきました。
普段、授業に追われて、なかなできない趣味の読書をしたり、読まなきゃならないのに”積ん読”になってしまっている本をぞんぶんに時間をかけて読んだりできる時です!

さて研究テーマが決まって、情報を検索して文献をそれなりに集めて、さてこれをどうしようとなる場合もあるのではないでしょうか?

以前、ちゃちゃさんが「先行文献の整理法」で文献カードについて紹介していましたが、具体的に「文献カード」ってどういうものなのでしょうか?と質問がありましたので、ここで私なりの「文献カード」を紹介したいと思います。

文献はレポートや論文を書くときに、注に文献タイトルとページを入れたり、論文末の参考文献リストに入れたりすることがあるでしょうから、書誌情報(著者名、本または雑誌のタイトル名、論文の場合は掲載されている本または雑誌名、雑誌の場合は巻号、出版社、出版年、ページ 等)は記録しておかないと、後でもう一度調べ直すことになります。書誌情報に加えて、内容、読んだ時の雑感をメモしておくと便利です。

■電子媒体のカード
(1)RefWorksなどのアプリを利用する方法
LALA文庫の本棚にRefWorksのマニュアルがありますので、ご覧ください。図書館のサイト(HOME > 学習・研究サポート > 文献管理ツール)からもRefWorksのサイトに行くことができます。

(2)Excelなどの表計算やデータベースのアプリを利用する方法

下で紹介する紙の文献カードの電子版をファイルにするようなことなのですが、電子ファイルの利点は、とりあえずで入力したデータを、あとから著者名順や出版年順、テーマ分類順にソートできるという点と、調べたい言葉で検索できるという点です。

■紙の文献カード
文具店でいろいろな大きさのカードが売られていますが、たくさん記入したいのならばA5のカード、最低限の書誌情報が入ればいいのならばA6でもいいかもしれません。カードの左側に書誌情報と内容、右側に自分なりのメモを書きます。
文献カード
著者名をカードの頭に出したのは、カードを著者名順に管理することを想定しているからです。場合によっては、先にテーマ分類で仕分けして、その中で著者名順に並べると、後で見やすくなると思います。またその文献の中で気になる言葉や文章があったら、カードの裏にメモ(掲載されているページも)しておいてもよいかもしれません。

紙のカードの長所は、パソコンやタブレットがなくても(例えば停電しても)利用できる点と、床にカードを並べてみて、あーでもないこーでもないと考えられる点でしょうか。

いろいろ試してみて、自分なりの文献カード整理法を開発してみてください。

では、楽しい夏休みをお過ごしください\(^o^)/。

#情報検索 #後藤