テーマやトピックは決まっているけど、どうしたらいいのか分からないとき

20200109日(木)
こんにちは、月曜日11-13時と金曜日15-17時にLALAデスクにいます、ジェンダー社会科学専攻のジャニスです。
(本日2020年1月9日木曜日11-13時は臨時で在席しています。)

今回はレポートや論文で書くべきテーマやトピックは決まっているけれど、そこからどうしたいいのか分からないときにヒントを見つけられそうな方法をご紹介します。もちろんLALAデスクにも相談にきてくださいね〜。

■ 何から始めればいいか分からない(授業課題からヒントを拾う)
授業で扱ったことのあるトピックならば、授業ノートや課題文献、参考文献としてあげられたものを読み返してみましょう。文献についていえば注釈まで丁寧に読みます。そのなかで、講義を聞いて板書を写したときや、前に読んだときには気づかなかった、論理的な飛躍や説明不足に感じるところはないでしょうか。

授業でやったことを踏まえたうえで何か別のことについて調べて書く課題の場合も、手元にある資料にヒントが埋もれていることはよくあります。学んだあとに読み返すと疑問が湧いてくることも、知識を得て思考が深まったあとに最初からぼんやりと抱いていた違和感が増大することもあります。そういった疑問のかけらを恐れずつかまえるつもりで復習してみましょう。

こうした復習作業は必ずしも一人でやる必要はありません。他の受講生と複数で一緒にやるのもありですよ。

■ 何から読めば分からない(手がかりが多すぎる)
あれもこれもやらなければならない、読まなければならないけれど、どれからやればいいのか分からない。やるべきことは分かっているつもりなのに、優先順位が分からなくて何も始められないときはどうしましょう。

入門書に立ち戻るのも一つの方法です。ここでいう入門書というのは、研究者が自身の専門分野について一般の人向けに分かりやすく書いたもののことです。新書や選書の形態であることも多いので、お茶大図書館の文庫本・新書の棚に行って探索するのもおすすめです。(インターネットには新書マップという楽しいサイトがあるのですが、新書という出版形態が一定の質を保証するものではないことには注意が必要です。)新書で飽き足らない場合は放送大学のテキストの棚も見てみましょう。そしてできれば同じテーマやトピックを扱っている本を複数冊読んでみます。

いくつか集めたら複数の入門書を発表された順に並べ、古いものから新しいものにかけて、繰り返し参照される理論家や研究者による書籍や論文を見つけて、次の調べ物につなげます。

じつはテーマやトピックを決めるときには、課題を仕上げるまでの時間と書き上げる文章の長さで自動的に決まるところがあります。なので、このやり方だと少し大きめのテーマにたどりつくことになります。そういうときは次のやり方はどうでしょう。

■ 1件目の文献を「ちゃんと読む」
もしも課題に取り組むにあたって文献が指定されている場合、あるいはそのテーマやトピックについて書くなら必読とされる書籍や論文が判明している場合、それを読みます。一人の著者による複数の文献が必読なら、発表年の早いものから読んでいくと理解しやすい可能性が高いです。読みきれないほどの数があるのなら、よく引用される短めのものをまずは選んでみます。

文献を「ちゃんと読む」感覚がつかめないときは、読んで書くところまで時間と字数の制限を決めて要旨を書いてみます(たとえば6時間以内で読み終えて1600字以内で要旨を書きあげるところまでやる)。要旨を書きあげたら、じつは知識がなかったり難解すぎて簡潔にまとめられず入れ込むのを諦めたり誤魔化したりした自覚のある部分はないでしょうか。そこから 文章を書く具体的なアプローチにつなげることもできます。「ちゃんと読む」作業をしたあと、あるいは要旨を書いたあとに、ブレインストーミングやフリーライティングといったアイデア出しの手法を試してみるのもいいかもしれません。

ちゃんと読む」ときは巻末註や参考文献リストまで確認することを自分に課します。「確認」というのは少しでも疑問に思うことがあれば元の情報源にあたる、ということです。確認してみたものの、腑に落ちない、もう少し調べたい、きちんと整理して考えたいと思ったところがあれば、そのタネを育ててみます。

■ お茶大図書館の蔵書検索結果を使いこなす
じつをいうとどんな学術データベースを使ったとしても、経験の浅いうちは質の良い優れた論文を探し出すことは容易ではありません。悲しいことに質の高くない論文との出会いは当該分野の初学者にこそ起こります。使いこなすこと自体が難しい論文のデータベースと比べると大学図書館にある書籍のセレクションはずっと頼りになります(ちなみにオンライン書店の検索機能はそれ自体が研究対象でないのなら学術目的の調べ物には全く向きません)。アカデミックな調べ物があるときは何はともあれCiNii Booksを含め大学図書館の蔵書データベースを活用しましょう

お茶大図書館の場合、検索結果の詳細の下の方に類似資料が並んでいます。レポートなどのテーマ探しの段階や、具体的に参考になりそうな文献を探しているときには、この欄にも注目してみます。

複数の著者による書籍であれば、目次の詳細も見てみます。論文集の場合、同内容のものが個別の論文として発表されていることがあります。執筆者の名前などで検索すると元の論文や類似テーマの文献が公開されていることもあるので、書籍そのものがお茶大図書館になくても論文がないか探してみましょう

■ CiNii Booksを経由してGoogle Scholarを使う
お茶大図書館の蔵書を含め、CiNii Booksの検索機能と並行し、その検索結果から得られた著者名や書籍や論文のタイトル、キーワードを使って、 Google Scholarでも検索をしてみます。Google Scholarのよいところは標準的な検索結果表示が引用件数順なので、「ハズレ」の文献に最初に当たることが比較的少ない点です。なので、漠然と調べてそこからインスピレーションを得て書くタイプの人にもGoogle Scholarはおすすめです。

お茶大の学内ネットワークでGoogle Scholarを使うと検索結果から直接全文が読めるリンクが示されることもあります。また「引用元」の情報を確認すると、その文献を引用している論文や書籍に行き当たるので、重要な研究を批判的に継承した研究を探す場合にも便利です。ぜひ一度試してみてください。

通常の方法以外に、Google Scholarは条件を指定しての検索もあります。

#ジャニス #レポート・論文 #情報検索

音楽のイメージをアカデミックに表現する!『音楽の文章セミナー』

20191227日(金)
こんにちは!
火曜と金曜担当、音楽学専門の林です(音楽学って?という方はぜひ自己紹介記事に飛んでみてくださいね

2019年最後のブログは、音楽を扱った研究テーマの人にぜひ読んで頂きたい、この本の紹介です!


LALA文庫:B13
『音楽の文章セミナー プログラム・ノートから論文まで』
久保田慶一 [著]
音楽之友社


以前ご紹介した、LALA文庫:C14 『音楽の文章術 Writing about Music』 がどちらかと言えば修論以上の学生さん必読の内容だとすると、本書はより、卒論や初めてのレポートに臨む方にオススメです。


オススメするポイント
「何から手をつければ良い?」ゼロからの出発に心強い構成


 音楽について文章を書くということは、大学までの一般的な教育では行われていません。
 音楽の授業で経験されるようなレポートは、「感想文」であり、大学生以上に求められるアカデミックな文章とは異 なるものなのです。
 より正確に言うと、「音楽から得た自分のイメージや感情」を表すのが感想文だとすれば、「音楽そのものについて 説明する」のが、レポートや論文と言えるでしょう。

とは言え、初めて尽くしの執筆作業、どう行えば良いのか?と途方に暮れてしまいますよね。

そんな時に本書を手に取れるあなたはとてもラッキーです!

というのも、本書の構成は、


1. 音楽的リテラシーを身につける
(視点の見つけ方、情報の探し方・選び方、引用の仕方)

2. 音楽の文章表現を身につける
(主題、形式、和声、歌曲、オペラの説明の仕方)



となっています。
つまり、視点の見つけ方から、具体的な作品の説明の仕方までが時系列順に網羅されているのです。

特にありがたいのは、
「形式」や「和声」といった、音楽を専門にしてる学生なら一通り勉強はしているものの、受けてきた教育や能力によって、理解に差がある項目について、丁寧な解説があることです。



論文やレポートを書く作業において、案外もっとも時間をかけてしまうのが、「構成」や「言い回し」です。
指導の先生にはいちばん大切な「中身(自分の発想、発見など)」をじっくりみて頂くためにも、自分でクリアーにしておきたいですね!
もちろんLALAデスクへ相談にきて頂くのも、大歓迎です!!


あっと言う間に、今年も年の瀬ですね。
お正月はゆっくり体を休めて(修論提出予定のみなさま、追い込みは健康な体があってこそです!!)、また図書館でお会いしましょう

#林 #LALA文庫

忙しいけどちゃんと書きたい人のための卒論執筆伴走ガイド

20191220日(金)
こんにちは、月曜日11-13時と金曜日15-17時にLALAデスクにいます、ジェンダー社会科学専攻のジャニスです。

今回は新しくLALA文庫に追加された、村上紀夫『歴史学で卒業論文を書くために』(2019、創元社)【C23】を紹介します。LALA文庫のC「レポートや論文作成など、大学での学びに関するもの【上級】」の棚のほか、請求番号207/Mu43で一般図書の棚にもあります。

歴史学のみならず広く人文科学の分野で卒業論文を執筆しようとしている人にも役立ててもらえるよう一般化を心がけた」という本書、目論見通り歴史学の人(とくに日本史の人)に参考になることが詰まっていますが、それ以外の分野の人にも一読の価値があります。

全体で13章、中間地点に近い第5章が「夏期休暇の有効活用」です。もしもあなたが学部4年生のゴールデンウィーク前にこの本に出会うことができたら、そのすべてを活かすことができます(なんという幸運!)。あるいは大学のようなフォーマルな学びの場から離れてしばらく経ってから再び学部や院で学ぼうと考え始めたタイミングで手に取れば、その覚悟を決められるでしょう。

本書の丁寧な章立てから、論文執筆にかかわる作業手順の全貌と留意しておくべきポイントは、相当分かります。といっても本書に書かれていることのほとんどは、この本を手に取る人なら授業やゼミで指導教員や先輩たちから言われた覚えのあることばかりでしょう。じつのところ論文執筆にかんするアドバイスのほとんどは、何度も聞いたり見たりするなかで(場合によっては他人に伝えたり説いたりすらしていくうちに)自分自身の学びに浸透していき、卒論や修論を執筆する時期(学年)を迎えるものかもしれません。

内容の紹介に戻ると、第3章「論文の集め方と読み方」であげられているダメなやり方は、多くの学生がやりがちなことで(わたしも覚えがあります)、耳の痛い指摘です。

「一番ダメなのは、図書館で論文をいくつもコピーして読むのが面倒だからといって、とりあえずCiNiiを使って、手っ取り早くダウンロードできるものだけを選ぶこと。」(41)



そして論文集めの段階だけでもそこそこ「面倒」だからこそ、卒論については細かなアドバイス以前に第一に「早め早めに手を付け、作業を進める」(6) べきと言われ、そんなことは誰だって分かっていることではあります。しかしなかなかそうもいかない。だから…

「もし今が夏休みを過ぎていて、卒業論文が待ったなしの状況だったとしたら、とにかく目次を見て、今あなたに必要なところを読んでほしい。後半には、卒業論文の執筆作業をするにあたって必要な項目ごとに、できるだけ具体的に、何に注意して、どうすればいいかを書いている。困っていることがあれば、何かのヒントになるかもしれない。」(7)



という励ましを本書から得たのなら、このさい真に受けてしまいましょう。

面白いのは第12章「下書きが書けたら」で挙げられているようなよくあるミスや確認すべき点が、分野が異なればあり得るミスの種類も違うのに、なぜだかどこか見覚えや聞き覚えのあるものだということ。

「なぜか毎年必ずあるのが、片仮名のニと漢数字の二の打ち間違い。(略)こういう明らかなケアレスミスは減点対象である。うっかりミスにすぎないじゃないかと思うかもしれないが、たとえば「三分ニナリ」(三〇パーセントになる)と「三分二ナリ」(三分の二である)ではまったく意味が変わってくる。こうしたミスがあると、資料をちゃんと読まれているか疑われることになる。」(193-4)



卒論や修論は(他の人のためではなく)まず自分自身のためともよく言われます。きちんと調べて考えて、真面目に書けばボツにならない文章を書く機会は、じつはかなり得難いものです。卒業論文のテーマを決め、最後の一文まで書き上げ、締め切りに間に合うように印刷・製本して提出し、審査を受けるまで——長い道のりですが、この本はそうした過程のどの段階においても心強い味方になってくれるはずです。

#ジャニス #LALA文庫 #卒論

図表作成に使える!オススメ無料ツール4選

20191217日(火)
こんにちは、LALAの小林です!
レジュメやプレゼン資料を作る際に、意外と苦労するのが図表作り。
Wordやパワーポイントの図形機能が使いづらくて困っている人も多いのでは?
そこで今回は、図表作成に使える便利なツールをご紹介します!

フローチャート・概念図 
draw.io https://www.draw.io/
図形をドラッグ&ドロップで直感的にフローチャートや概念図を作成できるツール。
登録やダウンロード不要ですぐに使えるのも魅力。作成途中のデータはPCやクラウドに保存することができますよ。
drawio.png

おすすめポイント
☑️ドラッグするだけで簡単に矢印や線で図形をつなげられる!
wordやパワポで図形同士を線で結ぼうとすると、図形を描いてから直線ツールでつなげて…とかなり手間がかかりますが、draw.ioなら図形の頂点をドラッグするだけで簡単に線が引けちゃいます!図形を動しても自動で線を引き直してくれるのでとっても便利!
☑️様々な形式での出力に対応
作った図表はpngやjpgなどの画像形式で出力可能!
wordやパワポで作った画像はと移動するたびに崩れてしまうこともありますが、1枚の画像になっていれば文章内での拡大縮小や移動が簡単にできますよ。



マインドマップ
mindmeister https://www.mindmeister.com/
オンラインで利用できるマインドマップ作成サービス。直感的な操作と豊富なスタンプでかわいくマインドマップが作れますよ!
ダウンロードば不要。無料で作成可能なマップは1枚だけですが、1つのマップ(ファイル)に複数のマインドマップを作ることもできるので、無料でも十分活用できますよ。
mindmeister.png

おすすめポイント
☑️絵文字や装飾で可愛く!わかりやすく!
mindmeisterの特徴は装飾機能の使いやすさ!
絵文字や色変え、枠の変更など、装飾に必要な機能がパッと目につくところに配置されているので、ペンでただ書くよりも見やすくてかわいいマインドマップが簡単に作れます!



グラフ 
chartblocks https://app.chartblocks.com/
データをもとにおしゃれなグラフが簡単に作れるサービス。
エクセルやスプレッドシートをインポートするもよし、直接データを入力するもよし。
円グラフや折れ線グラフなど様々な種類のグラフがワンタッチで作成できますよ。
cahrtblock.png

おすすめポイント
☑️あらゆるサイズに対応!
グラフ作成後に画像のサイズを変更できるレスポンシブルグラフなので、プリント用に作ったグラフをポスター用に大きくしても綺麗なまま印刷できますよ!各種SNSへの共有機能も充実しており、様々な媒体でグラフを使うことができます。



インフォグラフィック
canva https://www.canva.com/ja_jp/
おしゃれデザイン作成ツール決定版!
豊富な素材とテンプレートで誰でも簡単におしゃれなポスターやインフォグラフィックを作ることができますよ。
文章に挿入する画像を作るのではなく、全体的なデザインをしたい時にオススメです。
ちなみに、LALAのしおりやポスターはコレで作っています。
canva02.png

おすすめポイント
☑️かわいい日本語フォントが充実!
インフォグラフィック作成ツールは英語向けが多く、日本語のフォントは簡素なものしかない場合がほとんど。
その点canvaはかわいい日本語フォントが種類も多いので、おしゃれ度がワンラクアップ!
☑️高さや幅を合わせやすい自動ガイドが便利
canvaでは自動で他の素材との高さを合わせるガイド線が表示されるので、デザインを整えるのも簡単。
「円の真ん中にテキストを置きたい!」という時も、ガイド線があればバランスよく配置できますよ。



いかがでしたか?
最近は使い方を見なくても直感的に操作できるツールがほとんどなので、PC操作が苦手な人にも使いやすいものがたくさんありますよ。
今使っているソフトが合わないな〜と思ったら、上に紹介したようなツールをぜひ使ってみてくださいね!


小林

LALA文庫紹介『哲学の道具箱』

20191210日(火)
こんにちは、LALAの小林です!

先行研究を読む際には相手の足りない部分を発見する批判的な視点が必要ですが。
でも、どんなところに注目すればいいのかよくわからなかったり、的外れな批判をしてしまったりすることもありますよね。
そんな時は、論理学の力を借りて自分や他人の論を見直してみてはいかがでしょう!

写真 2019-12-10 14 09 57

『哲学の道具箱』
著者:ジュリアン・バッジーニ/ピーター・フォスル
訳者:長滝 祥司/廣瀬 覚
[LALA文庫|F8][OPAC検索結果はコチラ]


こちらは哲学で使われる重要な概念を簡単に説明した本です。
哲学の入門として利用できるほか、自分や他人の議論を検証する際にも役に立ちます。

おすすめポイント

●議論でよく聞く用語をしっかり理解できる
「循環」「トートロジー」「論点先取」などは議論でよく聞く用語ですが、ちゃんと理解できているか怪しい…なんてことありませんか?
この本ではそうした論理学の基本的な用語が解説されているので、意味をしっかり理解して議論を正確に進めるのに役立ちます。
また、上手くいっていない論証の例が論理学の用語に従って細かく分類されているので、自分や他人の論理が間違っている原因を見つけるヒントにもなります。

●気になる項目だけ確認できる辞書形式が使いやすい

目次を見ると小難しい用語が並んでいますが、解説はそれぞれ1p~2pほどとコンパクトにまとめられているので気軽に読むことができます。
辞書のように必要なところだけ引いてちょっと読むという使い方ができるので、気分転換のパラ読みにおすすめです!
解説では関連項目も紹介されているので、内容を広げていくこともできますよ。

●重要な事例紹介で理解が広まる
身近な具体例の豊富さもさることながら、哲学史的に有名な事例が紹介されているのも大きなポイント。
具体的な論争を元に「反例」や「両刀論法と角」などの論証方法が解説されているので、哲学の入門書として役に立つのはもちろん、専門外の人も用語と論争を結びつけながら理解することができます。

とくにおすすめ👉「第三章 論証評価のツール」



タイトルに「哲学の」とありますが、ここで紹介されている議論の方法は哲学の枠を超えて広く使えるものばかりです。
とくに、既存の論の反証方法が多数紹介されている第3章は、先行研究や文献に対してどう批判を加えたら効果的か考えるヒントになると思いますよ。


LALA文庫には続々新刊が追加されています。
紹介しおりも配布中ですので、是非チェックしてみてくださいね!

小林