LALAセミナー報告 その1

20190506日(月)
こんにちは!
LALAの中村です。
GW最終日のはずですが、お茶大は今日から授業が再開されましたね。
大型連休、皆さまどのようにお過ごしだったのでしょうか。

今日は、連休前に開催した春のLALAセミナーの報告をさせていただきます。
当日、お越しいただけなかった皆様にもお伝えしたい内容を、
何回かに分けて投稿していきますね。


春のLALAセミナー
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
報告その1
本日のテーマは、
「ゼロからどうやって研究計画を立てたのか」
です!


私は学部卒業後、社会人になった後にもう一度勉強をしたくて
大学院の舞踊コースへ進学しました。
理系→文系
農学→舞踊
という畑違いの分野から来たため、
勉強の仕方も研究の仕方もゼロからのスタートでした。
修士一年目の前期は右も左も分からず、
研究も進まず、苦しい日々でした(;д;)

今から振り返ると、研究がスムーズに行き始めたのは
研究方法を決める
研究対象を決める
この二つをクリアした後でした。

セミナーではどうやって私が①研究方法②研究対象を決めたのかについて
お話しさせていただきましたが、
今日は簡潔にポイントだけお伝えします。

この二つを決めるときにポイントになったのは、
「大学院への志望動機」
でした。
なぜ、大学院へ進学したかったのか。
何を、研究したかったのか。
自分の問題意識の根っことなる「志望動機」まで振り返ることで、
自分の興味関心からぶれずに研究方法・対象を定めることができました。

実は、これ、LALA文庫C11『研究計画書デザイン』に同じことが書いてあります。
本書は過去にナターリアさんが紹介してくださっています。
研究計画書デザイン
問題関心からテーマを絞っていくことに対して、本書では以下のように説明しています。

”自分の個人的な体験や経験の中での、ぼんやり漠然とした関心を、自分の将来の専門性へ少しでも近づけるために、その研究テーマへ向けて、自分を自分を極端に自覚化させ、意識化させていくという作業”=問題意識化

テーマを一つに絞り込むために

動機(なぜ)…テーマを選んだ理由
具体例(だから)…それを説明するエピソード
当面の結論(と考える)…自分の考えのまとめ

という手順を踏むと良いと書かれています。
この具体例が研究のオリジナリティに繋がっていくそうです。

本書の後半では論文の書き方についての指南もありますが、
是非研究生、修士1年目で
これからどうやって研究をしていこうかと考えている方々にオススメしたい一冊
です!


LALA文庫の紹介にも派生しましたが。
今回の報告その1のまとめは、
「動機から研究方法・対象を決める!」です。
まずは、自分の考えの中に深く潜って自問自答する時間が必要かな、
と個人的には考えています。

自分の考えを整理するために、人に話を聞いてもらうことは有効です。
考えすぎてよく分からなくなった時は、
気軽にLALAを訪ねてきてください(´∀`*)
いつでもお待ちしてます

LALAセミナーのお知らせ

20190417日(水)
こんにちは!LALAの中村です。
今日は来週開催予定のLALAセミナーのお知らせをさせていただきます(#^.^#)

のLALAセミナーは、「修士論文体験談」です

新年度への期待に胸を膨らませつつ、
これからの研究について漠然とした不安を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

思い返すと私も2年前、社会人から久しぶりに学生に戻った当初は戸惑いばかりでした。
修士1年生の前期は授業もあるし、自分の研究のことも進めなくてはならないし、
たくさん悩み、誰に相談してよいかも分からず、辛い時期を過ごしました。
この時はまだLALAの存在を知らなかったのです

同じような悩みを抱えてらっしゃる方のお役に立つことができれば•••
ということで、私が入学してから研究テーマ・対象・方法を定めるまでのプロセスを皆さんにお伝えしたいと思い、
春のセミナーで体験談をお話しさせていただきます。


題して・・・
『文系LALAによる修士論文体験談 〜ゼロからのスタート〜』
春のLALAセミナー424

副題の通り、修士課程に入学した時、私の研究はゼロからスタートしました。
先行研究の知識もなく、研究の仕方も分からず、本当に2年で卒業できるのか不安だらけでした
そんな私が2年で修士論文を書くことができたのは、
たくさんの人の協力あってのことです。
LALAセミナーでは、そのプロセスについてお話しさせていただきます。
研究内容にはほとんど触れず、いろんな分野の方に参考にしていただける内容にしたいと思っています。

ご参加、お待ちしております


#中村

LALA文庫紹介『伝わるデザインの基本:よい資料を作るためのレイアウトのルール』

20190416日(火)
こんにちは、LALAの小林です!
「自分の作った授業のレジュメやプレゼン資料、なんだかカッコ悪いな…」と思ったことありませんか?
見た目の良さは伝わりやすさ。
勉強したことをしっかり伝えるために、デザインを学んでみませんか?

というわけで今日のオススメ本はコチラ!
写真 2019-04-16 14 54 39

『伝わるデザインの基本:よい資料を作るためのレイアウトのルール』
著者:高橋祐磨,片山なつ
請求番号:727/Ta33,LALA文庫G4 [OPAC検索結果はコチラ]
※LALA文庫は館内利用のみ。館内所蔵のものは貸し出しも可能です。


🌸オススメポイント🌸
大事なポイントが一目でわかる紙面デザイン
伝わるデザインを教える本が見やすくないわけがない!
図解や例示が多く、各ページの小見出しを見るだけで何をすればいいかがわかります
「デザイン全然わからないし、一から学ぶのは大変かも…」と思っている人こそ
ぜひ一度本書を開いてみてください。パラパラめくるだけでも勉強になりますよ!

● プレゼンだけじゃなくレジュメ作成にも使えるテクニックがたくさん
「偽物の太字にご用心」(p.26)、「強弱をつけて構造を明確に」(p.54)、「余白の作り方」(p.76)など
すぐに使えるデザインのコツが盛りだくさん。
特に「第二章 文章と箇条書きの法則」は必見!
レジュメ作成時に使えるWordの機能を丁寧に説明してくれているので、
Wordの入門書としても使えます。

● 情報をデザインすることで思考を整理する
人に伝わるデザインを考えるということは、見た目だけの問題ではありません。
デザインするによって、自分の思考が整理・洗練されるという点に意味があります(p.8)。
一人でもくもくと勉強を進めていると、情報が増えすぎて混乱してしまうこともあるかもしれません。
そんな時に「どのように情報を整理すればいいか」というデザインの視点は
思考を組み立てる際のヒントとしても役に立つでしょう。



私もこの本を読んで早速レジュメの手直しをしました!
文字のサイズ変えたり、囲み機能を使ってみたり、少し手を加えるだけで見栄えが良くなるのはお得感ありますね。
皆さんも是非読んでみてください!

#小林 #LALA文庫

舞踊教育学コース卒業公演:いつもとは違う見方をしてみませんか?

20190415日(月)
はじめまして!
2019年度4月から新しくLALAに加わりました、中村まいと申します。
比較社会文化学専攻D1、舞踊のコースに所属しております。
よろしくお願いいたします!

初めてのブログ投稿ですが、
今日は本学舞踊教育学コースの学生にとって年に一度の晴れ舞台、
創作舞踊公演(卒業公演)のご案内をさせていただきます。

『第46回お茶の水女子大学創作舞踊公演 en-counter』
2019年4月26日(金)18時30分開場 19時開演
会場: なかのZERO 大ホール (JR・地下鉄東西線 中野駅南口 徒歩8分)
前売券:1,500円 当日券:2,000円
詳細はこちら↓
http://www.li.ocha.ac.jp/ug/geijutsu/buyou/news/2019/d006929.html
創作舞踊公演フライヤー表縮小創作舞踊公演フライヤー裏縮小


皆さん、「舞踊作品を創るプロセス」ってイメージできますか?
作品のテーマを決め、
どんな身体表現を使えば
テーマが表現できるのか、
お客様に伝わるのか、
議論を重ねながら何度も創り直していく。

自分たちが伝えたいテーマを
どんな方法・材料を使って伝えればいいのか、
何度も練り直して創っていく作業
論文やレポート作成にも通じるところがあるなと感じます。
文章を作ることも、読み手=伝える相手がいる「表現」の一つだと思います。

この舞踊公演が、
「人に伝える」ということを
いつもとは違う視点で考えてみる機会
になるのではないでしょうか?

そして、ものすごい熱量をかけて舞台に向き合う彼女たちから、
大いに刺激を受けること間違いなし!です!
制作・広報も学生自らが行い、
その苦労は計り知れないものですが、
人と創るということには
自分の中からは出てこない考え出会う喜びがあります。
衝突や葛藤を乗り越えながら作品を進化させていく若者の姿は、
見ているだけで感動を覚えます。

研究や勉強は時に孤独なものだと痛感しますが、
行き詰まったときは是非LALAを活用してみてください。
今までとは違う見方に出会えるかもしれません。



なかなか他専攻の人たちと交わる機会のない舞踊コース。
同じ大学に通っているのも何かのご縁、彼女たちの勇姿を一度はご覧いただきたいです!
ちなみに、私は踊りませんが(笑)
アナウンスでお手伝いをさせていただきます( ̄^ ̄)ゞ

#中村

LALA文庫紹介『レポート・論文をさらによくする「書き直し」ガイド 大学生・大学院生のための自己点検法29』

20190129日(火)
こんにちは、LALAの小林です!

みなさんは、レポートや論文をどう直せばいいかわからず困った経験はありませんか?
「このレポート、なんだか読みづらいな…」
「先生から論点が曖昧だと言われたけど、具体的にどうすればいいんだろう…」
「なんで書いたことがちゃんと伝わらないんだろう…」

結局、解決法がわからず、納得いかないままとりあえず完成…なんてこともあるかもしれません。

せっかく書いたレポートや論文を、もっといいものにしたい!
そんな人にご紹介したいのがコチラ!
レポート・論文をさらによくする「書き直し」ガイド
『レポート・論文をさらによくする「書き直し」ガイド 大学生・大学院生のための自己点検法29』
著者 : 佐渡島紗織 坂本麻裕子 大野真澄
[LALA文庫 B14][請求番号816/Sa13 Opac検索結果はコチラ]
※LALA文庫は館内利用のみ。館内所蔵のものは貸し出しも可能です。
※画像をクリックするとAmazonに飛びます。




☆オススメポイント☆

お悩み別に様々な「書き直し」方法を簡潔にアドバイス。
「内容の方向性が決まらない(第1章)」「独りよがりになっている感じがする(第3章)」など、
文章作成時に感じるぼんやりとしたお悩みに合わせて「書き直し」方法が提示されています。
添削時に指摘された内容にあった具体的な修正方法を探すともできるので便利です。

● 「書き直し」の実例があってわかりやすい。
修正前の文章と修正後の文章が例示されているので、どこをどう直せばいいかがパッと見てわかります
確認すべきポイントが分かりやすく、すぐに実践できるのが魅力的です。

● 学部生から院生まで役に立つ。

この本は、文章作成に慣れていない人にも、ワンランク上の文章を目指したい人にもオススメです!
論文の基本的構成参考文献の引用方法など基礎的なものから、パワーライティング英文要旨の作成法といったテクニカルなものまで、様々な「書き直し」方法が紹介されています。




ひとに伝わるいい論文を書くことは、自分の思考の整理にも繋がります。
研究した内容をより理解するためにも、「書き直し」のポイントをチェックするのもいいですね。

もちろん、文章のお悩み相談はLALAでも受け付けてますよ。
図書館でお待ちしております!

#小林 #LALA文庫